DQ10

Switch版、なかなか良い。良いが…WiiUがDQ10のために設計されたような仕様だからな。それとの比較だからな。大変だな。繰り返すが、Switch版、なかなか良い。Wii版経由者は無料だし(もちろん利用料は別だが)。ほんま、太っ腹やでぇ。


大義

またぞろ「解散に大義が無い」と叫ぶ人が出てくる季節?になりました。

以前も書いたことですが、こういうことは、マスコミや与党議員が言うならおかしくないんですよ。でも、野党議員(とりわけ政権交代を目指す野党議員)が言うのは自己矛盾なんですよね。おかし過ぎます。解散そのものは総理大臣の専権事項なので措くとして、解散で必然的に行われる選挙については大義は自分で設定することでしょう。政権交代を主張しているんですよね。現政権の悪い所を列挙し、それが自分たちが政権を担えばどんなに良くなるかを訴える。政権交代は大義そのものじゃないですか。野党自身にとって大義があるなら、与党に大義があろうがなかろうが関係ありません。争点も同じで、自分で設定することです。別に、北朝鮮情勢や憲法改正に限る必要は無いんですよ。消費税でもいいし原発でもいいし特定秘密保護法でもいいし、何でもいい。だって、実現したいことがあるから、実現すべきことがあるから、それが現政権はやろうとしないから、むしろ逆のことをやっているから、野党議員として政権交代を訴えているんですよね。解散に大義が無いという主張は、大義ができるまで解散するな、現政権を続けろ、という意味なんですよ。わからずに言っているなら頭が弱いし、わかって言っているなら頭がおかしい。

国会議員たる者、政治家たる者、「常在戦場」これ当然です。この自覚が無い者に国会議員になってほしくないですね。


今日の一言

シャーロックホームズって、一つの事件が終わったら、たとえそれがどんなに労力を費やした大事件であっても、「じゃ、次の事件」と切り替えるんですよね。地味に凄いことです。


優勝!!

広島カープ、セ・リーグ優勝!!昨年は9月10日で、今年は9月18日。早い、非常に早い優勝です。まさに抜群、素晴らしい。ただ、最近の開催地を見てみると…

9/12 負け マツダスタジアム

9/13 勝ち マツダスタジアム

9/14 勝ち マツダスタジアム

9/16 負け マツダスタジアム

9/17 中止 マツダスタジアム

9/18 勝ち 甲子園→優勝!!

9/21 ?? マツダスタジアム

9/22 ?? マツダスタジアム

9/23 ?? マツダスタジアム

このスケジュールで地元優勝を回避するって、どんだけ針の穴を通す究極のコントロールなん!?まあ、一昨年までは「なんとか3位になってくれ!」と祈っていたわけで、それが今年は「ちっ、地元優勝じゃないのかよ」とは、贅沢になったものです。


棋聖Sリーグ・パラマストーナメント

そういえば先週木曜に棋聖Sリーグの結果が出たわけですが、パラマストーナメント進出が一力と山下、その他残留が張ウとリンリン、陥落が村川とヨウコクでした。つまり、管理人の2017.04.26の予想が完全に的中したのです。「村川は結局山下に勝てんかった」というところまでズバリです。もはや予言レベル、我ながら素晴らしい。リーグ予想を始めて、初めて完璧に当てました。結果が出た後なら「今回は簡単だった」と言う人もいるでしょうが、そういう人は、次の本因坊リーグで予想してみればいいでしょう。当てるのがいかに難しいか、よくわかります。

一方のパラマストーナメントも全て出揃いました。下から、本木→余→高尾→山下→一力、という顔ぶれ。いやはや、ここまで「出るべき人だけ出ている」ことになるとは。どんな仕組みにしても、場違いな人は出てこないんですねえ。山下と高尾は言わずと知れた平成四天王の二人、計算の碁の二人が早く衰えて、戦いと厚みの碁の二人がしぶとく居座る。あとの若手三人も既にタイトル挑戦経験あり。ほんと、ザコがいない豪華なトーナメントです。この5人全員が「井山被害者の会」の正会員ですけどw


今日の雑感

何事もギリギリを狙うのは危険です。普通なら上手くいく、予想どおりになることでも、ギリギリの時に限って上手くいかない、予想どおりにならないのです。従って、何事も余裕をもって行動し、ギリギリでも上手くいっていた、予想どおりになったとしても、それを否定的に考えないことです。


今日の二言

全てを市場原理に任せたら、「騙した者勝ち」の世の中になるだろう。

「自分は騙されない」と考える者が最も騙されやすく、「自分は騙されるかもしれない」と考える者が次に騙されやすく、「自分は騙されている」と考える者が最も騙されにくい。


今日の雑感

弁護士の紹介をするウェブサイトは多数存在します。そういうウェブサイトに載っている弁護士は、全て素晴らしい(高い能力を有し、安価に業務を受任してくれる)ように書かれています。しかし実際は玉石混交であることは、考えなくてもわかるでしょう。本当に高い能力を有する弁護士は、ああいう「多数の同業者が一つの広告会社に広告してもらっている」ところに「登録」することはありません。もちろん、平均程度の能力があれば問題は無いのですが(相対的に「玉」でしょう)。

ああいうウェブサイトに登録しているからといってダメな弁護士とは限りませんが、ああいうウェブサイトの誇大広告を容認している時点で、あまり感心しません。ああいうウェブサイトは(弁護士の広告に限らず)文章は広告業者が考えているわけで、思えば弁護士という仕事もそういうふうに「コモディティ化」したということでしょうか…


第2局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第2局、黒番高尾・白番井山。

18とは何十年前の定石ですか…44のシチョウアタリがそんなに凄いかな…45で右下隅はまるで「19目のハメ手」やで…65までの大フリカワリは第1局の高尾の打ち回しの再現かと思ったで…77の時点で黒模様が雄大だが…80まで出切ったのが初日。封じ手の81とアテるのは読みが入った手か?右下隅で93のヌキを決めたのも…それで95に96と転戦。97で、さて形勢はどうなのか。黒模様は全部は地にはならないだろうが…98から手を付けていく。手にするだけなら難しくないだろうが…113で中央白に生きはあるのか?123で周囲は真っ黒に見えたが…146で逆に黒を取った!?白中押し勝ち。

井山、豪快な「力のシノギ」で高尾の模様を粉砕。痛快な勝ち方で、世界戦にも弾みをつけた。昨年はいきなり3連敗したからな…井山にとって名人戦で初戦半目負けは実は縁起が良いのだ。初めてのタイトル奪取がそうだったからな。この調子であと3連勝頼むで!もちろん世界戦もな!!(なにしろ山下も勝ち残っているのだから…)


今日の雑感

本日の東弁マンション管理PTではN一級建築士から話を聞きました。その中で、以前の有名な、A一級建築士による耐震偽装事件を受けて、建築確認が「ダブルチェック」されるようになったと。これ、弁護士業界の国選刑事弁護の接見回数で虚偽の申告をした弁護士がいたからカーボン紙で証拠を残すようになった件を思い起こさせられました。有資格者は嘘をつかないという前提で社会の仕組みは成り立っています。有資格者が嘘をついたら資格を剥奪されるので、それ以上の対策は必要ない…とはならず、大多数の真面目な有資格者に対して性悪説の観点から面倒なだけの「チェックシステム」が作られるのが現実。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM