今日の雑感

「コロナにかかってもよい」という考えの人も世の中にいます。ブラジルの大統領とか。そういう人は前提となる思想が違うので議論しても意味がありません。そうでない人であれば、「3密を避ける」「不要不急の外出をしない」ことと、「そういう状況を起こす商売は休業する」ことは、結論としては一致するはずです。それを実行(不作為を実行というのは少々奇妙ですが)した上で、そこから先の議論が出てきます。補償の話とか。

社会全体として人々が食べる量は変わりません。飲食店が休業すれば、家で食べるための商売は繁盛しているということ。人類の歴史において「外食産業」と「内食産業」の比率が、今、変わったということです。自動車が普及したら人力車業の人は廃業せざるを得ません。橋が架かったら連絡船業の会社は廃業です。それと本質的には同じなのです。


今日の雑感

「へぼ将棋、王より飛車をかわいがり」といいます。管理人は将棋は子供の頃に少し指しただけで、棋力はおそらく二桁級ですが…今、コロナだからといって休業したら倒産すると「3密」イベントを強行開催する連中は、北斗の拳のモヒカンでもあるし、へぼ将棋指しでもあります。自分だけならともかく、自分の家族、大切なお客様、お客様の家族。そういった人々がコロナで苦しんで死ぬ。それでも構わないというのですから。

会議は踊る。そもそも不要な会議は廃止すればいいし、必要な会議も可能な限り電話会議で行うよう、この際「行動変容」しなければなりません。例えば「Zoom Cloud Meetings」を使えば簡単に電話会議ができます。世の中のほとんどの会議はこれでいいのです。オールオアナッシングではないのですから、どうしても現実に集まる必要がある会議だけ現実に集まる。コロナは医療従事者とそれ以外とで具体的行動が異なります。世の中の人々の圧倒的多数は後者です。後者は前者の助言指導に従う、それは社会的活動は可能な限り「3密」を避けて行うと共に、「3密」を避けられない活動は行わないということです。後者は「家でゲームをして楽しむ」それが最適解なのです。


もはや、いつ

布マスク2枚というエイプリルフールギャグはさておき、日々のコロナ感染者数が減りません。厚労省のクラスター対策班は悲鳴を上げています。もはや、日本中の誰もが、緊急事態宣言が出るかどうかではなく「いつ」出るのかと思っているのではないでしょうか。3/31以前に発動したら年度末の業務ができない。3/31に宣言して4/1午前0時発動では新年度の業務が全くできない。4/1に宣言したらエイプリルフールと思われる。今日だと明日金曜日の予定に響く。すると、明日宣言して明後日土曜日の午前0時発動という流れか…?


今日の雑感

志村けん氏が新型コロナで死去。発症から死亡まで1週間〜10日くらいか。速過ぎる。思うに今の新型コロナの世界的蔓延、人類史に残る大事件になるのは間違いない。そして後世の歴史家が振り返った時、2020年から全産業が「リアル→バーチャル」に移行した、移行できない産業は滅んだ、ということになるのではないか。エンタメ業界は特にそうだ。世の中、衣食住や医療や社会基盤以外は全て娯楽、エンタメである。世界全体で、外出や集会の禁止や自粛は今後1年間は続くだろう。密閉・密集・密接の「3密」全てが重なるエンタメは今回、滅んだ。2つ重なるだけでも滅亡に瀕している。人を物理的に1箇所に集めるエンタメは、バーチャル体験に変容させるほかない。それでどうやって値段をつけるのか、と言ってもそれは今までの人間、オールドタイプだからそういう違和感が生じるわけで、エンタメはバーチャルが基本で現実に集まるなんてナンセンスというニュータイプなら自然なこと。人が物理的に集まるエンタメは巨額のカネが動く、単体として巨大なビジネスである。今の事態は巨大隕石が落ちてきたようなものだ。地球を支配していた恐竜は滅び、隅っこでちょろちょろしていた哺乳類が生き残った。エンタメも、リアルに人を集める巨大なビジネスは滅び、バーチャルで小規模にやっていたビジネスが生き延びて、エンタメのビジネスモデルの主流になるだろう。


病院

東京は昨日から気温が20度下がった季節外れの雪。永寿総合病院の新型コロナ感染者数が異常に多い。管理人は医療も病院経営も素人なのでわからないが、そもそも病院は院内感染を防ぐ体制が構築されているのではないのだろうか?… ̄‘盍鏡防止体制は構築されていたが、新型コロナはその体制では防げない感染経路だった?→他の病院でも同じことが起きる…院内感染防止体制は構築されていたが、それが守られていなかった?→医師や看護師の士気が低いブラック企業体質か…1‘盍鏡防止体制が構築されていなかった?→地域の中核病院でそんなことがあるのだろうか…

,眇看曚世、↓だとこの病院は今までインフルエンザとかも院内感染していたのか!?


身代金目的誘拐犯の思考

「補償がないなら休業しないぞ」という主張は身代金目的誘拐犯と同じ思考です。休業すべきかどうかは純粋に疫学的問題であり、疫学的に(感染症を専門とする医師の見解として)コロナ感染(感染者集団発生)の危険があるなら、結論は休業以外はありません。休業すべきかどうかの判断要素はコロナ感染(感染者集団発生)の危険があるかどうかだけであり、それ以外の要素は考慮対象ではありません。要請があるかどうか、補償があるかどうか、倒産するかどうか、そんなことは全く関係ありません。

違う物事で考えてみましょう。自動車の速度超過で事故が起きて、あなたの家族が被害者で死んだとします。被告人が「商談に遅れたら倒産必至だったから仕方なかったんだぁー!」と言った時、あなたは「なるほどそういう事情があったなら刑を軽くしてあげるべきだ」と思いますか、ということ。

同じ物事の違う確率で考えてみましょう。今のところ日本におけるコロナの致死率はどのくらいでしょうか…正確な数字は(管理人には)よくわかりませんので仮にここでは1%とします。他の条件(感染経路等)は全く同じで、致死率だけ違う場合を想定します。致死率1%で「補償がないなら休業しなくていいよね」と思うあなたは、致死率5%ならどう思うでしょうか。5%でもまだ補償がないなら休業しなくていいでしょうか。では致死率10%ならどうでしょうか。それでも休業しなくていいでしょうか。致死率50%ならどうでしょうか。まだ粘りますか。致死率100%ならどうでしょうか。

致死率100%でも補償がないなら休業しなくていいという人には、何も言うことはありません。そうでない人には次の質問が発生することになります。「ではあなたは致死率何%から補償がなくても休業すべきと考えるのですか、そしてなぜその数値で結論が変わるのですか、その数値はどのようにして導き出されたのですか」ということ。


一人一人が

管理人の中高の同級生には医師が多く、特に関西に多い。彼らが勤務する病院でコロナ患者が出たという話を聞く。それでも東京からはまだ対岸の火事の側面が無きにしも非ずだった。しかし、昨夜永寿総合病院でコロナ感染があり死者も出たとのニュースが。東京での新規感染者数も感染経路が不明の人も増えてきた。人間、やはり近くで起きたら危機意識が高まる。世界中でそうなっている。事態は日々深刻の度合いを増している。誇張抜きで第二次世界大戦以降最大の世界的危機だろう。一人一人が「自分も感染しているかもしれない」という前提で他人に感染させない対応をするほかない。小さなことからでも。とりあえず法律相談は以前からマスクはしていたがさらに相談者と距離をとって窓を開けて換気しつつ行うこととした。お互い様であるから、ご理解いただきたいところである。


K1

さいたまスーパーアリーナでK1の試合が開催された件、法理論的には、客に被害(コロナ感染)が発生する可能性があること(正確には客に被害が発生する可能性があることが一般通常人にわかる程度の事実)を認識しつつ開催して、実際に客に被害が発生した場合、故意又は過失ありとして、不法行為に基づく損害賠償義務を負うだろう。この理屈はコロナと関係ないわけで、危険なイベントをやって被害が発生したら損害賠償義務を負うよね、という当たり前のことである。ただ、本件は事実認定(ここで感染したのか?)が難しく、訴訟で立証できるかは微妙である。疫学的因果関係でなんとかするかもしれない。いずれにせよ、訴訟提起までしてくる奴はいないだろ、という目論見である。一方、客は小銭を惜しんでコロナ感染したらただのバカである。


2020春の秋葉原電気街まつり

秋葉原電気街まつり2020春

3月20日(金・祝)〜5月6日(水・祝)まで「2020 春の秋葉原電気街まつり」を開催します。
(1)「サクラ大戦」シリーズ最新作「新サクラ大戦」とのコンテンツタイアップ継続‼
12月12日発売した人気シリーズ最新作「新サクラ大戦」とのタイアップと継続し、4月より放送予定の「新サクラ大戦 the Animation」にて秋葉原の街を盛り上げます。本企画のためにアニメスタジオにて描き下ろしたイラストをデザインに使用しています。
(2)秋葉原電気街まつりプレゼントキャンペーンは5つ
‖仂歸絞泙砲500円(税込)以上お買い上げの方に抽選で、100名様に「10,000円分のお買物券」を、5名様に「出演キャスト直筆サイン入りオリジナルポスター」をプレゼント。秋葉原電気街まつりLINE公式アカウントとお友達登録し、対象店舗の購入レシート画像をLINEで送ると応募できます。応募の際、「お買物券コース」と「新サクラ大戦コース」のどちらかをお選びください。対象店舗にて500円(税込)以上お買い上げの方に「新サクラ大戦 the Animation」×アキベア描き下ろしコラボノベルティを先着でプレゼント。第1弾:3月20日(金)〜4月10日(金)A6サイズミニノート、第2弾:4月11日(土)〜5月6日(水)A4サイズクリアファイル。秋葉原電気街まつりLINE公式アカウントをお友達登録すると「新サクラ大戦the Animation」デザインカードを先着でプレゼント。ぐ貮瑤梁仂歸絞泙任蓮500円(税込)以上お買い上げの方に「新サクラ大戦 the Animation」場面写ポストカードを先着でプレゼント。第1弾:3月20日(金)〜4月10日(金)10種、第2弾:4月11日(土)〜5月 6日(水)10種。ソ葉原電気街公式Twitterをフォローして企画ツイートをリツイートすると、中央通りフラッグを抽選で10名様にプレゼント。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例によって広告です。自粛ばかりでもいられませんからね(^^;

今日の結論

コロナの感染は世界中で拡大の一途、収束する目途は立っていません。検査、これは重要です。ただ、検査しても感染者を100%判別できるわけではなく、偽陰性という事例もあるでしょう。検査して陰性となれば、その人は「自分から感染させない努力」例えばマスク着用とか、そういうことを怠るかもしれません。感染しても潜伏期間が長い上に検査しても偽陰性の可能性がある。そうであれば、社会の全員が「自分も感染している可能性がある」という前提で「他人に感染させない行動」をするほかありません。一方、医師が検査すべきと判断した人は可能な限り検査すべきです。世界中で何をどう議論しても、結論はそうならざるを得ないと思います。


ゲーム規制条例

香川県のゲーム規制条例のニュース。条例の内容は、子供のゲーム利用時間を1日60分、学校休業日は90分を上限の目安とするという。その他スマホ使用の規制も含む。管理人は小学校1年生の頃、土曜日午後8時の「8時だョ!全員集合」しかテレビを見ていなかった。そして学校が「土曜日はテレビを見ないようにしましょう」と言い出したのである。親は学校に「うちの子は土曜日の1時間しかテレビを見ないんですけど…」と抗議(?)したそうだ。結果どうなったかは覚えていない。もとより法的強制力のある話ではないのだから、大した問題ではないが。子供が金を使うのは厳しく制限すべきである。正確には、親の金を直接使うことである。もちろんスマホゲームのガチャのことを言っている。金は子供のものではなく親のものだ。しかし時間は子供自身のものである。子供は大人と違って時間があり余っている。その時間を使って遊ぶのも子供の「仕事」だ。良い遊びもあれば悪い遊びもあるだろう。悪い遊びは禁止すべきである。悪いゲームは禁止すべきだろう。しかしゲームを全般的に規制するのはやり過ぎだ。その昔「漫画を読めば馬鹿になる」と言われた。漫画を読んで育ったかつての子供は今、馬鹿な大人になっているのだろうか。このような条例を作ろうとするのはそういう大人かもしれない。


嘘とプロパガンダ

中共の外務省の報道官が「新型コロナウイルスが米軍が持ち込んだ可能性がある」とツイートしたというニュース。これが中共の本質、嘘とプロパガンダの塊、嘘も100回言えば本当になるというやつです。国内でもそうだから国外にも同じことをするのです。これが国連の常任理事国なのです。それが世界の現実であることを世界中の人が理解する必要があります。特に日本人は、国連を正義の機関と勘違いしている(マスゴミの誘導によりそう思わされている)人が多いのではないでしょうか。


コロナ禍

文藝春秋の塩野七生の寄稿も2月19日記述ではまだノンビリした内容である。事態は日々深刻の度合いを増していて、イタリアでは特にそうだ。高校野球を含めスポーツの(屋外)無観客試合、理論的には危険は開催可能な程度に低いのだろうが、試合場周辺に大勢のファンが集まったり、試合場周辺の飲食店で大勢のファンが大声で話したり、そういう附随的状況まで考えたら難しいのではなかろうか。世界合計で2万人以上死んだら、コロナ禍は東日本大震災に匹敵する災害という評価も可能であろう。米国がEUからの入国を禁じるという。管理人は経済は素人だが、リーマンショックどころの騒ぎではないのではなかろうか。人類社会は行き過ぎたグローバリズムを正す必要があるだろう。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM