即位礼正殿の儀

前回は高校生で神戸にいたのであまり実感がなく詳しく覚えていませんが、今回は東京。東京だと現場と天気状況が同じなわけです。朝からずっと大雨で暗かったのが、午後1時の高御座でのお言葉が始まる直前(これは本当に直前で、少し前の時点の貴賓が待っているところを屋外から映しているTV映像でははっきり大雨がTV画面全体を覆っていました)に雨がやみ、明るくなってきました。これは東京に住んでいれば自分の部屋が(外からの日差しで)どんどん明るくなっていくのを同時進行で体験したわけです。「あれ、雨がやんで明るくなってきたぞ。雲の間から青空も見える」と思ったものです。ニュースによると虹が出たとか。雨が上がって晴れれば虹も出るでしょう。そして、お言葉からの一連の儀式が終わったら、また曇ってきて暗くなりました。これは東京にいた大勢の人が全員、同時進行で同じ体験をしたのです。当然ながら、そこに虚偽や作為が入り込む余地は全くありません。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 第4局
    管理人
  • 第4局
    名無し
  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM