第2局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第2局、黒番芝野・白番張。

この碁は芝野のシノギが素晴らしい。白の勢力圏で分断されてかなり危険に見えたが、まず一つをシノいで、張がもう一つに狙いをつけても芝野は平気で地を稼ぎ、猛攻も読み切っていたか、もう一つも鮮やかにシノいだ。黒中押し勝ち。

芝野、これだよこれ。前局は張の幻惑手に幻惑され若さを露呈してしまったが、今局は落ち着いて打てた。落ち着いて打てば張は芝野の敵ではないということは、前局の二日目午前までで示されていた。これで張は井山に王座戦でやられたのを思い出す、地元での惨敗。これは芝野が4-1奪取で未成年名人の誕生だ(井山の名人奪取も「負け勝ち勝ち勝ち勝ち」だった)。数年で芝野一強時代になってもおかしくない。くどいようだが芝野は格が違う。幻惑手に幻惑されなければ誰にも負けないのだ。井山のような敢えて危ない手を打つ「遊び」をしない落ち着いた精神が素晴らしい。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM