eスポーツ

eスポーツに関して、優勝者の賞金が500万円から10万円にされたというニュース。景品表示法の景品該当性の問題ですが、管理人も共著者の一人である「Q&A インターネットの法的論点と実務対応 第3版(H31.2.25第1刷)」で、景品類とは「〇業者が、顧客を誘引するための手段として、自己の供給する商品又は役務の取引、きに附随して提供する、ナ品・金銭その他の経済上の利益」と要件を纏めています。ただし消費者庁の通達による運用基準で「取引の相手方に提供する経済上の利益であっても、仕事の報酬等と認められる金品の提供は、景品類の提供に当たらない(例:企業がその商品の購入者の中から応募したモニターに対して支払うその仕事に相応する報酬)」とされています。このことから、「プロ」かどうかは関係ないこと、「相応の」金額であること、がわかります。一方で、H30.2.7の国会予算委員会の答弁で「プロのプレーヤーが参加する興行性のあるeスポーツ大会における賞金は、これはあくまでも仕事の報酬ということで、法律上の景品類には当たらないという形で整理が行われた」としています。しかし、「プロ」とは何か、誰がどのように認定するのか、それを合理的に定めるのは不可能でしょう。例えば、ストVのプロはテトリスでもプロと言えるでしょうか。ライセンスとしてプロである「対象ゲーム」を特定するのでしょうが、囲碁将棋麻雀等と異なり、eスポーツのゲームは短期間で移り変わるのです。その都度プロ認定とは、認定機関の巨大な利権です。いったい何時間やったら、どのくらいの技量なら、プロと認定すべきでしょうか。そんな基準は定めようがありません。もう一冊、これも管理人が共著者の一人である「エンターテインメント法務Q&A 第2版(R1.6.15第1刷)」で、S52の通達により懸賞は一般懸賞告示の適用により取引価額の20倍又は10万円以下という点に着目し、取引附随性の判断を検討しています。ゲームが無料アプリで課金は御洒落アイテムだけなら技量の向上に有料ユーザーは有利にならないのでそういうゲームなら賞金は高額も可能。しかし、通常のゲームはそうではないのであり、高額賞金大会を開催することは参加者にそのゲームを買わせるためであり、優勝者はゲームを買うという取引に附随して賞金を得ているのです。そして件の国会答弁にも触れいていますが、やはりプロ制度や興行性について疑問を呈しています。

管理人としては、プロとか関係ない高額賞金大会を堂々と開催すべきと考えます。そして景表法違反で摘発されたら、堂々と裁判で争うのです。判例法主義の国ではみんなそうしています。戦うことを恐れては新しいことは何もできません。今のプロ制度はナンセンスであり、なぜそのプロなら摘発されないのか、理屈がありません。まさにパチンコと同じ「国家との癒着による利権」です。なお今回のニュースの事案は、予め開催者が「アマは賞金10万円」と示していたなら、そういう合意なので法的に何か問題があるわけではありません。


RingFit Adventure

一昨日に任天堂が発表した「RingFit Adventure」は「Fit」の名を継ぐものである。「Wii Fit → Wii Fit Plus → Wii Fit U」と使い続けてきた管理人は「ついに来たか!」と思ったが、どうやらこれは体重計を使わないようだ。そうすると Wii Fit U の代わりになるものではない。キャラも洋ゲーっぽくしているし、これは主に海外向けだろう。Wii Sports も Wii Fit も Wii から Wii U への継承に失敗している。これはDSの脳トレ等も同様で、あの種の「ゲーム…?」というものはWiiとDSに特有だったのだ。それはスマホ時代の前だったということも大きいだろう。「RingFit Adventure」の「楽しくゲームをしながらエクササイズ」は Wii Fit でも同様のことが可能である。今回、海外では受けそうな気がするが、日本ではLaboと同程度だろう。ただこれは10/18発売なので、では12月の玉は別にあるのだろうか。


ニンダイ

今朝、40分もの任天堂ダイレクトがあり、多くのゲームソフトが発表された。数の多さもさりながら、任天堂がSwitchを任天堂のそれまでの全てのゲーム機(FC/SFC/N64/GC/Wii/WiiU/GB/GBA/DS/3DS)の集大成にして最終型と位置付けていることがよくわかる。スマブラS/剣盾/あつ森といった大御所をしっかり押さえた上で、ゼノブレなどWiiUでもできるし3DSに移植もしているのにリメイクで出す。#FEなど売れ行きが悪かったのにリメイクで出す。ファミ探など大昔のゲームで2はSFCでリメイクし1/2共にVCでも出したのにリメイクで出す。桃鉄などもう終わった(ビリオ…げふんげふん)と思わせておいて新作を出す。その他、九龍とかmoonとか大昔に他社機に出たゲームも出す。新しいところではOWやウィッチャー3や荒野行動も出す。この、細かいところまで全部拾うよ、という姿勢。据置機と携帯機の統一による超威力、Liteも相俟って「Switchさえあればいい」という形。

それにしても#FEとファミ探に見る、ノイジーマイノリティ的な需要も漏らさず拾うとは、天網恢恢疎にして漏らさず、釈迦の御手か。地味にゼルダ夢島と聖剣伝説3の両リメイクもおっさんと新規の両方に効いているだろう。ただルイマン3が10/31発売とは、12月の目玉は無いのか?…それとも剣盾とこの圧倒的な「集大成群」で押すということか…年内国内1,000万台も見えてきた(ということで雪に消えた過去とタイムツイストの移植もよろしく)。


DQ10

先日、DQ10でver.5からスキルシステムを根本的に変更することが発表されました。7年間も慣れ親しんでそれを前提に組んでいる者からすれば迷惑なことです。しかし、多くの職(現在18職でver.5でも追加あり)の間で複雑にスキルポイントを融通しあうのは今から始める人には非常に分かりにくいのもまた事実。法律でも、かつての刑法の贓物牙保とか民法の滌除とか、慣れ親しんでいる者には良いですが一般人には何のことやらわかりません。ゲームが新規に向けて改修されるのも、法律が一般人に向けて改正されるのも、前向きに捉えられなくなったら老害に足を踏み入れているということでしょう。


近時の雑感

スプラで強いと定評があるブキはえてして癖が強く、初級者や中級者には使いこなせない。ダイナモ・スピコラ・3Kスコープを管理人は三大厨…強ブキと呼んでいるが、いずれも使いこなすのは難しい。これはマリカで記録を狙うなら重量級だが使いやすいのは軽量級というのと同様である。初級者や中級者は、使いにくい強ブキよりも使いやすい並ブキの方が良い戦績を出せる。自分が使いこなせる、自分が使って楽しいブキが、自分が使うべきブキなのである。例えば赤ZAPとか。これはどんな物事にも当てはまる。何事も他人の意見は自分の意見を確立するための参考であり、他人の意見を鵜呑みにするなら…そういう人は消費者被害に遭うであろう。


7周年

昨日でDQ10は7周年。思えば遠くへ来たものです。Ver.5の発売日も10/24と発表されました。管理人は2019.06.12の記事で「10月上旬〜中旬」と予想していましたが、下旬でした。まあいいでしょう。DQ11Sが9/27なので、27日後。ちょうどクリアしたくらいでDQ10に来てねと導線を張っていることを期待したい。新職業や新武器は追加せざるを得ないのでしょうが、万魔の塔とかいう週課はねえ…「課」という義務を増やす方向は感心しません。それに、MMORPG界全体がインスタンスダンジョンに流れているのかもしれませんが、唯一無二の「日本人向け」MMORPG、メガサーバーと全員人間でもあるという「二大特徴」を備えるDQ10には、MMORPGとしての遊びを追求してほしい。例えば五大陸とかもう人がいません。行く意味が無いですから。それなら五大陸のマップでバトルロイヤル的な遊びをやってもいいじゃないですか。HNM的な遊びでもいい。インスタンスダンジョンばかりではMORPGと変わりません。インスタンスにせざるを得ないのは自宅くらいなのです。


短信

昨日、任天堂の決算短信がありました。それに伴い、ハードとソフトの販売数が2019年6月末のものに更新されました。ハードはSwitchが3,687万台。これでWiiU(1,356万台)、GC(2,174万台)、N64(3,293万台)を超えました。次はSFC(4,910万台)、FC(6,191万台)です。Liteの他にバッテリー持続時間が長くなった新モデルまで出す以上、これらは既に射程内に入っています。Wii(10,163万台)を超えられるか、ここが焦点です。なお3DSは7,528万台であり、Switchがこれを超えるかも注目ですが、それは通過点であるべきものです。ソフトはマリカ8DXが1,789万本で本当に強い。やはり世界ではマリカです。マリオデが1,494万本、スマブラSが1,473万本と熾烈な2位争いですが、早晩逆転するでしょう。ゼルダBotWが1,361万本と4位につけていますがWiiU版を含めれば2位であり、いずれにせよゼルダ史上ダントツの販売数です。ピカブイが1,098万本で、今秋の剣盾はどこまで行くか。スプラ2は902万本でこれが6位なのが色々な意味で凄い。


嘘つき姫と盲目王子

「嘘つき姫と盲目王子(日本一ソフトウェア、2018.05.31発売)」をプレイ。ネット上の評判はそのとおりで、内容は良いがプレイ時間に比して値段が高いよと。まあでもネット上の評価はアクションゲームが上手い人が基準なところもある。管理人も昔はアクションゲームをやり込んだものだが(スーマリ2を無限増殖無しで9-4余裕とか)、もうそのような腕も時間もない。今回、収集要素が取りこぼしだらけで6時間ほどかかった。難易度も結構高い。自動セーブで無限にやり直しができるから簡単と錯覚するのではないか。収集要素を全部やり込んだら、攻略サイトを見なければ8〜10時間かかるだろう。ただ、それでフルプライスなのかという否定的評価があるし、それは当然でもあるのだが、映画が2時間で2500円とすれば6時間なら7500円だ。まあそれはメディアが違うが、管理人もご多分に漏れず、かなーーり前に買って「積みゲー」になっているものがいくつもある。「これクリアするのに何十時間、いやネット上の情報だと100時間以上かかる…」と思うと手が伸びない。気軽にプレイできない「重いゲーム」ということだ。その点、このゲームはそうではない。それは長所ともいえるのだ。


DQ10

2012.08.02 DQ10開始。30日1,000円、60日1,950円、90日2,900円。パッケージ費用が掛かるためではあるが、月額制MMORPGとしては安い。消費税率は5%だが、内税であった。

2014.04.01 消費税率が8%に上がった。しかし、DQ10の月額料金は据え置かれた。実質値下げである。良心的だ。

2019.10.01 消費税率が10%に上がる。しかし、DQ10の月額料金は、またもや据え置かれるようである。つまり、またもや実質値下げである。なんと良心的なことだろうか。

色々と集金システムが組み込まれ始めたが、世の中が全て「基本無料アイテム課金」でアコギなガチャに流れる中、よく踏ん張っているというのが公平な評価であろう。あとはゲームとして面白い遊びを増やすことだ。これまで7年近くの間、多くの遊びが追加されている。しかし最近はMO的なものばかり、インスタンスダンジョンシステムばかりである。FF11のHNMのような、MMO的な遊びを追加すべきである。ゴールドマンMAXにはその可能性が見えたのだが…


Nintendo Switch Lite

昨夜、Nintendo Switch Lite が発表された。そうきたかー!…確かに、mini ではなく lite にするよな。あの超絶爆売れのDSliteを彷彿させるからな。DSは初期型はそれなりに売れていたが、爆売れではなかった。なんといってもデザインが野暮ったい。小学生男子にしか受けないメカメカした感じ。それがliteで突如として洗練され、大人の女性にも魅力がある素晴らしいデザインになった。DSliteは2006.03.02発売だが、そこからの凄まじい超絶爆売れは今でも覚えている。

Switch Lite の発売日は9月20日、価格は19,980円である。これは売れる。間違いない。2017.02.07の記事に書いたが、New3DS/LLが発売されたのが2014.10.11だから、そこからなんとか5年以内に携帯機の後継機を出せたということだ。ただ、3DS初代は2011.02.26発売だった。DS規格は後継機が出るまで6年2ヶ月3週間だったが、3DS規格は後継機が出るまで6年(Switchまで)又は8年6ヶ月3週間(Switch Liteまで)ということになる。大変お疲れさん、というところだ。

Switch Lite は重さが275gである。これは Switch が398gなのに対して 30.9%もの大幅な軽量化だ(価格も33.4%もの「軽量化」だ)。かなり軽くなった(安くなった)。New3DSLL が329gなのに比べてかなり軽い。軽さが売りの New2DSLL は260gであり、むしろこちらに近い。なお、VITA初期型の3G/Wi-Fiモデルは279g、Wi-Fiモデルは260g、後期型は219gである。つまり、Switch Lite はVITA初期型の高機能モデルより軽いのだ(画面は VITA が5インチなのに対し Switch Lite は5.5インチなのに)。携帯機として持ち運ぶに十分な軽さと言える。

携帯特化型がいつか出ることは誰もが予想していたし、そのいつかはポケモンの前ということも誰もが予想できた(2年6ヶ月2週間で出すのは携帯機的な発想である。これより長い間隔はDSliteの時しかない)。では、据置特化型は出るか。これは微妙で、出そうと思えばいつでも出せるはずだが…ゼルダの続編のタイミングで出すことは一応考えられる。しかし、そこまで需要があるかどうか。管理人としては、出ないと予想する。ここからさらに2年後くらいにこの性能で据置特化で出しても仕方ないだろう。


DQ 10

さて昨日DQ 10はver.4.5後半が始まりました。最大の目玉はマイタウンと言いつつ実装は1ヶ月先という何ともモニョる話ですが、マイタウンはレンダーヒルズの2倍の2億Gと言っても何とその権利はG以外でも入手可能なのが大違い。それは便利ツールでの福引ですが、アップル様々で提供割合が開示されています。細かい説明は省略、結論は1,000枚でマイタウン権利のメダルが福引1回で0.149枚の期待値です(チャンスモードでは少し上がります)。つまり、約6,711回でマイタウン。1回20ジェムなので約134,228ジェム、ジェムの最安値購入は8,300ジェムが5,000円なので約80,860円。前述のチャンスモードを考慮して、だいたい8万円出せばマイタウンを得られる。しかもこのマイタウンの権利はゲーム内で売れるところ、2億Gで売れると仮定すると8万円=2億G、つまり1円=2,500Gという為替相場になります。ここでRMT相場を軽くググってみたら1円=4,000Gくらいでしたが、これは垢BANの危険があるし、特にレンダーヒルズやマイタウンは諦めることになります。何を言いたいかというと、この「公式RMT」はRMT撲滅の切り札になるかもしれないということです。そこは大いに期待したい。

近時の雑感

吉川英治か横山光輝の三国志で、陳倉の戦いで何日も城を攻めあぐねる諸葛亮に対して姜維が「ここは『離』ということが必要ではないでしょうか」と進言したと記憶している。一つの事に執着し、それを達成しないとそれ以外の事には手を付けられない、そこから先へは進めないと思い込み、でもどれだけやってもその事を達成できない時。一旦その事から離れてみると、意外と展望が開けるものである。失くし物は探している時に限って見つからず、探していない時に見つかるという。執着していない時にあっさり達成することもあろう。


Switchの今年度の残りのめぼしいソフト(買うとは言ってない)

今朝未明でE3も実質的に終わり(?)、Switch関係のめぼしいソフトの今年度の残りの発売日程が概ね出揃ったか。

2019.06.26 DQ10ver.4.5後

2019.06.28 マリメ2

2019.07.25 RF4S

2019.07.26 FE風花

2019.08.30 AC

2019.09.13 DXM

2019.09.20 ゼルダ夢島

2019.09.27 DQ11S

2019.11.15 ポケモン剣盾

2019 ルイマン3

2020 聖剣3

2020.03.20 あつ森

ふーむ、年末の玉はルイマン3で行くのか。日本ではあまり大きな玉ではないが…ポケモン剣盾が超巨大という考え方か、あつ森を延期とみるか今年のLaboの不発に鑑みて3月に大きな玉を持ってきたとみるか。DQ10ver.5は10月上旬〜中旬か(ぶっちゃけ管理人が買うのはこれだけw)。11Sからの流れで新規が増えれば嬉しいが。スマブラSPに勇者参戦も増える要因。キャラとしては11が筆頭なのは当然として、あとはロトシリーズから3、天空シリーズから4、海外受けから8、という言われてみれば必然の選択か。でも8は勇者じゃないんだが。ていうか全員集合的な画も出たが、勇者は1234までで5は明白に勇者じゃないし67は勇者は誰でもなれるし9は8と同じく勇者がいない世界観。10も5と同様に他に勇者がいるから勇者じゃない。つまり勇者じゃなく主人公なんだよな。アンルシアに参戦してほしかったが11の外観変更だから如何ともしようがない。主人公じゃなくて勇者で括ってほしかったなあ…5の主人公の息子と10のアンルシアに光を当ててほしい。6789は主人公でも欠番でもいいからさw



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 23日
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM