第3局

本日打たれた王座戦第3局、黒番芝野・白番井山、黒の1目半勝ち。
うーん、やはり時代が動くのを止めるのは何人をもってしても無理か…第2局は名人戦第1局と同様の、芝野が相手を見切るための1敗だったか。ここまでの大フリカワリを細碁でキッチリ残す、明らかに井山の上を行っている。芝野時代はもう来ている。ここから芝野に連勝は、世界のどの棋士にも無理な空気がある。芝野虎丸、まさに呉清源のような神韻漂う風格を醸し出し始めている。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM