今日の雑感

「美味しんぼ」でアメリカ人が作り方をカリフォルニアで学んで作った豆腐の方が、日本人板前が日本で使っている豆腐より本物の豆腐だった、という話については以前書きました。日本語も、日本語教師から学んだ外国人の方が、何も学んでいない日本人より正しく使っている、ということはありがちなのでしょう。


関連する記事
コメント
美味しんぼ!懐かしいアニメであり、コミックですね。
炒飯対決が記憶に残ってます。一口食べて美味しいと感じるのは、味が濃すぎるから、最後まで食べると美味しいと思えない、本当に美味しいものは、食べ終わった時に美味しいと感じさせる味付けだとかありました。
お豆腐も、日本のものでも様々ですが、お豆腐とは?真の日本のお豆腐とは?から入るアメリカ人の板前さんの、染められてないものが究極的で美味しいのもわかります。
日本語教師は、確かに正しい日本語を教えるのでしょうね。
それは、言語としての日本語の特殊性や、国語学を踏まえているのだと思います。
ただ、普通の日本人と話すと、文法的に正確な日本語を話す外国人は浮いてしまうかもしれないと思ったりします。
言葉の意味が変わってしまって、わからない通じない今の日本語に苦渋されるかもしれません。
  • N.
  • 2019/07/08 9:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 第4局
    管理人
  • 第4局
    名無し
  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM