トランプ陰性

やっぱり今まで陽性であちこち動き回ってたのかよ!…という突っ込みはさておき(さておいてよいかは別として)、なんともタフな爺さんである。もともと感染してないという陰謀論もあるようだが、さすがに周囲に大勢の感染者が出ていて陰謀論は成り立たない。ただ、「入院から3日後に退院」が「死亡から3日目に復活」を意識してると思うんだよね。3日後と3日目は1日ズレるけど、そんな細かいことは気にしないでしょ。


近時の雑感

やっぱりねえ、軍事独裁政権というものに対する警戒が無いのは愚者か工作員なんですよねえ。軍事独裁政権に都合が良い方向に影響力を行使している者は、本人の主観がどうあろうと、客観的には工作員なのですよ。「ここに軍事独裁政権の工作員である対象国人を想定する。この者は対象国の世論を軍事独裁政権に都合が良い方向に誘導する任務を負っている。どういう言動をするだろうか?」と考えてみればいい。TikTokや微信に対する米政府と連邦裁の対立、これで米政府が負けたら、民主主義の敗北、三権分立の敗北(自縄自縛)でしょう。民主主義や三権分立は、それを尊重し実行する者との間でしか「使えない」のです。軍事独裁政権は、自国では民主主義も三権分立も否定し、他国ではそれを武器に戦うのです。人間社会は過去も現在も一貫して暴力に支配されていることを忘れたら、それは極楽の住人か精神的な貴族か…


人権侵害

国連で(?)日本と米国とEU加盟国の殆どとその他オーストラリア等の39ヶ国が、ウイグル・チベットの人々の人権を尊重するよう中国(中共)に求める共同声明を発し、中国(中共)やパキスタン等の55ヶ国が、内政干渉として非難する共同声明を発した、というニュースがあるようだ。日本の大手マスコミでは(管理人には)見当たらなかったが、事実ならそのうち報道するだろう。ていうか、事実ならめちゃくちゃ重大かつ重要と思うが。だいたい、現在進行形の重大な人権侵害、これを非難しない人間が人権を論じるなど片腹痛い。重大な人権侵害が行われて「いない」ことは、第三者が自由に「現場」に行き、自由に取材し、自由に意見を発信する、それでしか「証明」できないのだ。それができるなら、そこでは重大な人権侵害は行われていないとさえ言える。逆に言えば、それが禁じられていることは、重大な人権侵害が行われていることの「自白」なのだ。証明十分なのだ。つくづく、ウイグルやチベットの人から見たら、日本で「スガガー」とか言っている光景は異様だろう。「今すぐ立場を取り換えてよ。喜んでスガの圧政のもとで暮らすから」と。


トランプ退院

いや早過ぎでしょjk…当人の思惑とか周囲の評価とかはともかく、まだ陽性なんだろうし、問題なのはまだ感染力があるのかどうか。それにしても74歳3ヶ月でコロナ感染で入院してわずか3日で退院とは、なんともタフな男である。「時の過ぎゆくままに」の神宮寺三郎に殴りかかる例の父親を思い出した。このまま全快したら超人的なタフネスだろう。そこだけはバイデンよりずっと上に見えるw


トランプ感染

米国のトランプ大統領がコロナ感染というニュース。よりによって大統領選が佳境に入り投票日まで1ヶ月でとは。英国のジョンソン首相にせよブラジルのボルソナロ大統領にせよ、コロナ軽視の能天気マッチョ派は自業自得な面もあるが、コロナは真の意味で誰でも感染するのだ。習やプーチンは極度に警戒し用心し最大限の対策をしているだろう。そこが能天気マッチョ派と違うところだ。それにしてもバイデンは討論会でトランプの濃厚接触者じゃないのだろうか。全米の有権者が気になっているのは間違いないところ、何らかの声明が出るだろう。トランプ74歳3ヶ月、バイデン77歳10ヶ月。共にコロナに感染した場合の危険は大きい。世界の歴史が大きく動くか?


ドコモ口座事件

ドコモ口座の問題、ガチでヤバい。何がヤバいって、ニュースで「ドコモ口座」を連呼するため、ドコモ口座を持っていない人は「自分は関係ない」と誤解してしまうこと。本当にヤバい。犯人が勝手にドコモ口座を作って、それに被害者の金融機関口座を勝手に紐付けて勝手に送金する、という犯罪なのに。つまりドコモ口座を持っているかどうかは全く関係なく、携帯電話(スマホ)のキャリアがドコモかどうかも勿論関係ない。関係あるのは、指摘されている金融機関(地方銀行とゆうちょ)に口座を持っているかどうかなのである。全国民が記帳して確認すべきであり、管理人は自分の持っている口座の全てを記帳した。何事もなくてひとまずはほっとしたが、これで安心ではないのだ。翌日にやられるかもしれない。とてつもなくヤバい。だいたい、二段階認証なんて今時DQ10でもやっている(トークン)のである。金融機関は現実には暗証番号の他に物理カードが必要だからそれが実質的な二段階認証になっている。それがオンラインでは物理カードは不要。つまりたった4桁の番号だけという、実に心細いセキュリティなのである。そんな銀行とドコモ、両方に責任があるだろう。それにしてもこんなザルシステムを運用してしまうとは、頭昭和かよ。組織の上部が昭和の老人で固められているのだろう。日本という国と社会の全体が老化している証左である。


菅義偉という人について、管理人は普通の人が簡単に入手できる以上のことは知らないが、田舎の農家出身で上京して叩き上げという点は共感するし、世襲議員に反対で息子が3人もいるのに誰も政治家でないのは大変高く評価できる(まるでカストロである)。そういえばかつて菅直人という総理大臣がいたが、世襲議員に反対していたはずなのに、自分の息子は衆議院議員にしようとしていた。親の看板で親子2議席ゲットなど、世襲より悪い。菅義偉は菅直人の2年2ヶ月ほど歳下である。


辞意表明

難病である持病の悪化は辞職も仕方ない。就任して間もないわけでもないし。何事にも終わりはある。問題は次の総理大臣だ。そもそも総理大臣は常に「最大限に」批判されるのだから、批判されているからダメな総理大臣、ということはない。結局、在任期間の長さや選挙の強さが、良い総理大臣だったかどうかの客観的な指標となる(もちろん政治的言論の自由が保障されている民主主義国家においてはだが)。あとは後世の歴史家による評価だ。これは今が歴史となって客観的に評価が可能となる100年後の話である。


今日の雑感

中共が周氏らを逮捕したとのこと。2020.07.02に書きましたが、こういうことなんですよね。人権は天賦であり、漢民族も等しく有しています。普段「アベノアツリョクガー」と声高に叫んでいる人たち。彼ら彼女らがこの中共の暴挙に対して声を上げないなら、まさに語るに落ちたということ。直接又は間接に中共の手先、工作員なのです。戦前の日本は治安維持法で国民は言いたいことも言えず弾圧されていたんですよね。今の香港はそうではないのですか?


清浄の地

昨日、「清浄の地」岩手県で初めてコロナ感染者が出たと発表されました。4/10に鳥取県で出てから、なんと110日後。よくもまあこんなに粘ったものです。全国の新規感染者数も1,000人超え、これもどんどん増えるでしょう。GoToなんちゃらは政府が行うということはそれを強力に求める勢力(=主権者)がいるということ。世界中で「老人vs若者」の対立構造が先鋭化しています(日本政府は若者寄りと評価できるでしょう)。管理人などはその中間の年齢ですから微妙な気持ちですが、老人はコロナに罹ったら死ぬ危険が大きい一方でそれなりの貯蓄や年金もあるし体も弱ってあまり動きたくない。若者はコロナに罹っても軽症で終わる可能性が大きい一方で貯蓄は乏しく年金は納める側で体は元気で動き回りたい。世界中でコロナ対応の「市場原理・自由競争」が行われているのです。老人を見捨てた国が勝者となるのでしょうか?

ところで今朝の緊急地震速報は驚きましたねえ。電車内のみんなのスマホが一斉に「ギュイ!ギュイ!ギュイ!」と大音量で鳴りだしたのですから…でも電車は止まりませんでしたw


オンライン文化祭

母校で文化祭をオンラインで開催しているという記事が、朝日新聞の7/25(土)夕刊に(神戸版だけでなく関東でも)掲載されたとのこと。暗いと不平を言うよりも進んで明かりをつけるのに通じるものがあります。個人の力では如何ともし難い外部環境の激変には、可能な限り対応していくほかありません。その意思が湧いてこないなら精神が老いているということ。思うに「肉体スポーツ」は対応困難ですが、「頭脳スポーツ」は対応容易です。体育祭は無理でも文化祭ならなんとかなる。囲碁はネット対局でも棋戦はできます。勉強だって同じ。オールオアナッシングではなくベストエフォートを心掛ける者が優秀・有能なのです。


緩和・続

医療提供体制が逼迫していないから休業や外出自粛の要請を緩和する、ということは、また医療提供体制が逼迫してきたらまた要請を強化する、ということだろうか。それが筋だし、現実の必要でもあるだろう。そうなる日は遠くなさそうに思えるが…


緩和

東京はコロナの新規感染者が200人を超える日が続くのに、外出や集会を緩和する。これをどう考えるか。思うに、外出や集会を強く制限すれば新規感染者は減り、緩めれば新規感染者は増える。これはこの数ヶ月で明らかになったと言えるだろう。制限することにより収入が無くなる業種には補償をすると言っても、それは税金である。補償のために消費税を20%にします、と言ったらあなたは支持するのか。結局、感染者の数は少なければ少ないほどいいに決まっているが、ゼロ以外のどの数字なら制限を緩和してよいのかは理論的に導き出されるものではない。医療提供体制が逼迫していないなら緩和する、というのは一つの考えである。全ては結果で評価される。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM