とある雑感

黄信号は「止まれ」なんですよね。急ブレーキになる場合だけ進んでよい。歩行者用の青点滅信号も同様?で、横断歩道の半分まで行ってなければ、戻らなければならない。

近時の雑感

物事には「天の時、地の利、人の和」があります。これらが揃わない時に無理矢理進めようとしても、膨大な労力と時間を費やした上で失敗します。逆に、これらが揃う時には僅少な労力と時間で一気に進むし、そうすべきなのです。「天の与うるを受けざれば、反って其の咎めを受く」というやつです。明治維新がそうだったでしょう。それに匹敵する大変革が終戦時。そして今が三番目の時期かもしれません。いずれも、単に変化を怖れるという保守的な感覚からの反発が強いものであり、それ以後の人にはその感覚がわからないものです。

今日の雑感

無用の用。足の裏が接する所だけ地面があり、それ以外は奈落、という状況で歩けるか。結果的に足の裏がつかなかった地面も、その人の歩行にとって無駄だったわけではない。人生で結果的に使わなかった知識も無駄とは言えず、結果的に役に立たなかった人付き合いも無駄とは言えない。
ただし、悪い人付き合いはある。良い人と付き合い、悪い人とは付き合わない。それだけで、真っ当な人生を歩めるだろう。

今日の一言

忙中閑あり。メリハリをつけて休息をとるのも大切なことである。

昨日の雑感

中華料理屋で料理の味は良くても、接客態度や品書きの写真と実物の違いや調度品の汚れや店内が整理整頓されてない、等々。日本の(日本人の)店の「サービス」が良いと言われても「そうか?」とピンと来ないが、実際に比べてみると歴然とした差がある。まあ、そうではない店もあるのだろうが…


今日の雑感

iPhoneのバッテリー交換。およそ充電式の機械は、ゲームコントローラであれゲーム機であれスマホであれ、バッテリーがヘタるのは如何ともしようがない。しかしスマホは1週間とか預けるわけにはいかない。Apple銀座は大勢の客で物凄い混雑で、店員もまた驚くほど多い。それでもかなり待たされる。とんでもない盛況である。明らかに日本語ネイティブでない店員が日本人に応対するのは、意外と外国人客は少ないのだろうか。データが削除されたりすることもなく2時間程度で完了。型落ちのiPhoneでもバッテリーさえ交換すれば全く問題なく使える。高い金をかけて最新型を追いかける人の気が知れない。重い3Dゲームでもやるのだろうか?


秋葉原MAP

本日は、新年恒例の秋葉原電気街振興会(管理人も所属)の新年交歓会が行われます。これは国内の著名な電機関係の企業の方々(つまり秋葉原電気街振興会加盟店へ商品を卸す元)を大勢招待して行う、結構大きな会食(立食バイキング形式)です。秋葉原電気街振興会は秋葉原MAPを作成しています。更新頻度は高いですよ。

MAP表紙2

最新版の表紙はこんな感じで…(手に持ったりはしてないですがw)

MAP全面2

広げるとこんな感じで…(テーブルは木じゃないですがw)

MAP事務所2

管理人の事務所はここ。(なめこ?フィギュアはありませんがw)


今日の雑感

美味いか不味いかといえば美味いのだが、積極的に━━特に高い金を払って━━食べたいというほどでもない、という食べ物はたくさんあるだろう。考えてみれば、食べ物以外でもエンタメ系はそういうものかもしれない。だから無料(+広告、+ガチャ、等々のF2Pビジネスモデル)が流行るのだ。


昨日の雑感

安芸灘とびしま海道。どんな観光地(?)でも、地元民からすれば「それほどのものか?」というものですが、自分を振り返れば、観光地で「おお素晴らしい」と言っているものです。


今日の雑感

呉の豪雨災害も半年で見かけ上は復旧が進んでいる様子。とは言ってもそこの住人にはまだまだなのでしょうが。災害が来るぞ来るぞと言われる地域の方が意外と来なくて、あまり言われない地域に不意打ちで来るのは自然の厳しいところです。

おみくじ

おみくじを買うのは信仰か習俗か。義務として買うなら信仰だろう。気が向いたら買うなら習俗だろう。書いてある内容を予言や預言のように受け取るなら信仰だろう。当たるも八卦当たらぬも八卦なら習俗だろう。

今日の雑感

時が解決する問題はあるものです。それは時しか解決できない問題であり、時の力を借りて解決する問題でもあります。

今さら

今さら改めて振り返るシュタインズゲートとシュタインズゲートゼロ。あちこちで語り尽くされているので詳細は省略するが、これら一組(と言えるであろう)のアニメ(フルアニを含む)は傑作である。ADVはゲームでは分岐があるがアニメにすると一本道になる代わりにわかりやすくなる。ところでこれは9年前から今まで指摘した人はいないかもしれないが、シュタインズゲートの最後に岡部が出血多量状態でタイムマシンで帰還するところ、着席している姿勢が、のけ反るような、前方斜め上を見るような、ややあお向けである。これは有り得ないのだ。出血多量状態で座ると、突っ伏す姿勢になる。頭を下にするのだ。それは意識してではなく、体がそのように「強制する」と言えるくらい必然なのである。シートベルトを締めるのは無理であり、座席に着いた途端につま先の前の床に頭突きするような感じで突っ伏す、とにかく体全体の中で頭を最も下にするように体が動くのだ。これは実体験に基づくので間違いないことなのである。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM