炎上芸人

管理人の中高の同級生には医師が多く、年齢からして各病院の中核的な医師として活動しています。コロナで話題になった和歌山のあの病院や兵庫のあの病院や自衛隊の医官にもいます。そういう同級生の情報網からコロナとの戦いの最前線の状況を知ることができます。はっきり言って厳しい戦いですよこれは。非常に危険な業務を文字どおり懸命に行う彼らには感謝しかありません。事件は現場で起こっていると言います。彼らの苦闘に思いを致さず、現場の深刻な状況も知らず、安全な場所で暖衣飽食カウチポテトしながら「コロナなんか大したことない」と言う「炎上芸人」が大勢います。コロナが大したことないと「錯覚」「誤解」できるのは、医療従事者の苦闘と多くの人の苦しい自粛のおかげなのに。まあ、炎上芸人はどの社会にもいるでしょう。言論の自由もあります。しかし、そういう発言をいちいち採り上げて「この人がこんなことを言いましたよ〜」と大々的に拡散する、例えばYahoo!Japanとか。以前も書きましたが、こういうメディアは炎上芸人と「共同正犯」です。メディアは注目されてナンボ、炎上すれば注目される。つまりメディアの本質は炎上であり、メディアは本質的に炎上芸人の同類なのです。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM