ブキ選択

直接的にも間接的にも収入に結びつかない行為は全て遊びです。遊びは楽しいからするのであり、それ以外の理由はありません。その遊びにおいて損な行為であっても、それが楽しいならそれが「正義」なのです。例えば囲碁はプロを目指さない者にとっては遊びです。互先の黒番初手天元は昔から損な手と言われてきたし、今はAIで損な手と判明しています。それでも初手天元が好きで互先の黒番では必ず初手天元を打つアマがいたとして、それに何の問題もありません。それが楽しくてそうするのですから。アマは腕前の差は置石で互角の条件にしてから打ちます。初手天元でなければ六段なのに初手天元に拘るから五段で打つことになっても、何の問題もありません。遊びですから。五の五でも大高目でもブラックホール布石でも同じ。だいたい、それらの損な手にアマが適切に対応できるかというと、実際にはできません。プロでさえ難しく、AIでようやく対応できるのです。イカは全91種類のブキがありますが、レプリカとスコープを実質的に同じブキとすれば全82種類。運営によりSP減少量の差で明確に「強ブキ:8種類」「準強ブキ:18種類」「並ブキ:56種類」と区別されています。カンストを目的とするならブキは強/準強の26種類から選ぶべきでしょう。しかしイカも遊びです。目的は楽しむことしか有り得ず、自分が楽しいと思うブキが自分が選ぶべきブキなのです。それが並ブキでも。実際には並ブキでも活躍できるし、強/準強ブキならSになれるのに並だからAに留まるとしてもプレイが楽しければ何の問題も無いし、それで他のプレイヤーに迷惑をかけているわけでもありません。普段からその並ブキを使ってそのウデマエなら、そのウデマエに相応しいだけのプレイングができているということですから(大会で優勝を目指すとかはプロに相当するでしょう)。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM