寿限無

「寿限無寿限無五劫の擦り切れ…」と続く、落語「寿限無」に出てくる名前。管理人は小学校一年生の時に親が買った落語の本に載っていたのを読んで覚えましたが、幼い頃に覚えたものは忘れない。年配の方に聞いても、昔のことはよく覚えているが、最近のことは覚えていない、短期記憶が衰えているとのこと。思うに、枕草子、源氏物語、平家物語、方丈記、徒然草。このあたりの冒頭一文を言えるだけでもだいぶん違うでしょう。


コメント
何?この漢字の羅列は?と思って読んだら、あの落語の!と思いだし、驚きました。落語の本等与えられたことも、読んだこともなく、私は(弟も)耳から音で覚えたんです。ですから今の今まで頭の中には平仮名しかありませんでした。家庭環境の違いは大きいですね。枕草子、源氏物語、平家物語、方丈記、徒然草、、これらは、授業で暗記させられ、ちゃんと覚えているか一人一人口述や、定期試験で確認されたものが殆どです。本当に人間、昔覚えたものは忘れないんですよね。認知症は、短期記憶の低下に始り、記銘力障害は、中核症状でもあります。先日読んだものに、以下のような譬えで書いてありました。人間の記憶は壺の中に生まれてから子供時代、大人になっても次々と入っていく。認知症になると、壺は口から割れていく。壺の上のほうの記憶は壺からこぼれ落ちてなくなっていく。壺の口に近いものに入っていた記憶は新しいものだから、新しい記憶から忘れていくと。壺のしたの方にある記憶はなくならないので忘れない。と。何度も同じことを言うのは、言ったことを覚えてないからですから、聞くときははじめて聞くような態度で接することが必要です。同じことを繰返し聞くのは、聞いても割れて壊れている壷には入らないからです。孤独と不安の中にいるのですよね。こうした、なぜ?の理由が医学的研究により検証された結果として、あまねく世に周知徹底されれば、認知症への、差別や、偏見や、虐待が減ると思うのですが。誰もがなりうる脳の病気だと言うことも念頭に置いて、何人も障害の有無にかかわらず意志を持っていること、尊厳は等しく尊重されなければならないこと。法律の制定により、色々な法律群は改正されていることを、片手間職業後見人がみな更新するようにしてもらいたいと思います。
  • N.Yamamoto
  • 2019/03/25 10:13 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 今日の雑感
    N.
  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
    N.
  • 候補者
    N.
  • 冷夏?
    N.
  • Nintendo Switch Lite
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 事実こそ重要
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 意見と議論
    N.
  • 本因坊文裕が防衛!
    管理人

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM