棋士序列

一力が碁聖を奪取したことを記念して、久し振りに棋士序列を算定する。大三冠=4p(挑戦者2p)、小四冠=2p(挑戦者1p)、棋聖Sリーグ=1.2p、名人/本因坊リーグ=1p、棋聖Aリーグ=0.6p、とする。七冠完全制覇で20p、これが「理論値」である。なお挑戦者にもポイントを割り振ることとした。結果は実に興味深いものだったのである…

1位:12.0p(井山裕太)

2位: 9.0p(芝野虎丸)

3位: 5.2p(一力遼)

4位: 3.2p(許家元)

5位: 2.2p(河野臨)

6位: 2.0p(羽根直樹)

7位: 1.6p(山下敬吾)

8位: 1.2p(高尾紳路・村川大介・張栩)

この下は11位の0.6pに蘇・余・志田・本木・依田・安達・大西の7人が並んでいる。今回の結果、平成四天王+河野、井山+村川、令和三羽烏、の「ビッグネーム」10人がそのままピッタリ過不足なくトップテンであった。この10人は全員タイトル経験ありだし全盛期の強さ的にはタイトルを持っていて当然である。その下の7人がロートル依田を除きタイトル経験なしなのと対照的で、はっきりここに強さの差、断崖がある。10人の順序も、井山━令和三羽烏━河野━平成四天王&村川、と全く「乱れ」が無い。トリプルリーガーは井山・一力・許の3人。令和三羽烏内の順序は、芝野>一力>許、となるが芝野は(驚くべきことに)棋聖Bリーグなのである。まあわずか半年やそこらでいきなり三冠になったため棋聖リーグ内での上昇がまだ追いついてないだけで、パラマスで挑戦者になってもおかしくない、というかなる可能性は高いと思うが。河野は常に「平成四天王の次」だったが平成四天王が勤続疲労で下落していくのに対して河野は疲労が無いものの、令和三羽烏が来た以上このまま天元三連覇だけで終わるとすれば悲劇の棋士である。管理人としては村川が井山の弟分のくせにこの若さで下落していくのは許さん。もっと踏ん張れ。あと伊田はどこいった?結城みたいに20歳代後半で下落してんじゃねーぞ!


一力遼が碁聖を奪取!

羽根投了!一力、3-0で碁聖に!!素晴らしい!!!

いやー右上のキリに中央のノゾキを打たれて負けかと思いきや、左辺を攻められてオワかと思いきや、鮮やかなシノギを用意していたとは…用意していたんだよな?前局に続き、シノギの一力の覚醒か。これで一力もタイトルホルダーの仲間入り。河北新報は社を挙げて祝っていいぞ。ここからが本当の令和三羽烏だ。令和三羽烏で井山からタイトルを奪ってないのは一力だけだからな?次にすることはわかってるな?


昨日今日の雑感

昨日は埼玉でゴロゴロ大変な天気だったが、今日は東京でゴロゴロ大変な天気だった。あまりにも暑過ぎるとこのように急に暗くなってゴロゴロ鳴りだす。打ち水効果で気温が下がるのは有難いが、こんな季節に五輪などとんでもない。前の東京五輪は10/10だったのだ。


今日の雑感

世の中、タダより高いものはない。これは人口に膾炙しており、みんな知っている。それでも人口に膾炙し続けるのは、みんなこれに「引っ掛かって」いるからなのである。タダで得られるもの、特にタダで「プッシュ式に」届けられるもの。物品であれ情報であれ、それを敢然と拒否する精神こそが一人前の自立した大人なのである。


今日の雑感

中共が周氏らを逮捕したとのこと。2020.07.02に書きましたが、こういうことなんですよね。人権は天賦であり、漢民族も等しく有しています。普段「アベノアツリョクガー」と声高に叫んでいる人たち。彼ら彼女らがこの中共の暴挙に対して声を上げないなら、まさに語るに落ちたということ。直接又は間接に中共の手先、工作員なのです。戦前の日本は治安維持法で国民は言いたいことも言えず弾圧されていたんですよね。今の香港はそうではないのですか?


近時の雑感

映画の「ミクロの決死圏」が1966.8公開、「猿の惑星」が1968.2(4)公開、「2001年宇宙の旅」は1968.4公開。同時期の作品ながら、SFとしての描写(特撮効果)は、前2者と後者とでは圧倒的に違い過ぎて比較にならない。前2者はSFとしては今では稚拙で安っぽくて見られたものじゃないが、それが当時の標準的レベルだったのだろう。むしろ今でもSFとして鑑賞に堪える後者がオーパーツレベルに異常なのである。


マンゴー

事務所の隣の隣、1階にかんだ食堂があったビルは解体され新しいビルが建ち、その1階は「CoCo都可」というタピオカ屋になっていますが、そこでマンゴースノーを買って飲みました(買う際に「こちらタピオカが入ってない商品ですがよろしいですか?」と尋ねられましたが…)。かなり美味い。まあマンゴーは白桃に次ぐ果物の「準王様」だからハズレはないところ。暑い中で冷たいジュースは美味くて当然ではあります。ここも東京五輪と外国人観光客をアテにしていたのは間違いない。


近時の雑感

ITに関して疑問に思ったことは一人で悩まずITに詳しい人に聞けばすぐ解決する。ITに詳しくない人が疑問に思っていることは、ITに詳しい人にとっては初歩的・基本的なことなのだ。そしてこの「法則」はどの分野でもそうなのである。


井山裕太が名人戦の挑戦者に!

昨日打たれた名人リーグ最終一斉対局の結果、井山が全勝で挑戦権を獲得した。名人リーグを全勝で挑戦、これは井山が初めて名人を奪取した時と同じである。井山と芝野、三冠ずつ持つ「今の覇者」と「次の覇者」の頂上決戦第二幕。かつてチクンは本因坊戦で光一の三年連続挑戦に防衛しても、自分が上じゃない光一のタイトルに挑戦し奪取して初めてそうだと言った。井山も芝野に挑戦して奪取して初めて「俺が上だ」となる。この名人戦はまさに満天下大注目である。

その他のメンツは一力は井山に負けただけの7-1で、合格ではあるが芝野の域には達していない(芝野は井山に勝って挑戦したのだ)。碁聖戦は必ず次で決めろ。河野と許は4-4で、河野は河野らしい結果だが、許は井山と一力に負けたのは許すが河野と山下に負けたのは許さん。令和三羽烏からもう脱落するのは絶対に許さんぞ。羽根と山下とカンケツが3-5でカンケツが陥落、羽根と山下は年齢的によく踏ん張ったというところ、カンケツは実力以上の結果だが(ていうかこのメンツでカンケツだけ場違い感がプンプンある中で勝つとは予想外)。張栩と村川が2-6で陥落、張栩は頂点が高かったほど落ちるのは早い、村川はコロナ後の絶不調が酷過ぎる、芝野の呪いか…


短信

本日、任天堂の決算短信がありました。それに伴い、ハードとソフトの販売数が2020年6月末のものに更新されました。ハードはSwitchが6,144万台(3月末は5,577万台なので567万台増)。ついにFC(6,191万台)にほぼ並びました。もう抜いているのは間違いありません。なお3DSは7,587万台(3月末は7,577万台なので10万台増)で天寿を全う。ソフトはマリカ8DXが2,674万本(3月末は2,477万本なので197万本増)で本当に強い。いつまでも売れ続けます。あつ森が2,240万本(3月末は1,177万本なので1,063万本増)という信じ難いほどの超絶爆売れ。もはや国民的ゲームを超えて人類的ゲームです。スマブラSが1,999万本(3月末は1,884万本なので115万本増)でまたまたミリオン。ゼルダBotWが1,860万本(3月末は1,741万本なので119万本増)とハード同発なのにいつまでミリオン売れ続けるのか。剣盾が1,822万本(3月末は1,737万本なので85万本増)で2,000万本の超大台は年末商戦か。マリオデが1,806万本(3月末は1,741万本なので65万本増)と相対的には地味に上積み。ピカブイが1,220万本(3月末は1,197万本なので23万本増)でまだ増える。マリパが1,094万本(3月末は1,010万本なので84万本増)で地味に増やす。スプラ2は1,071万本(3月末は1,013万本なので58万本増)でまだ伸びる。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM