5G

本日のインターネット法律研究部研究会は「5G(第5世代移動体通信)の光と影−新たな電磁波曝露をどうとらえるか−」と題してNPO法人市民科学研究室の上田氏の講演。放射線、可視光、電波。これらは周波数が違うだけで一繋がりのもの。20年近く前の東京タワーの周囲の電磁波の計測で色々なことがわかった。東京タワーはアナログ電波、スカイツリーはデジタル電波。強さは3分の1くらいに。日本は電波防護指針。基地局の近くでも指針の何千分の1というくらい。だから安全に思えるが…疫学調査の結果もはっきりしない。健康被害を示せない以上、裁判も負けている。5GはAIという脳とIOTという手足を繋ぐ神経。5Gを何に使うかは多岐に亘る。ただ、経済効果の予想額は盛っているのではないか…まあそれはそれとして新たなビジネスが期待できる。しかし様々なことに使うなら電磁波の影響は…基地局の数が足りないという問題が。アンテナ業者は日本は3社の寡占。窓に貼るテープのようなものが。信号機や電柱にも色々と。その他諸々。iphoneを使う時は耳から1.5cm離して!?

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM