用意した車に

「ミニストップ店員の無断駐車対策に批判 用意した車に…」というニュースを見ました。これは小さなニュースですが、なかなか興味深い内容を含んでいます。コンビニが利用者以外の駐車に迷惑し、抑止効果の高い方法として、店が用意した車に、タイヤをロックして「はずしてほしかったら4万ください」などといった紙を貼っていたというもの。これが「不快」「やりすぎ」などの批判を受けて撤去したという事案。

そもそも批判者は、店が用意した車、とうい点をちゃんと踏まえているのか。まあ、不快だとかやりすぎだとか、評価は自由です。しかし、店が用意した車にしているだけですから、違法でないのは勿論、不適切でもありません。店側としても、この程度の批判で撤去するというのも、客商売の辛さかな。無断駐車で迷惑しているからそれを減らすためにやっているのに、無断駐車に対する批判はないのですかね。警備員の費用が掛かっていたようですが、批判者は自分がこのコンビニの店長だったらどうするのでしょう。人は、自分に不利益が無いことには無頓着で、ツイッターで流れてきた情報に無責任に批判します。そういうどうでもいい人の批判に委縮することはありません。管理人としては、この対策はなかなか良いアイデアだと感心しました。管理人は、現場で苦労している人に共感します。無責任に批判する人には共感しません。そういう人もいるのですから…経営判断ですので、管理人としてはこのような対策を批判しないと共に、撤去も批判しませんが(残念ですけど)。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM