攻撃と反撃

攻撃すれば、反撃される可能性がある。もちろん、どちらが正義かは関係ありません。物理法則(作用反作用の法則)のようなものですから。攻撃する時、反撃される可能性を考えるのが大人というものです。想定される反撃に対し、どのように防御するか。そこまで考えてから攻撃するのが、成熟した大人というものなのです。そもそもその攻撃、あなたの人生に必要なのですか?


コメント
全く相手にされないで、話し合いも行わないで年月ばかりが無為に過ぎていき、物事が既成事実化されていく、、了解していると見なされてしまうと言った状況になると、成否はさておき、行動を、攻撃を、起こさないと一生悔いが残ると思ったりします。
この場合の攻撃は、相手の振る舞い、行動に異を唱えることを意味しているからです。何の反論もありませんでしたと後から言われることだけは避けたいと言う気持ちから行っておかなければと思う訳です。攻撃も反撃もエネルギーが必要ですし、攻撃されれば相手もストレスフリーではなくなります。理不尽な相手をストレスフリーのままにしておくのは許しがたいです。こちらはストレスかかっていて、相手はないというのは不公平です。攻撃して、防御云々はまともな相手の場合に考えることではないかと思うんですよね。
  • N.
  • 2019/06/10 6:32 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 今日の雑感
    N.
  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし
    N.
  • 候補者
    N.
  • 冷夏?
    N.
  • Nintendo Switch Lite
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 事実こそ重要
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 意見と議論
    N.
  • 本因坊文裕が防衛!
    管理人

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM