マスコミ(特に地上波テレビ放送)に出る人は、どんなことがあっても絶対にマスコミを批判しない件について

なんだか沢尻とかいう(管理人はよく知らない)人物が薬物事犯で逮捕されたことが、安倍政権の「桜を見る会」問題からワイドショーの(?)話題をそらすためである、と言う人がいるようですね。まったくもって愚かな言説で、それは「桜を見る会」問題で政権打倒を叫ぶ野党の幼稚さと通底しています(政権打倒は国家の重大問題でやれよ…例えば消費税とかTPPとか)。沢尻とかいう(管理人は名前を聞いたことがある程度の)人物が逮捕されたからといって、ワイドショーはそればかり報道する義務など全くないのであって、ちょっとだけ触れてあとは「桜を見る会」問題をやっていいのですから。ワイドショーが沢尻とかいう(管理人にとってはどうでもいい)人物の問題ばかり報道するとしてもそれはワイドショーの勝手であって、ワイドショーがそうするとすればそれは視聴率が稼げるからでしょうが、であれば国民にとって「桜を見る会」問題など沢尻以下の些末な問題ということなのですから、報道量が減ったからといって何も問題は無いのです。

もし批判したいなら、沢尻などという些末な問題に多くの時間を費やすマスコミを批判しなければなりません。「沢尻なんか5分でええやろ。もっと桜を見る会をやれ!」と。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM