えげつない商売

一昔前に流行った(?)ネトゲ廃人は、主にPCのMMORPGで時間を膨大に浪費して人生を狂わせる、というものでした。今はその種の廃人は少なくなっているでしょう。MMORPG自体が下火だからです。それに代わって、スマホのガチャゲーが猖獗を極めています。これは金銭を膨大に浪費して人生を狂わせるもので、ガチャ廃人とでも言うべきでしょうか。もちろんPCのMMORPGでもガチャがあるものもあり、スマホのガチャゲーでも時間がかかるものもあるでしょう。しかし、どちらが主かは違うと思います。えげつない商売として、より短時間により高額の金銭を使わせる。そういう「進化」なのです。やれやれ…

ただ、酒も人生を狂わせる代表的なものですが、禁止されていません。そこをどう考えるかです。オールオアナッシングでは機能しないのが人間社会というもの…


関連する記事
コメント
日本はお酒に寛容な社会ですよね。時代と共に変わってきてはいるようですが、まだまだお酒というか、正確には飲酒した方の言動に甘く、看過する傾向が強いと思います。アルコール依存は、心理的と身体的なものがあり、身体的な依存になってしまうと、薬物依存と同じで、本人の意志の強弱とは関係なく、離脱症状で、飲まずにはいられなくなるのですから、どうにもなりません。体内にアルコールが一定量入っていれば、傍目には、温和で優しく大人しい人に見えます。切れてくると、顔つきが険しく不快そうで苛立っているように見えます。亡くなったどちらかの宮様は、アルコール依存を公表し入院もされましたが、宮様に限らず、退院して普通の社会に戻れば、いつでもアルコールが飲めるわけで、元のもくあみです。入院中に断酒していたに過ぎないと私は思っています。タバコは、何年か前に、動物実験段階ですが、一度もニコチンが体に入ったことのない状態にする薬が開発中と読んだことがあります。これまでの禁煙の薬とは全く異なるのだとかいてありました。私を含め、一度もタバコを吸ったことがないと、ニコチンが入ってきても、快いと感じないそうです。吸ったことがなくても、受動喫煙をしたことのない人はいないと思います。目の前で喫煙されなくても、例えばその場にいた家族が帰宅したり、会ったりすると、その家族の髪の毛や衣服から、受動喫煙することになるとか、、、蛍族も、今は昔、近隣への受動喫煙になるのでNG。お酒の方がいろいろなハラスメントに繋りそうですから、タバコ同様に厳しくして頂けないものでしょうか。
  • N.Yamamoto
  • 2019/01/05 8:30 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM