一力遼がNHK杯で優勝!

一力が決勝で井山を破って優勝。そもそも決勝までも「寺山→黄→余→許」と、破ってきた相手にザコがいない。非常に立派な優勝である。一力は同年齢時の井山、そして同年齢の許と比べ続けられてきた。許は突破力があるが一力は安定感がある。一力に足りないのはあと七大タイトルだけであるが、それも時間の問題だ。井山も立派。第一人者の大切な役割の一つ、それは次の第一人者に倒され、その踏み台となることである。次は七大タイトルでそれを果たすことになるだろう。坂田がチクンを鍛えたように、張栩が井山を鍛えたように、井山が一力を鍛えているのである。井山もNHK杯は三度目の正直で優勝できた。一力も三度目の正直で優勝である。なお一発回答で最年少優勝記録を持つ伊田は管理人が特に気にしている棋士だが、瞬間最大風速は凄いが安定感に欠ける結城ポジにおさまる感じである…伊田は結城を見て、強烈な努力をして上を目指せ。依田や結城は井山でさえできないNHK杯三連覇を果たしているが、天下を取ったわけではないのだ。


関連する記事
コメント
次の第一人者に倒され、その踏み台となることも、第一人者の大切な役目、あらゆる分野、世界でいえることですね。辛い役目だと思います。同時に肩の荷がおりる時でもあるでしょう。
  • N.Yamamoto
  • 2019/03/24 11:46 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 今日の雑感
    N.
  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
    N.
  • 候補者
    N.
  • 冷夏?
    N.
  • Nintendo Switch Lite
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 事実こそ重要
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 意見と議論
    N.
  • 本因坊文裕が防衛!
    管理人

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM