第2局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第2局、黒番高尾・白番井山。

18とは何十年前の定石ですか…44のシチョウアタリがそんなに凄いかな…45で右下隅はまるで「19目のハメ手」やで…65までの大フリカワリは第1局の高尾の打ち回しの再現かと思ったで…77の時点で黒模様が雄大だが…80まで出切ったのが初日。封じ手の81とアテるのは読みが入った手か?右下隅で93のヌキを決めたのも…それで95に96と転戦。97で、さて形勢はどうなのか。黒模様は全部は地にはならないだろうが…98から手を付けていく。手にするだけなら難しくないだろうが…113で中央白に生きはあるのか?123で周囲は真っ黒に見えたが…146で逆に黒を取った!?白中押し勝ち。

井山、豪快な「力のシノギ」で高尾の模様を粉砕。痛快な勝ち方で、世界戦にも弾みをつけた。昨年はいきなり3連敗したからな…井山にとって名人戦で初戦半目負けは実は縁起が良いのだ。初めてのタイトル奪取がそうだったからな。この調子であと3連勝頼むで!もちろん世界戦もな!!(なにしろ山下も勝ち残っているのだから…)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM