第2局

本日打たれた十段戦第2局、黒番芝野・白番村川。

右下隅のツケに下がりと左下隅の低い定石で芝野の余裕を感じる。固く打って十分という。上辺の捩じり合いは白の強引な俗手が通った理屈だ。中央右で発生したコウは巨大に見えて実は右上白にはワタリが残っていた。左下隅の白のシノギは流石プロだが黒に左辺で大威張りで生きられてしまったが…細かいヨセ合いが続く中、白が下辺右でハネて押さえさせてから置き、これは見事ではなかろうか。白2目半勝ち。

なんと、大介が虎丸に勝てるとは…虎丸は求道者型だからゴチャゴチャした勝負手は打たない。勝つときは淡々と勝つが、負ける時も淡々と負ける。まだまだ虎丸乗りだが、若さが出た一局と言えるだろう。名人戦第1局も若さが出た。王座戦も1局しか負けていない。これは虎丸的に想定の範囲内というやつだ。大介頑張れ!


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM