弁護士情報提供ウェブサイト

日弁連の「弁護士情報提供ウェブサイトへの掲載に関する指針」については以前も書きました。債務整理(借金問題)系に多いですが、それ以外もあります。法律事務所を紹介するウェブサイト、いっぱいありますよね。いかにも公平に法律事務所を調べてその中から良い法律事務所を見つけたかのような体裁で記事にする。その法律事務所がいかに良いかを。しかし、そういう記事は間違いなく、ウェブサイトの運営者と法律事務所が結託してやっているステマです。つまり、ロクな法律事務所ではないのです。記事の内容自体が不適切なものもあります。例えば、債務整理系なら処理としては破産が原則です。破産すれば借金はゼロになるのですから。しかし、弁護士が儲かるのは任意整理(単なる分割返済)です。もちろん、債権者(消費者金融)は任意整理の方が得。当然ですよね。すると、破産よりも任意整理を勧める法律事務所は何でしょうか。依頼者に損をさせ、自分が儲ける。それを超えて、消費者金融と結託している可能性すらあるのです。だいたい、個人の自己破産は法テラスに行くのが最も安上がりなのです。そこを誤魔化すのは不誠実だと思いませんか?

弁護士の業務は依頼者と直接会って話すことが重要です。弁護士に依頼したのに弁護士と会えない、電話だけ。そして裁判所に来る弁護士は電話した弁護士と違う…それは異常なのです。ただ、弁護士に依頼するのが一生に一回であれば、異常であることに気づきません。受任時に弁護士に会えない法律事務所、最初に話した弁護士と違う弁護士が裁判所に来る法律事務所。ロクでもない法律事務所です。でも、あなたがそれでいいならそれまでのこと。自由競争・市場原理ですから…


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 第4局
    管理人
  • 第4局
    名無し
  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM