コロナと「王殺し」

連日、コロナについて厳しいニュースが続いています。管理人の中高の同級生には医師が多いのですが、和歌山県の例の病院に勤務する医師もいて(陰性とのことですが)、脅威が身近に迫っていると感じざるを得ない状況です。日本ではフェーズが上がったとの話もあります。マスクは感染していない者がしてもあまり意味は無いというのは、感染者が咳をしてその正面にいてその時に深呼吸するくらいでないと感染者から直接に感染することはないため。一方、感染者が触れた場所(吊り革やドアノブ等)に触れ、その指で目や鼻や口を触れたら感染すると。なるほど医師にとっては常識でもそうでない者には具体的に説明してもらうとよくわかります。外では「首から上」を触るな、外から戻ったら石鹸等で丁寧に手を洗う。これが非常に大切です。

政権への影響が出てくる可能性も取り沙汰されています。桜の会とか公文書破棄とか検察官の定年の解釈変更とか、いちいち不適切であり違法でもあるのでしょうが、そんなことで政権は倒れません。高い見識を有する者も一票、無知蒙昧な庶民も一票。もちろん有権者の99%以上が後者です。それが民主主義の本質。大人の世界はプロの世界、プロの世界は結果が全て。政治家、特に最高権力者は最もそうなのです。「王殺し」を制度化したのが民主主義。結果として国民に被害が発生していない(ように感じる)なら、どんなに違法不当なことをやっても、国民は「王殺し」をしません。しかし、国民に甚大な被害が発生したら、それを防げたかどうか関係なく(「健康な後知恵」からは防ぐ道があったに決まっていますが)、政権は倒れます。倒されます。それが「王殺し」であり民主主義の本質なのです。

中共を見れば実に興味深い。人類史上最多の「自国民殺し」をした毛沢東を大陸の人民は支持しているし、政治的言論の自由の侵害を含め日本とは比べ物にならないほど圧倒的な人権侵害を現在進行形で行う習近平も大陸の人民は支持しています。習近平政権と仲良くする(国交を樹立し経済関係も活発な)世界中の国々も、習近平政権を支持しているのです。日本だけを見たら安倍政権が酷くても、世界基準からすれば所詮はボンボンがワガママに振る舞っているだけであり、大したことはやっていません。「世界が支持する」習近平がやっていることと比べる、それが世界基準です。その中共もコロナで「王殺し」が起きる可能性がある。それだから中共は(習近平は)必死にコロナの抑え込みをしているのです。管理人としては、少なくとも日本のコロナは、3月がピークで4月にはおさまることを期待するところです。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM