今日の雑感

コロナ禍への対応はどの業種でも大変である。図書館、ここも大変だ。大勢の人が集まる三密をやめるだけでは足りない。人が手に取った本を他の人がまた手に取るのだから、その間に都度消毒しなければならない。その手間たるや…


第1局

いよいよ始まった王座戦第1局、芝野虎丸王座に挑戦するのは許家元。握って、黒番許・白番芝野。

この碁は、とにかく若い!碁が若いとはこういうことか。右下の色々未確定な形から延々と戦いが続き、そのまま白中押し勝ち。

ついに令和三羽烏同士のタイトル戦の時代に突入した。令和三羽烏三番手の許は、令和三羽烏から脱落しないためにここで是が非でも令和三羽烏筆頭の芝野からタイトルを奪いたい。アマには理解しにくい碁だが、プロは結果が全てだ。若い許には番碁逆転の根性は十分にあるだろう。芝野の方がもっと若いのが恐ろしいが…芝野は張から4-1で名人を奪ったのに、その芝野に井山は連続して4-1/4-1と圧倒した。しかし今局を見ると芝野は調子を落としたわけではないようだ。芝野からすれば北斗の拳のアインの心境か。「ごめんな、やっぱりおれは強いよな。するてえと、あいつが強すぎるのか」


主張と証拠

今作った物は証拠ではなく主張です。当時作られていた物が証拠なのです。


空位

鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府。これらの「首領」は征夷大将軍なわけで、指揮命令系統の頂点である征夷大将軍がいないと組織が動けないと思えるが、意外と長い空位期間がある。まあ、前任者の死亡その他突発的な理由による「引継ぎ」に際して昔のことだから数ヶ月かかっても仕方ないとしても、Wikipediaによると1年以上の空位期間が結構ある。

鎌倉幕府:1頼朝→2頼家「3年6ヶ月」、3実朝→4藤原頼経「7年0ヶ月」

室町幕府:2義詮→3義満「1年1ヶ月」、5義量→6義教「4年1ヶ月」、6義教→7義勝「1年5ヶ月」、7義勝→8義政「5年9ヶ月」、9義尚→10義材(=義稙)「1年2ヶ月」、13義輝→14義栄「2年8ヶ月」

江戸幕府:1年以上の空位期間は無い

鎌倉幕府の7年0ヶ月の間には承久の変が、室町幕府の4年1ヶ月の間には正長の土一揆が、それぞれ起きている。5年9ヶ月の間には大きなことは起きていないようだが、その少し前に嘉吉の徳政一揆が起きている。


第2局

本日打たれた天元戦第2局、黒番井山・白番一力。

この碁はねえ…ちょうど第1局の逆になった。一力優勢でヨセが進んでいたのに一力がヨセで間違えて井山が逆転、僅差なれどあとは小ヨセのみというところで一力投了。

これでお互い、勝ち碁をヨセで逆転負けしたわけだ。改めて三番勝負というわけだ。王座戦は関係ないから年末をタイトル戦を打ちつつ過ごせるわけだ。なるほどねえ。まあ一力もこれで奪取すれば「井山が間違えたから奪取できた、わけではない」ということになるし。それにしても井山の最後まで諦めない姿勢はほんま勝負師やねえ。中央をあんなにポッキリ取られて、依田や結城なら投了していた。


通帳の更新

某銀行の通帳は普通と総合があるが、ATMで自動更新する際に指定できない。勝手に変えさせないためには窓口で更新するほかない。以前はそうだったが、今もそうなのだろうか?


3,000日

DQ10は今日でサービス開始から3,000日とのこと。管理人は発売日組であり感慨深い。思えば遠くに来たものだ。MMORPGは長期間続くことを前提とするビジネスだが、2020年の今サービス提供しているMMORPGは15年前のMMORPG全盛期と比べて少ない。MMORPGと謳いつつ実際はMORPGである、というものもある。DQ10を含めMMORPGの内実もIDが増えてMORPG化しつつある。MMOならではの面白さを、今の時代に実現することはできないのだろうか?


近時の雑感

棋聖リーグが「S/A/B/C」の4リーグ制になったのは第40期(2014年12月11日からで開催年としては2015年)。奇しくもイカ(2015年5月28日発売)とほぼ同じである。キミヤンとかも全盛期ならSだったという思いがあるだろうが(40期はB1位で41期はA)、今はAも無理でBでなんとかというところ。若い者には勝てません。どんなに頑張っても上に行けない…勝ったり負けたりで現状維持が精一杯…その辛さ悔しさ、イカにもよくわかる。


著作権法改正

本日のインターネット法律研究部は、インターネット上の海賊版対策の強化をした著作権法改正について、S先生のご発表。例の漫画村とかね。以前のダウンロード違法化は音楽とかの一部だった。URLを貼る行為も違法とまでは言えなかった。リーチサイトだけではなく、アップロード者との共犯でない限り…リーチサイト対策は施行日が本年10月1日。リーチは届くではなく吸い上げる(蛭)の意。刑事罰は親告罪に。プラットフォームサービス提供者は対象外。URLの一部を☆等に変えたものも対象。殊更にとは、ここをクリックとかの先にURLがとか。主としては、多数のURLが貼られている掲示板とか。リーチサイト提供者とリーチアプリ提供者の両方が対象。YOUTUBE等は対象外だが、削除要請を正当な理由なく長期間放置したら対象。違法ダウンロードは私的使用でも対象。ただ、数コマや同人誌は対象外、刑事罰は正規版が有償で提供されていて反復継続ダウンロード。軽微なものは対象外で、軽微とは数百頁のうちの数頁とか。だいたい半分が分岐点か。同人誌は違法にアップロードされていると知ってダウンロードしても対象外。写り込みが適法という範囲を拡大。利用権の対抗制度の導入。登録等が不要の当然対抗制度。実は相続人にも対抗できなかった…

「愚民政策」

朝日新聞が井山を「魔王」と(ファンの呼称として)するのは、似合ってない気がするがまあいい。ただ、「令和三羽ガラス」は恥ずかしくないのか。ガラスは「Glass」になるだろうが。そもそも「戦後三羽烏」「木谷三羽烏」を引き継いだ呼称なのである。どうせ当用漢字とか常用漢字とか動物はうんたらかんたらとかで基準を作っているのだろうが、「愚民政策」である。漢字は見ているうちに覚えるものだ。見なければ覚えることはない。犬はいいが猫はダメとかいうような話だ。法律でも愚かしい表記は多々ある。最も有名なのは「覚せい剤」だろう。なぜ「覚醒剤」と書かないのか。テレビ番組を見ていても、まったくもって愚かしい「漢字かな交じり熟語」表記が頻出する。視聴者が読めないと思えばフリガナを付ければいいだけである。イカで唯一不満なのが「ふ頭」である。「埠頭」と書け。今からアプデしてもええんやで。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM