歴史的?

「コロナ意外と大したことない説」を目にすることがありますが、あの中共があれだけのこと(多くの大都市を封鎖して人民解放軍を投入し経済的にも党や習の威信にも大打撃)をして2,000人以上死んだと発表しているのです。これは中共のことですから実数より少ないことはあっても多いことはないでしょう。人口比で10分の1としても日本で感染症で3ヶ月で200人死んだら大変なことです。「いや普通の肺炎でも毎年このくらい老人は死んでるから大したことない説」も気持ちとしては支持したいのですが、あの中共が(ry

やはり全て「あの中共が(ry」で論破できてしまうのが残念です。大したことないのに中共があそこまでしませんよね。妙な例えですがパリ・コミューンやヴァイマル憲法制定も今から振り返れば歴史的事件ですが当時そこにいた大衆はそれほどとは思ってなかったのではないでしょうか。今のコロナ問題も東アジアにとどまらず全地球的に広がっていく流れが感じられます。中共一党独裁支配の大陸中国がどうなるか。世界がどうなるか。疫病蔓延で易姓革命、中国の歴史のパターンですよね…


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM