ELN

本日のELNは「オンライン上の知的財産権等の企業や個人の権利を誰が守ってくれるのか?」と題して、イタリア弁護士の方とNippon文化協会理事のイタリア人の方とテレビせとうちの方の3人のご発表。iModeが1998年でもう21年も前とは…DSが2004年でここから子供もネット接続が容易に。その子供も15年でもう大人です。デジタル化で海賊版も様変わり、アニメも膨大な数がネットで見られる。例えば名探偵コナンも全話見られる。日本のコンテンツを早く見たいというのが根底にある。模倣品も、例えばベアリングの模倣品が非常に多い。中国で製造される。実市場で対策すると売上が上がると。つまり模倣品が膨大な数で出回っている。そしてなりすまし。例えばアシックスのオニツカ云々、本物になりすましたウェブサイトを作り、堂々と売っている。そして、海賊版についてはメディアの意識が低い。
やれやれ、日本はやられ放題である。戦わないと何も得られない、逆に奪われる。それが現実である。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM