不自然な事実

簡裁では物損のみの交通事故の事件が多い。原告被告の主張の差は、せいぜい数十万円であり、十万円程度しか開きが無いものもある。ドライブレコーダーや防犯カメラの動画が無ければ、事実認定の段階で主張が対立することもままある。その場合は、原告と被告の主張のどちらが「事実らしい」かで判断せざるを得ない。世の中、不自然な動きをする人はいる。しかし、不自然な動きと自然な動きとどちらを事実と認定するかとなれば、証拠が無い以上、自然な動きを選ぶことになる。簡裁の原告被告に嘘をつこうとする人は少ない。その人の主観(記憶)においては、たとえ不自然でもそれが事実なのである。ただ、不自然な事実を裁判所に事実と認定してもらえるためには、それなりの証拠が必要となる。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 第4局
    管理人
  • 第4局
    名無し
  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM