芝野虎丸が本因坊文裕への挑戦者に

昨日打たれた本因坊戦挑戦者決定プレーオフ、芝野vs許、結果は芝野の中押し勝ち。じっくりした流れから大ヨセでコウ争いが勃発し、時間を残していた芝野がしっかり勝ち切ったというところか。芝野は20歳にして既に大成している。井山にとって最強の挑戦者であり、また、井山の番碁で周囲が最初から「井山が負ける」と思う最初の回となるだろう。かつて直木三十五は言った。「碁打ちは羨ましい」「(碁は)無価値と言えば絶対無価値で、価値と言えば絶対価値である」と。コロナ禍で世界が大変な状況下で、碁打ちは盤上に全てを注ぐ。


今日の標語

「私はみんなのためにマスクをする。みんなは私のためにマスクをしてくれる。」

今日の雑感

「コロナにかかってもよい」という考えの人も世の中にいます。ブラジルの大統領とか。そういう人は前提となる思想が違うので議論しても意味がありません。そうでない人であれば、「3密を避ける」「不要不急の外出をしない」ことと、「そういう状況を起こす商売は休業する」ことは、結論としては一致するはずです。それを実行(不作為を実行というのは少々奇妙ですが)した上で、そこから先の議論が出てきます。補償の話とか。

社会全体として人々が食べる量は変わりません。飲食店が休業すれば、家で食べるための商売は繁盛しているということ。人類の歴史において「外食産業」と「内食産業」の比率が、今、変わったということです。自動車が普及したら人力車業の人は廃業せざるを得ません。橋が架かったら連絡船業の会社は廃業です。それと本質的には同じなのです。


プレーオフ

昨日打たれた本因坊リーグ最終一斉対局の結果、芝野と許でプレーオフ。その他残留は一力と羽根。河野・志田・横塚・山下は陥落。時代は「今までの覇王井山に挑戦する、令和三羽烏」であることが明白になった。羽根は現役タイトルホルダーの意地。志田と横塚は残留の器でない。河野は先の棋聖戦が最後の輝きの可能性あり。山下は急激に負けだしており、平成四天王で最も早く「過去の人」になったか…力碁は歳をとると急に勝てなくなる。井山からすれば芝野はもちろん最も厳しい挑戦者だが、許も3-0で井山時代を終わらせた棋士であり芝野に劣らないほど厳しいと言える。月曜日のプレーオフは大注目である。


今日の雑感

「へぼ将棋、王より飛車をかわいがり」といいます。管理人は将棋は子供の頃に少し指しただけで、棋力はおそらく二桁級ですが…今、コロナだからといって休業したら倒産すると「3密」イベントを強行開催する連中は、北斗の拳のモヒカンでもあるし、へぼ将棋指しでもあります。自分だけならともかく、自分の家族、大切なお客様、お客様の家族。そういった人々がコロナで苦しんで死ぬ。それでも構わないというのですから。

会議は踊る。そもそも不要な会議は廃止すればいいし、必要な会議も可能な限り電話会議で行うよう、この際「行動変容」しなければなりません。例えば「Zoom Cloud Meetings」を使えば簡単に電話会議ができます。世の中のほとんどの会議はこれでいいのです。オールオアナッシングではないのですから、どうしても現実に集まる必要がある会議だけ現実に集まる。コロナは医療従事者とそれ以外とで具体的行動が異なります。世の中の人々の圧倒的多数は後者です。後者は前者の助言指導に従う、それは社会的活動は可能な限り「3密」を避けて行うと共に、「3密」を避けられない活動は行わないということです。後者は「家でゲームをして楽しむ」それが最適解なのです。


もはや、いつ

布マスク2枚というエイプリルフールギャグはさておき、日々のコロナ感染者数が減りません。厚労省のクラスター対策班は悲鳴を上げています。もはや、日本中の誰もが、緊急事態宣言が出るかどうかではなく「いつ」出るのかと思っているのではないでしょうか。3/31以前に発動したら年度末の業務ができない。3/31に宣言して4/1午前0時発動では新年度の業務が全くできない。4/1に宣言したらエイプリルフールと思われる。今日だと明日金曜日の予定に響く。すると、明日宣言して明後日土曜日の午前0時発動という流れか…?


今日の一言

昨年は新元号発表、今年は新型コロナ蔓延。「楽しい嘘」を言うような日ではなくなっています。今年は「情報に特に注意べき日」です。嘘、大袈裟、紛らわしい、プロパガンダ。それを改めて考えてみる日というのが相応しいでしょう。


昨日今日の雑感

志村けん氏は管理人は子供の頃に「8時だヨ! 全員集合」で見ていただけだが、ドリフで最も面白い人と思っていた。父親と顔が似ている(と子供の頃から思っている)のでその点で印象が強い。昨夜の小池都知事の緊急会見で、若者はカラオケやライブハウス、中高年はバーやナイトクラブで感染拡大との推測を示していた。こういった「夜の濃厚接触」は店も客も「コロナ?知ったことかw」という人格だろう。北斗の拳におけるモヒカンのような者たちである。モヒカンは力にのみ従い、恐怖によってのみ大人しくなる。風の谷のナウシカの漫画版で皇兄ナムリスが皇弟ミラルパについて「弟は若い頃本物の慈悲深い名君だったよ。土民の平安を心から願っていた。だがそれも最初の二十年さ。やがていつまでも愚かな土民を憎むようになった」と評する場面がある。


今日の雑感

志村けん氏が新型コロナで死去。発症から死亡まで1週間〜10日くらいか。速過ぎる。思うに今の新型コロナの世界的蔓延、人類史に残る大事件になるのは間違いない。そして後世の歴史家が振り返った時、2020年から全産業が「リアル→バーチャル」に移行した、移行できない産業は滅んだ、ということになるのではないか。エンタメ業界は特にそうだ。世の中、衣食住や医療や社会基盤以外は全て娯楽、エンタメである。世界全体で、外出や集会の禁止や自粛は今後1年間は続くだろう。密閉・密集・密接の「3密」全てが重なるエンタメは今回、滅んだ。2つ重なるだけでも滅亡に瀕している。人を物理的に1箇所に集めるエンタメは、バーチャル体験に変容させるほかない。それでどうやって値段をつけるのか、と言ってもそれは今までの人間、オールドタイプだからそういう違和感が生じるわけで、エンタメはバーチャルが基本で現実に集まるなんてナンセンスというニュータイプなら自然なこと。人が物理的に集まるエンタメは巨額のカネが動く、単体として巨大なビジネスである。今の事態は巨大隕石が落ちてきたようなものだ。地球を支配していた恐竜は滅び、隅っこでちょろちょろしていた哺乳類が生き残った。エンタメも、リアルに人を集める巨大なビジネスは滅び、バーチャルで小規模にやっていたビジネスが生き延びて、エンタメのビジネスモデルの主流になるだろう。


病院

東京は昨日から気温が20度下がった季節外れの雪。永寿総合病院の新型コロナ感染者数が異常に多い。管理人は医療も病院経営も素人なのでわからないが、そもそも病院は院内感染を防ぐ体制が構築されているのではないのだろうか?… ̄‘盍鏡防止体制は構築されていたが、新型コロナはその体制では防げない感染経路だった?→他の病院でも同じことが起きる…院内感染防止体制は構築されていたが、それが守られていなかった?→医師や看護師の士気が低いブラック企業体質か…1‘盍鏡防止体制が構築されていなかった?→地域の中核病院でそんなことがあるのだろうか…

,眇看曚世、↓だとこの病院は今までインフルエンザとかも院内感染していたのか!?



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM