近時の雑感

ゲームでパッケージ版を買うかダウンロード版を買うか。もちろん昔はパッケージ版しかなかったわけで、管理人のような世代からするとパッケージ版が原則という感覚になり、パッケージ版の優位点━━安くなる、コレクション性、保存用メディアが不要━━を考えてしまう。ところが今の現実はどうか。例えばSteamでは、定期的に安売りが行われ、それも1割2割ではなく5割6割それ以上といった大幅な割引である。コレクション性は入替えの面倒さをもたらす。PCなら今時のHDDの容量は問題ない。Switchでも、SDカードは512Gといった最大の容量なら高くても128Gといったほどほどの容量なら安いのだ。そしてゲームの大きさはせいぜい数G程度のものがほとんど。安売りも定期的に行われている(発売直後の安売りならパッケージ版より安いわけだ)。入替えの面倒さは言うまでもない。そうしてみると、ダウンロード版が原則の時代になったのだろう。パッチや追加コンテンツが多いゲームはその部分は「ダウンロード版」なわけである。まあ管理人は多くのゲームを買うわけではないのでパッケージ版でも支障はないが、時代の変化・技術の進歩を感じるところである。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM