eスポーツ

eスポーツに関して、優勝者の賞金が500万円から10万円にされたというニュース。景品表示法の景品該当性の問題ですが、管理人も共著者の一人である「Q&A インターネットの法的論点と実務対応 第3版(H31.2.25第1刷)」で、景品類とは「〇業者が、顧客を誘引するための手段として、自己の供給する商品又は役務の取引、きに附随して提供する、ナ品・金銭その他の経済上の利益」と要件を纏めています。ただし消費者庁の通達による運用基準で「取引の相手方に提供する経済上の利益であっても、仕事の報酬等と認められる金品の提供は、景品類の提供に当たらない(例:企業がその商品の購入者の中から応募したモニターに対して支払うその仕事に相応する報酬)」とされています。このことから、「プロ」かどうかは関係ないこと、「相応の」金額であること、がわかります。一方で、H30.2.7の国会予算委員会の答弁で「プロのプレーヤーが参加する興行性のあるeスポーツ大会における賞金は、これはあくまでも仕事の報酬ということで、法律上の景品類には当たらないという形で整理が行われた」としています。しかし、「プロ」とは何か、誰がどのように認定するのか、それを合理的に定めるのは不可能でしょう。例えば、ストVのプロはテトリスでもプロと言えるでしょうか。ライセンスとしてプロである「対象ゲーム」を特定するのでしょうが、囲碁将棋麻雀等と異なり、eスポーツのゲームは短期間で移り変わるのです。その都度プロ認定とは、認定機関の巨大な利権です。いったい何時間やったら、どのくらいの技量なら、プロと認定すべきでしょうか。そんな基準は定めようがありません。もう一冊、これも管理人が共著者の一人である「エンターテインメント法務Q&A 第2版(R1.6.15第1刷)」で、S52の通達により懸賞は一般懸賞告示の適用により取引価額の20倍又は10万円以下という点に着目し、取引附随性の判断を検討しています。ゲームが無料アプリで課金は御洒落アイテムだけなら技量の向上に有料ユーザーは有利にならないのでそういうゲームなら賞金は高額も可能。しかし、通常のゲームはそうではないのであり、高額賞金大会を開催することは参加者にそのゲームを買わせるためであり、優勝者はゲームを買うという取引に附随して賞金を得ているのです。そして件の国会答弁にも触れいていますが、やはりプロ制度や興行性について疑問を呈しています。

管理人としては、プロとか関係ない高額賞金大会を堂々と開催すべきと考えます。そして景表法違反で摘発されたら、堂々と裁判で争うのです。判例法主義の国ではみんなそうしています。戦うことを恐れては新しいことは何もできません。今のプロ制度はナンセンスであり、なぜそのプロなら摘発されないのか、理屈がありません。まさにパチンコと同じ「国家との癒着による利権」です。なお今回のニュースの事案は、予め開催者が「アマは賞金10万円」と示していたなら、そういう合意なので法的に何か問題があるわけではありません。


今日の雑感

ツイッターで名誉毀損やプライバシー侵害をされたという「憤懣」の半分は、ツイッターを見なければいいというだけのものであろう。つまり、現実には何も被害が発生していないものである。残り半分とて、警察が動くところまでのものは稀である。

第3局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第3局、黒番張、白番芝野。

この碁は凄い。本当に凄い。この打ち回しは芝野、世界最強だ。あまりにも格の違いを感じさせる。やはり第1局は若さが出ただけだった。こんな地の無い打ち方、苑田じゃあるまいし、こんな打ち方で一局を纏められるのは天才としか言いようがない。もう張だから負けるんじゃない。こんな打ち方されたら誰でも勝てない。この一局で芝野は完全に覚醒した。ただの勝ちじゃない、ここから芝野最強伝説が始まる勝ちだ。


イット革命

IT担当大臣の竹本直一という人物が地味に話題になっているようですね。78歳のおじいちゃんをなぜよりによってIT担当にするのか。建設族でハンコ業界と関係がある模様。「イ…イ…イット革命!」と言いそうな、弁護士業界でもこういう老人が理事とかになっているのですから、IT関係は遅々として進まないわけです。


こんなに面白い 世界の囲碁ルール

「こんなに面白い 世界の囲碁ルール」(著:王メイエン、発行:日本棋院、2019年4月30日)は大変有意義な本である。定石や布石の本はすぐに古びるが、これは囲碁ルールの問題の所在を明確にした「基本書」として広く長く活用されるべきである。管理人は既にメイエンの囲碁ルールの解説を他の本で読んでいるが、新たに知った事実も多い。中国が囲碁ルールの統一を目指しているという覇権主義、これは問題である。これに対するメイエンの「囲碁ルールは既に統一されている」という指摘は鋭い。AIによりコミは6目半が唯一の正解であり最終結論であるが、それにできない中国ルールは致命的な欠陥を備えている。これは管理人が以前書いたことだが、メイエンも指摘している。収後というかつて行われていた処理を復活させれば対応できるとのことだが、なぜ中国はそうしないのか。また、中国ルールは半コウで違和感が有り過ぎる。ダメが1目(コウ材)になるとか、あまりにも異常である。セキの目の部分を数えられることは知っていたが、セキを壊す場所も数えるとは、違和感どころの騒ぎではない。応氏ルールなどそれ用の碁笥碁石が無いと使えないとか論外だが、日本ルールも取らず3目が既に平成元年に解消されていることは周知すべきである(管理人は知っていたが、知らない人も多いだろう)。その他、等子比空とか棋譜として無茶苦茶だし、公空細分とかおよそ実用ということを無視している。時間で目数を買うとか絶句ものだ。そもそもスーパーコウルールで同形反復系の無勝負は全て論理的に明快に解決するが、それ人間が対応できるか?…人間が楽しむための囲碁なのである。巨大墓場のことなど考える必要は無い。


結構と言うな?

なまず石

さすがに人工の形だろう…

相輪橖

あまりにも現代的すぎるトウ

琴棋書画の遊

囲碁は君子の嗜み


RingFit Adventure

一昨日に任天堂が発表した「RingFit Adventure」は「Fit」の名を継ぐものである。「Wii Fit → Wii Fit Plus → Wii Fit U」と使い続けてきた管理人は「ついに来たか!」と思ったが、どうやらこれは体重計を使わないようだ。そうすると Wii Fit U の代わりになるものではない。キャラも洋ゲーっぽくしているし、これは主に海外向けだろう。Wii Sports も Wii Fit も Wii から Wii U への継承に失敗している。これはDSの脳トレ等も同様で、あの種の「ゲーム…?」というものはWiiとDSに特有だったのだ。それはスマホ時代の前だったということも大きいだろう。「RingFit Adventure」の「楽しくゲームをしながらエクササイズ」は Wii Fit でも同様のことが可能である。今回、海外では受けそうな気がするが、日本ではLaboと同程度だろう。ただこれは10/18発売なので、では12月の玉は別にあるのだろうか。


季節の変わり目

昨日の昼から夕方にかけてくらいで、季節が夏から秋に切り替わったと思います。昨日の朝と今日の朝で、暑さが全く違ってきました。これからは、暑くてもそれなりになるでしょう。


今日の雑感

本日は千葉地裁で期日がありました。千葉駅や裁判所は停電ということはありませんでした。千葉でも南の方は大変なことになっているようですが…この暑さで停電と断水は想像するだに辛すぎます。


第2局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第2局、黒番芝野・白番張。

この碁は芝野のシノギが素晴らしい。白の勢力圏で分断されてかなり危険に見えたが、まず一つをシノいで、張がもう一つに狙いをつけても芝野は平気で地を稼ぎ、猛攻も読み切っていたか、もう一つも鮮やかにシノいだ。黒中押し勝ち。

芝野、これだよこれ。前局は張の幻惑手に幻惑され若さを露呈してしまったが、今局は落ち着いて打てた。落ち着いて打てば張は芝野の敵ではないということは、前局の二日目午前までで示されていた。これで張は井山に王座戦でやられたのを思い出す、地元での惨敗。これは芝野が4-1奪取で未成年名人の誕生だ(井山の名人奪取も「負け勝ち勝ち勝ち勝ち」だった)。数年で芝野一強時代になってもおかしくない。くどいようだが芝野は格が違う。幻惑手に幻惑されなければ誰にも負けないのだ。井山のような敢えて危ない手を打つ「遊び」をしない落ち着いた精神が素晴らしい。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 23日
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM