近時の雑感

世論は何とでも誘導できる。世論調査の結果はどうとでもできる。世論調査の結果に従うべきなら、政治課題は全て世論調査で対策を決めればよいのである。政治家は必要でも国会議員は不要となる。なぜインターネット時代にそういう国が現れないのか。そもそも、どれほど啓発運動をしてもオレオレ詐欺被害も消費者被害も減らないのである。その被害者と同じ人が世論調査の回答者なのである。世論調査が外国によって動かされる、その外国は「世論主義国」どころか民主主義国でもないのである。


関連する記事
コメント
おっしゃる通り、世論はどうにでも誘導できると思います。マスコミの扱い方でも変わるでしょう。無作為で選ばれた何歳以上何歳までの男女、抽選みたいなものだから、その回答に偏りはないと言っているかのようですが、回答率100%ではありませんし、質問と、それにたいする回答の選択肢の表現にも誘導はあるように思います。人の気持ちは、変わるものですから、昨今のニュースで取り上げられてきたいくつかの大きな問題も、最初の頃と今では、『世論』は変わっています。オレオレ詐欺の被害者だけでなく、加害者も国民ですしね。自治会の掲示板に貼られている警察のポスターが新しくなりました。
警察、大手銀行、を名乗るキャッシュカード詐欺が増えているとのこと。
あなたのカードで高額の買い物がされている、キャッシュカードを止めなければなりらない。暗証番号を教えてください。
カードの情報が漏れている。カードを自宅まで取りに行く。ポストに入れておくように。
警察、銀行は日本人はずっと信用してきました。よく考えれば、どんな立場のひとであれ、暗証番号を教えることなどあり得ないことなのですが、警察、銀行と名乗られたら、冷静でいられるかどうか。留守電にすること、用件を聞いて切ること、とありましたが、できるでしょうか。
  • N.Yamamoto
  • 2019/05/14 5:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM