虚構と説得力

売れる話を作る作家とか脚本家とかは凄い才能である。虚構である以上、どんな「有り得なさそうな」話でも作れる。ただ、そこに説得力を持たせるのは難しい。説得力が無ければ面白くない。面白くなければ売れない。作る側としては、スポーツものなら大逆転勝ちの話を作りたくなろうが、例えば野球で0-10で負けていて9回裏2アウトランナー無しから11人連続ホームランで逆転勝ちという話を作るのは簡単でも、説得力が無い。大逆転勝ちというのは現実には起こしたくてもほぼ起こせないわけで、それを、起こしたければ簡単に起こせる虚構で起こしてなおかつ説得力を持たせる。これは至難である。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM