こんなに面白い 世界の囲碁ルール

「こんなに面白い 世界の囲碁ルール」(著:王メイエン、発行:日本棋院、2019年4月30日)は大変有意義な本である。定石や布石の本はすぐに古びるが、これは囲碁ルールの問題の所在を明確にした「基本書」として広く長く活用されるべきである。管理人は既にメイエンの囲碁ルールの解説を他の本で読んでいるが、新たに知った事実も多い。中国が囲碁ルールの統一を目指しているという覇権主義、これは問題である。これに対するメイエンの「囲碁ルールは既に統一されている」という指摘は鋭い。AIによりコミは6目半が唯一の正解であり最終結論であるが、それにできない中国ルールは致命的な欠陥を備えている。これは管理人が以前書いたことだが、メイエンも指摘している。収後というかつて行われていた処理を復活させれば対応できるとのことだが、なぜ中国はそうしないのか。また、中国ルールは半コウで違和感が有り過ぎる。ダメが1目(コウ材)になるとか、あまりにも異常である。セキの目の部分を数えられることは知っていたが、セキを壊す場所も数えるとは、違和感どころの騒ぎではない。応氏ルールなどそれ用の碁笥碁石が無いと使えないとか論外だが、日本ルールも取らず3目が既に平成元年に解消されていることは周知すべきである(管理人は知っていたが、知らない人も多いだろう)。その他、等子比空とか棋譜として無茶苦茶だし、公空細分とかおよそ実用ということを無視している。時間で目数を買うとか絶句ものだ。そもそもスーパーコウルールで同形反復系の無勝負は全て論理的に明快に解決するが、それ人間が対応できるか?…人間が楽しむための囲碁なのである。巨大墓場のことなど考える必要は無い。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM