第2局

昨日から本日にかけて打たれた棋聖戦第2局、黒番河野・白番井山。

この碁はねえ…井山、序盤から中盤にかけて万全の横綱相撲、そのまま寄り切らなければならなかった。それが、ポカと見紛う意味不明手を打って局面は混迷。白の大石が取られる、取りません、取ってください、いえいえそちらこそ、といった意味不明なやりとりの結果、細かい流れでもまだ白に残っていた。白中押し勝ち。

河野は不調かもしれない。しかし井山も不調なのではないか。いや、好調過ぎて「わかりやすく勝つのでは面白くないから、敢えて複雑な手を打って遊ぶ」という悪い癖が、またぞろ出てきたのかもしれない。高尾曰く、井山の弱点は「強過ぎて勝手に転ぶ」こと。そこをなんとかして、このまま4-0で防衛してくれよ!


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM