第2局/河野臨が棋聖戦の挑戦者に

本日打たれた王座戦第2局、黒番井山・白番芝野。

この碁は流れとしては芝野が手厚く打って模様を広げて、そのまま押し切って勝ったら芝野の名局、井山とは格が違うということになるところだった。それを井山が先に4目を取らせる大損をして渾身の大石取りかけ、結果はどうやら二手寄せコウらしい。むしろあの状況から曲がりなりにも手になるのかと驚いたが、さすがにかつての棋聖戦の張栩と山下の再現とはならなかった。黒中押し勝ち。

芝野、本来なら勝ち碁のはずだが、まだ緻密さが足りない。これが若さか…。井山、踏ん張った。これで天元戦も王座戦も1勝1敗。明後日に向けて、さらには年明けの棋聖戦に向けてやる気も高まった。

ところで一昨日、その棋聖戦パラマストーナメントの決勝第2局で河野が一力に勝ち、挑戦者となった。一力、許のみならず芝野にも先を越されて、ここで棋聖戦の挑戦者になるしかなかったし、あと1勝まで来ていたのに、どうやら優勢の碁を落とした模様。これも若さか…。河野は井山に対して番碁では七番だろうが五番だろうが2勝より多くも少なくもないだけ勝つ男。今回は果たしてどうなるか。井山は名誉称号を二つ増やして迎え撃つべし!


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM