国選弁護人の解任

刑事裁判の国選弁護人は読んで字の如く「国が選任した」のであるため、被告人がこれを解任することはできません(解任できるのは国だけです)。被告人が国選弁護人を辞めさせたいと思ったら選任者である国(係属裁判体)に解任を申し立てることになりますが、裁判体が応じてくれることはありません。これは被告人が最初から弁護人を望まず「職権選任」で国が勝手に(?)選任し国選弁護人が就いた場合も同様です。では弁護人も一緒になって(?)解任を申し立てたらどうか。先日、管理人は職権選任の国選弁護人で被告人の強い希望に応じて裁判体に解任を申し立てましたが、面接した裁判官からはっきり拒否されました。裁判所は「弁護人が就いた裁判」を実現させることを最優先課題としているため、国選弁護人が解任される(解任してくれる)ことは基本的にありません。なお、再審は「開かずの扉」と言われるくらいの「狭き門」であり、情状を理由に再審が行われることは、まずありません。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM