今日の雑感

以前も書きましたが、マイナーな役務や機器というものは、いざという時に困るものです。いざという時とは、例えば「故障かな?」という時です。メジャーな役務や機器なら、今はググれば「答え」はすぐに見つかります。しかし、マイナーだとそうはいかない。ググっても全くヒットしない。原因不明。「故障」なのかそうでないのか、それ自体がわからない。

いざという時に困らない、それは広い意味では「保険」です。「保険事故」として危険が現実化しない限り、困ることはない。そして「マイナーでも問題ないじゃん」ということになる…。これは、メジャーを勧めているのではなく、マイナーにはそのような危険があることを予め認識した上で選択すべきである、ということです。インターネット上の「見たことも聞いたこともない会社」は玉石混交であり、「石」だったら損害回復は不可能という危険があるのです。


バランスランチの終わり

さてバランスランチについては2017.05.11と2017.10.14に書きましたが、案の定というか予想どおりというか、昨年末をもって終了した模様です。店舗の棚に場所自体が無くなったようですし、株式会社明治のブルガリアヨーグルトのページに載っていません。代わりに?「なめらかリッチ」「贅沢クリーミー」がありますが、これはバランスランチの1年前からあるようで、代わりではありませんでした。つまり「バランスランチ」というブランド自体がわずか9ヶ月で消滅…ということなのでしょう。プレスリリース自体、最初の発売時のものはあっても、内容変更時のものは無いようです。図らずも、不人気商品がひっそりと消えていく様をリアルタイムで追いかけることになりました。自由競争市場における淘汰ですから如何ともしようがありません。


今日の一言

証拠が無い、という発言は自白に等しい。

思い出

幼児の思い出として、米(米袋の中)にコクゾウムシがいて、1匹ずつ取り除いたものです。アレは、取り除けば、米は特に問題なく食べられるのです。

外付HDD

10年くらい前は、TVに接続する外付HDDが無かったように思います。そういう記事を書いた記憶もあります。DVDやBDを見ない、録画を焼いて保存もしない、タイムシフト視聴が出来ればそれでいいのだから、小さくて安い外付HDDがあればいいのに、無い。これはDVD(BD)レコーダーのメーカーの陰謀ではないか…。しかし、今は普通にあるんですよね。外付HDDが。当然ながら、DVD(BD)レコーダーよりはるかに小さくて安い。容量もほどほどでいい。何百時間も録画できても、それを見る時間はありません。見ることはありません。何百時間も録画して、全部消化したという人はいるのでしょうかね。


今日の雑感

相手に作為を求めるのは、相手が拒否した場合、訴訟しかないわけです。文明国では。野蛮国なら、脅すとかブン殴るとか色々あるのでしょうが、日本は文明国ですから。となると、訴訟するような内容かどうか考えて、訴訟は無いな、となれば、可及的速やかに「損切り」するのが最も賢明、いや事実上唯一の選択肢となるわけです。そこを理解しないと、人生を不愉快なことで浪費することになります。


物語とご都合主義

小説にせよ映画にせよアニメにせよ、物語を作るというのは凄いことです。現実世界を舞台にするか、現実世界だけど超能力ありにするか、現実とは全く別の世界を設定するか。いずれにせよ、突っ込み所やご都合主義が出てくるのは止むを得ません。昔、ゲーム雑誌で読んだような気がするのですが、かの有名なバーチャファイター、あれをもし現実の人間の格闘と同じ挙動にしたら面白くないと。かくしてバーチャファイターは現実の人間の格闘として見れば突っ込み所がありまくりだが面白いゲームということで大ヒットしたわけです。

多くの人に受け入れられる物語を作った人は、特に凄い人ですが、多くの人には受け入れられなかった物語を作った人も、それなりに凄い人なのです。疑うなら、自分で作ってみれば、どれほど難しいかがわかるでしょう。「やればできる。ただ、やらないだけ」というのでは、まるでニートです。


アシモフ

アイザック・アシモフ。言わずと知れた有名なSF作家ですが、彼の元には当然ながらファンやアンチから多くの手紙が(編集部経由で?)届いていました。もちろん中には作品をボロクソにけなす内容のものもあるわけです。アシモフも人の子、いやアシモフの人柄として否定的評価は受け入れ難い。読めば憤慨することになる。それで同僚から「アシモフ、手紙を読んでいて不愉快な形容が目に入ったら、その先を読まずに破って捨てるんだ」と助言されていた、という話を読んだことがあります。そしてアシモフは実際に破って捨てたと。ただし「急いでその先を読んでから」という…


今日の雑感

スマホのカメラ機能がそれなりに高くなった現在、デジカメはその意義を訴えるのが難しい。もちろんスマホが及びもつかないような高い性能にすることは可能ですが、それにどれほど需要があるのか。スマホとは別に持つという点で、落としても濡らしても大丈夫という頑丈さは、性能よりも訴求力があるかもしれません。


今日の雑感

民事でも刑事でも、やはり一般の方々には「よくわからない」ものです。これは当然で、誰しも自分が働く分野以外のことはよくわからないのです。よくわからないのに「たぶんこうだろう」で突っ走るのは危険です。転ばぬ先の杖、それが弁護士です。


印象論

消費税は日々の買い物で嫌でも見せつけられ、目の前で取られる(支払う)ので、直接的である印象が強く、直接税。住民税等はいつの時点でかいつの間にかよくわからない形で取られている(天引きされている)ので、間接的である印象が強く、間接税。印象論とはそういうものです。


AI

日本で最もAIに対する関心が強いのが囲碁界だと思います。AIが完璧でないという指摘は意味が無いのであって、なぜなら人間も完璧でないからです。人間より有意に「完璧に近い」ところまで行った時点で、AIは人間に取って代わるのです。


今日の一言

毎日肉を食べながら「景気回復の実感が無い」と言う。昭和20年代の人が聞いたらどう思うだろうか?



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM