第1局

いよいよ昨日から始まった棋聖戦第1局。井山裕太に挑戦するのは山下敬吾。握って、黒番山下・白番井山。

8手目、これはなんだ。AI手とのことだが、まったく昔では考えられない。しかし管理人は打ったことがあるような気がする。もちろん手数が進んでからのことなので意味合いが全く異なるが…封じ手は強硬なオサエ。しかし黒はこんなに最小な生きでいいのだろうか。一方の白も生きていないからいいのか…黒が左辺をツメて囲った時の白の下辺のノゾキからの荒らしが圧巻。本当に必然なのか、最後は下辺の黒を取って白中押し勝ち。

井山、封じ手の長考はまた悪い癖が出たと思ったが、年末年始で休養して棋力横溢なのか。菫ちゃんに思わされるところがあったのか。思う存分に打ち回しての快勝だ。山下、いつも言うが全国少年少女囲碁大会小学生の部の最年少学年優勝記録保持者の二人、どこまで行っても挑戦者で井山の立ち直りの踏み台になる運命か…丈和に対する幻庵か。それもまた囲碁史に名を刻む所以か…


関連する記事
コメント
思われるところが多々おありの第1局だったようですね。AI手というのがあるんですか。
  • N.Yamamoto
  • 2019/01/11 9:12 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM