第2局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第2局、黒番芝野・白番張。

この碁は芝野のシノギが素晴らしい。白の勢力圏で分断されてかなり危険に見えたが、まず一つをシノいで、張がもう一つに狙いをつけても芝野は平気で地を稼ぎ、猛攻も読み切っていたか、もう一つも鮮やかにシノいだ。黒中押し勝ち。

芝野、これだよこれ。前局は張の幻惑手に幻惑され若さを露呈してしまったが、今局は落ち着いて打てた。落ち着いて打てば張は芝野の敵ではないということは、前局の二日目午前までで示されていた。これで張は井山に王座戦でやられたのを思い出す、地元での惨敗。これは芝野が4-1奪取で未成年名人の誕生だ(井山の名人奪取も「負け勝ち勝ち勝ち勝ち」だった)。数年で芝野一強時代になってもおかしくない。くどいようだが芝野は格が違う。幻惑手に幻惑されなければ誰にも負けないのだ。井山のような敢えて危ない手を打つ「遊び」をしない落ち着いた精神が素晴らしい。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 23日
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM