近時の雑感

一難去ってまた一難、それが弁護士の仕事である。ここに言う「難」とは依頼者が困難な状況にあってそれを相談してくるという意味であるが、弁護士自身に生じることもある。ぶっちゃけありえない、そういうことだって起きるのである。弁護士は本質的には個人事業主であり、自分の考えと判断で行動するものである。雇用され固定給を(資格手当も?)もらう弁護士は、社会に有益な存在であるのはともかく、本質的には弁護士というより法律技術者であろう。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM