決算

任天堂の決算発表で、2019年3月期のSwitchの販売台数は結局1,695万台だったと。下方修正した予想1,700万台も下回ったわけですが、前期が1,505万台なので右肩上がりではあります。これをどう評価するか微妙なところですが、そもそも2,000万台という当初予想が高過ぎたのは明らか。ただ、上場企業が自ら発表した予想ですから、それを大幅に下回ったら叩かれるのは当然。株価に影響するのですから。やはりLaboがあまりヒットしなかったのが想定外だったのでしょう。今期はいよいよポケモン本編が出るわけで、それに伴いSwitchの新型も予想されています。ハード発売の3年目、ここから大きく伸びるか停滞するか、まさに正念場です。予想は1,800万台としているのもまた評価が難しいところですが…

なお3DSは前期が640万台で今期が255万台で来期予想が100万台と、明確に寿命を迎えつつあります。ハードの数はソフトが売れる土台の数ですから、根本的に重要です。3DSとSwitchを足すと、前期が2,145万台で今期が1,950万台で来期予想が1,900万台。任天堂のハードの数という観点からは、右肩下がりなわけです。右肩上がりにしなければ…という焦りが当初の2,000万台予想だったのかもしれません。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM