昨日今日の雑感

イラン/イラク情勢がかなりキナ臭くなってきています。当事者はどこまで考えて動いているのかわかりませんが、戦争になると嘘情報によるプロパガンダ合戦になるのは湾岸戦争やイラク戦争を見ても確定的に明らか。ただ、インターネットがどんどん発達したことにより、真実の情報にも接することが出来ると思うんですよね(インターネット上の情報流通を検閲している国は違いますが)。洪水のような嘘情報の中に、ほんの僅か、真実の情報がある。その真実を掬い取れる能力が、インターネットリテラシーでしょう。


今日の雑感

Yahoo!Japanの最初の頁の記事、いわゆる「ヤフートップ」は人が人の判断で決めていると聞いたことがある。そういう泥臭い作業が「選ばれる秘訣」なのかもしれない。「インフルエンサービジネスの終焉?」という記事は大衆のレベルの低さを示す。そもそもツイッター等の「インフルエンスメディア」など使わなければよいのだ。ああいうのは「詐欺師の溜まり場」であり、「君子危うきに近寄らず」こそ賢明な態度なのである。そんなものを使わなくても、生活には何の支障もない。せめて、使うにしても個人的な知り合い以外は一切フォローしないこと。インフルエンサー(w)など、経営コンサルタント(w)と同様の「詐欺師の推定が働く」肩書ではないか。ステマしていないインフルエンサーなど存在するのか?…もちろんインフルエンサーの出始めの頃には存在しただろう。何事もそうである。そこに人が集まり、それが金になるとなれば、そこは「詐欺師の溜まり場」になるのである。「自分は騙されない」と自信満々の消費者に対する「共同草刈り場」とも言える。「自分は騙される」と自己規定する人間が、最も騙されないのである。「1.5倍速〜2倍速再生は当たり前に?」という記事も興味深い。コンテンツ製作側の気持ちはわからないでもないが、消費者の求める物を提供する者が市場の勝者となる。少なくとも、情報を得る目的で見る動画はちんたら等倍で見るものではないだろう。まさに見たい「そこ」だけ10秒ほど等倍で見て、それ以外は2倍で流し見というのが人情である。見てもらえるだけまだマシ、という謙虚な態度が必要だろう。実るほど頭を垂れる稲穂かな。


ゴーン

保釈中(身柄を拘束されていない!)に、誓約した保釈条件を破って密出国して司法批判。フランスにもレバノンにも貧乏人は大勢いる。むしろ世界的に貧富の格差が拡大し、地球人類の99%以上が貧乏人。フランスでは食えない労働者が大挙してストライキをしている。片やゴーン被告人の被疑事実は数十億(?)円、15億円の保釈保証金が没収されても痛くも痒くもない。自家用ジェット機を乗り回し、大統領とは懇意の仲。それが迫害されているかの如く振る舞うなど、ちゃんちゃら可笑しい。そんなゴーンも大統領も擁護するマスゴミも、最も典型的な資本側、資本中の資本。万国の労働者がゴーンを支持することは決してない。

IR利権で逮捕

IR利権で国会議員逮捕のニュース。カジノ法案については以前にも少し書きましたが(2014.10.152016.12.02)、カジノほど明白に誤った政策も珍しいくらいです。日本国・日本社会を悪くすることはあっても良くすることはありません。ではなぜそれを進めようとする日本人がいるのか。今回の件、賄賂は中国から出ているわけで、案の定、語るに落ちたというやつです。外国人観光客から外貨を獲得とか小学生でも1秒でわかる嘘であり、もしそうなら日本人(日本で生活保護を受ける可能性のある人間)は客として利用不可なんですよね?

ギャンブルは(酒と同様に)人類社会の「宿痾」であり、現実的に撲滅は不可能なので「一病息災」の観点からほどほどに抑えつつ社会を運営するのが政治というものです。せっかく罹患していない病気に敢えて罹患するなどもってのほか。既に日本社会はギャンブル漬けであり、カジノでもっとギャンブル狂(それによる家庭崩壊)を増やすとか、胴元として楽に儲けたい資本とその走狗の奸計以外の何物でもありません。ギャンブルで全財産を失った者はどうなるのですか。行き着く所は生活保護、つまり税金にツケを回すのです。藤原氏も吃驚の国家の寄生虫、家に巣食う白蟻です。外国資本が日本から収奪しようとするのは当然。それと結託する日本人は…

野党はこういう政策で与党と戦うべきものです。マスコミも、ナントカの会とか漢字が読めないとかそういう政策以外のことは三流ゴシップ紙に任せて(権力者はいかなる批判も甘受しなければなりませんが、批判する側には自ずと「役割分担」があります)、こういう政策において「日本国・日本国民のためにならない」としっかり批判しなければなりません。もちろん既にある過剰なギャンブル(パチンコ・パチスロ等)についても、社会的弊害を少なくするよう抑制していく具体的なロードマップを含めた「政策提言」をして初めて、日本国・日本国民にとって有益な「クオリティペーパー」なのです。


個人情報

Facebookユーザー2億6700万人以上の個人情報がインターネット上に流出したというニュース。まったくもって民間の一企業、それも外国の企業と継続的契約を締結し、個人情報を(大量に!)委ねる。正気の沙汰ではありません。そういう「健全な感覚」「真っ当な意見」はインターネット上にはほぼ存在しません。インターネットは個人情報を漁る巨大資本が牛耳っているのですから…


安全とカネ

行政文書が入ったHDDが「流出」した事件。行政が自分で労力と費用をかけて破壊する制度ならこんな事態にはなりませんでした。そういう「安全」のカネをケチるのが、最も手っ取り早いんですよね。安全にカネをかける、安全にカネをかけることを肯定的に評価する、安全のためのカネをケチることを批判する。それができて一人前なのです。なお弁護士を顧問にするのも同様です。


近時の一言

結局、嘘と脅しで物事が解決することはないんだよね。嘘と脅しは893的人物/団体の常套手段だよね。文明人/文明国であれば、嘘や脅しに屈してはならないし、屈しないことが誇りであるはずなんだよね。嘘や脅しをする人の顔の醜いこと。


香港の件

米国で「香港人権・民主主義法案」が、トランプ大統領が署名したことにより成立しました。さすが米国です。トランプは銭ゲバではありませんでした(少なくとも現時点では)。それに対し、日本は人権蹂躙の張本人である習近平主席を国賓として招くとか…情けないやら悲しいやら。所詮安倍は資本(経団連)の犬ということでしょう。もちろん資本は銭ゲバです(トートロジーですが)。人権など頭の片隅にもありません。いや守るべきものとして法人の財産権が、邪魔なものとして労働者の労働基本権があるか。香港の件は政治的言論の自由及びそれと表裏一体の民主的代表制度の重大問題です。普段「アベノアツリョクガー」などと言っている人は、真っ先に香港の民主派の支持を表明しないとおかしい。世界が中共のカネにひれ伏しても、人権のためには敢然と立ち向かう。それが立派な人間というものです。


事実と主張

皇位継承について案の定、無知な主張と誤導な議論と害意あるプロパガンダがなされていますが、管理人は2016.08.09に書いたとおりです。あらゆる物事がそうですが、無知が恥なのではありません。無知を恥じないのが恥なのです。客観的事実を認めない人間と議論するのは無意味です。事実と主張、これを厳然と区別する人とだけ議論する意味があります。


2019冬の秋葉原電気街まつり

2019冬秋葉原電気街まつりバナー

11月22日(金)〜12月29日(日)まで「冬の秋葉原電気街まつり」を開催!

1)「サクラ大戦」シリーズ最新作「新サクラ大戦」とのコンテンツタイアップ!12月12日発売予定の人気シリーズ最新作「新サクラ大戦」の描き下ろしイラストが秋葉原で!

2)電気街まつりプレゼントキャンペーンが“4つ”!‖仂歸絞泙砲500円(税込)以上お買い上げの方100名様に『10,000円分のお買物券』または『出演キャスト直筆サイン入り「新サクラ大戦」B2販促ポスターと特製QUOカードのセット』が5名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施!対象店舗にて500円(税込)以上お買い上げの方に『「新サクラ大戦」×アキベア』描き下ろしコラボクリアファイルを先着でプレゼント! 秋葉原電気街まつりLINE公式アカウントをお友達登録すると「新サクラ大戦」デザインカードを先着でプレゼント!っ羆通りフラッグを10名様にプレゼントするリツイートキャンペーンを実施!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例によって広告です(^^;


養育費問題

明石市が養育費を一旦立て替えるというニュース。以前も記事に書いたが、これ、法律でそれを原則にしないと市としてやるには限界がある。だいたい、養育費は子のためであり元配偶者のためではない。非監護親が養育費を支払わないのは類型的に明らかなのだから、そもそも調停など不要で、未成年の子がいる夫婦が離婚した場合は国が積極的に介入して非監護親の収入(給料等)から然るべき養育費額を算定し、まず国が養育費を監護親に支払い、それから国が非監護親から養育費を税金と同様に徴収すべきなのである。そういう制度を作れば養育費問題は全て解決する。くどいようだが「被害者」は何の罪も責任もない子なのである。養育費はその子の日々の養育のための費用なのだから、子が成長した後になって金をもらっても意味が無いのである。その金はその子の養育のために使われることはないのだから。


マスコミ(特に地上波テレビ放送)に出る人は、どんなことがあっても絶対にマスコミを批判しない件について

なんだか沢尻とかいう(管理人はよく知らない)人物が薬物事犯で逮捕されたことが、安倍政権の「桜を見る会」問題からワイドショーの(?)話題をそらすためである、と言う人がいるようですね。まったくもって愚かな言説で、それは「桜を見る会」問題で政権打倒を叫ぶ野党の幼稚さと通底しています(政権打倒は国家の重大問題でやれよ…例えば消費税とかTPPとか)。沢尻とかいう(管理人は名前を聞いたことがある程度の)人物が逮捕されたからといって、ワイドショーはそればかり報道する義務など全くないのであって、ちょっとだけ触れてあとは「桜を見る会」問題をやっていいのですから。ワイドショーが沢尻とかいう(管理人にとってはどうでもいい)人物の問題ばかり報道するとしてもそれはワイドショーの勝手であって、ワイドショーがそうするとすればそれは視聴率が稼げるからでしょうが、であれば国民にとって「桜を見る会」問題など沢尻以下の些末な問題ということなのですから、報道量が減ったからといって何も問題は無いのです。

もし批判したいなら、沢尻などという些末な問題に多くの時間を費やすマスコミを批判しなければなりません。「沢尻なんか5分でええやろ。もっと桜を見る会をやれ!」と。


祝賀御列の儀

雲一つなく晴れ上がった秋空。前回は神戸にいたので関係ない話でしたが、今回は現場に行きました。が…二重橋前から国会議事堂前に誘導され、そしてあまりの人垣に全く見えず。まあ、予想していましたが。現場の「見える人数」許容量を遥かに上回る人数が来たのでしょうから、如何ともしようがない。ていうか、確実に見ようと思えば始発で行くくらいでないと、ということでしょう。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM