フランス

フランスのデモ。これは階級闘争なんですよね。庶民は、グローバル資本・エスタブリッシュメントによる搾取に憤激しているのです。ゴーン氏逮捕のニュースも、フランスの上流階級(=グローバル資本・エスタブリッシュメント)には、日本の刑事司法制度に対する批判とか、国家間の主導権争いとか、そういう否定的評価になるわけですが、フランスの庶民からすれば、何十億円も報酬を得るゴーンなど、捕まって「ざまぁ!」なのです。

EUが、手段から目的になってしまっているのです。EUは平和のための手段だったはずなのに、今や「EUは絶対正義。EUのために庶民が苦しもうが、知ったことではない」ということ。これは歴史の必然です。苦労した「創設の世代」が去り、果実を享受するだけの世代になれば、自らの地位や名誉や金が目的になるのです。最も平和な(=戦争が無い)社会は、奴隷制社会です。圧倒的な力(力は物理的な暴力に限りません。情報による思想統制もあるわけです)を背景にした、恐怖による統治なのです。戦争はダメと言っても、奴隷解放戦争もダメなのですか、ということ。不幸な平和、という現実を直視しなければ…


関連する記事
コメント
ミュージカル、レ・ミゼラブルは、日本で、とても人気があり、集客力が高いらしく、何年かに一度は公演されています。今年も、帝劇を始めとして、全国四ヶ所で上演されるようです。帝劇のS席のチケットは1万4千円ですが、チケットサイトでは10万くらいで出ています。S席もピンキリで同じ価格設定なので、こうした、だふ屋現象が起きるのも無理ないかと思いますが、B席が、一万四千円で出ているのは???です。前回も、その前も観ましたが、有名な、「民衆の歌」には鼓舞されます。キャストが次第に複数になっているものが多くなってきているので、誰が演じるかによって、演技も歌唱もその力量に差があり、変わってしまう、それは舞台全体の評価が変わることになります。デモにも、長い歴史がありますから、日本のデモとは違うのは当然なのでしょう。
  • N.Yamamoto
  • 2019/04/22 8:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 今日の雑感
    N.
  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
    N.
  • 候補者
    N.
  • 冷夏?
    N.
  • Nintendo Switch Lite
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 事実こそ重要
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 意見と議論
    N.
  • 本因坊文裕が防衛!
    管理人

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM