サラダ

吉野家の「ライザップ牛サラダ」というメニュー。読んで字の如く、メシではない。管理人も昔は牛丼チェーン店によく行ったものだが…牛丼の美味さの順は「吉野家>松屋(むしろここはカレー屋)>すき屋(トッピングで誤魔化している)」と思うが…まあ一度はということで食べてみた。うーん、もちろん不味くはないのだが…敢えてメシではなくサラダにするのは(健康の)意識高い系なのだろうが、吉野家自体が意識高い系が行く店ではないだろう。意識高くない人が2度食べる必要はない、普通に牛丼を食べるのがよいだろう、という結論。


勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」といいます。例えば関ヶ原の合戦とか、もし秀秋が裏切らなかったら西軍が勝っても全くおかしくありませんでした。東軍にも「負ければ敗着」という失態は色々ありました。もし東軍が負けていたら、最大の敗因は(秀秋が「裏切らなかった」ことではなく)真田による秀忠軍の足止めと言われ、不思議な負けではない、負けるべくして負けたという評価になっていたでしょう。


今日の雑感

「美味しんぼ」でアメリカ人が作り方をカリフォルニアで学んで作った豆腐の方が、日本人板前が日本で使っている豆腐より本物の豆腐だった、という話については以前書きました。日本語も、日本語教師から学んだ外国人の方が、何も学んでいない日本人より正しく使っている、ということはありがちなのでしょう。


今日の雑感

少年老い易く学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。人生、結局、本当にやりたいことをやるしかないのです。人が最期に後悔するのは、失敗したことではなく挑戦しなかったことだと言いますし。


AppleWatch という無用のモノ

ところで AppleWatch について少し調べてみたら、(少なくとも管理人には)全く無用のモノであることがわかった。これは腕時計をしていない iPhone ユーザーのうち Apple 信者用のお布施ガジェットであろう。まず驚いたのは腕時計なのに時刻が常時表示ではなく毎日充電が必要ということ。これだけで腕時計の代用にならないのは確定的に明らか。管理人の WaveCeptor はアナログ・デジタル・電波・太陽電池という完璧なスペックであり、この15年間で一度も充電したことがない。代用などとんでもない天地の差である。一方 AppleWatch で何が出来るのかというと、iPhone でできること以外に何もない。逆に、肝心の iPhone のアプリが使える(見られる)のかというと、それが出来ないのである。何のために存在するのか意味不明・理解不能なジョークアイテムとすら言える。


近時の一言

高福祉高負担を言う政治家は信用できる。中福祉中負担を言う政治家も信用できる。低福祉低負担を言う政治家も信用できる。しかし、高福祉低負担を言う政治家は信用できない。


今日の雑感

本日はインターネットコンテンツセーフティ協会の総会後の懇親会に出席しました。管理人はこれ(のブロッキング判定)に運用開始当初から関与しています。出席者の挨拶の中に、日本はやってないと批判されてヨーロッパに行ったら、意外な国がガンガンやってたり、やると言ったのに法律が出来ずにやってなかったり、やってても手続が杜撰で大丈夫かという国もあったり、まさに百聞は一見に如かずと。以前書きましたが、漫画村で緊急避難を批判する人はいても、これで批判する人はいない。韓国ではブロッキング自体は北があるので国により行われており、これでも行なっているが、選定を民間がやっていると。

今日の雑感

雨天決行は選手は子供の頃から雨と泥にまみれて勝ち抜いてきた奴ばかりだから平気だろうが。雨だと互いに盗塁し放題だが拙攻し合う泥仕合。それでも勝負の世界は勝利こそが、勝利だけが薬。また明後日から(明日からじゃないよな龍馬w)勝っていこう!

今日の雑感

伊達政宗。20年早く生まれていれば…というのも含めて結果が全てということ。それでも戦国末期の傑出した武将であることは確かです。天下人というのは魔人の類で、伊達政宗あたりが常人の想定可能な範囲の理想像でしょう。
関係ないけど土井晩翠って300以上も校歌を作って内容が被らないんですかね。凄い才能だ…

意見と議論

広く他人の意見を聴くのはとても重要なこと。ただそれは自分の意見を構築するためであり、自分の意見の正当性の根拠は常に自分になければ意味がない。「誰それがそう言ったから」「なんとか機関がこう言ったから」と根拠づける者と議論するのは無意味です。その者は他人の意見を言っているだけで、その者自身の意見ではないのですから。


文学…?

「日本人なら知っておきたい日本文学」(蛇蔵&海野凪子、幻冬舎)という本。日本文学ということは夏目漱石とか川端康成とかかと思いきや、古典文学のみでしかも作品自体ではなく著者や登場人物に焦点を当てるという…。しかし、内容は結構面白い。漫画なので量が多くない、いやハッキリ言って少ないのが残念だが。菅原孝標女の表現が特に上手い。


近時の一言

オバマはチェンバレンの再来で、トランプはチャーチルの再来、ということですかね。「後世の歴史家」からすれば…


今日の雑感

以前も書きましたが、図書館は本当に素晴らしい施設です。しかし、作家や出版社からすればたまったものではないでしょう。多数決で決めたら図書館を充実させることになるに決まっています。あらゆることを多数決で決めたら、あらゆることを税金でやる、そして累進課税を極度に強化する、ということになるでしょう。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 今日の雑感
    N.
  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
    N.
  • 候補者
    N.
  • 冷夏?
    N.
  • Nintendo Switch Lite
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 事実こそ重要
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 意見と議論
    N.
  • 本因坊文裕が防衛!
    管理人

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM