CSR

昨日のCSR研究会は、来たるセミナーの打合せ(まあ管理人はパネリストではないのですが…)。事業統合計画について、想定事例における課題と回答。〇業統合計画、これはA社とB社が共同新設分割により化学製品Xの共同生産会社Tを設立する。∋業提携計画、これはB社のQ工場でのXの生産を中止してA社のP工場に集約し、A社からB社へOEM供給を行う。それぞれ独占禁止法上の課題は何で対策はどうか。届出要否の検討(届出手続の対応)、AB両社の情報交換における留意点(クリーンチームの組成と運用)、その他諸々。例のガンジャンピングの問題も重要で、不当な取引制限は暗黙の合意でも足りるので先走って競争制限的な行為をとってしまわないよう注意が必要。クリーンチームは全案件で必要というわけではないが…。クリアランス(事前相談)は実務上はそこまではせずに外部の弁護士に相談し意見をもらって進めることが多いとか。よくある質問は「で、どの法律事務所に頼めばいいの?」というやつ。それを言っちゃあオシマイよ?(いや始まりか…)


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM