台数

一昨日の短信で、2020年3月期のSwitchの販売台数が2,103万台だったと。前期の1,695万台から大幅増である。予想の1,800万台も大幅に上回る、凄い数字である。やはりLiteの存在は大きい。次期の予想が1,900万台なのは強気なのか弱気なのか微妙な数字だが、世界は日本より遅れて売れる。今期を上回る数字を出すことが求められるし、それは可能と思われる。今年はXBとPSで次世代機が出る予定だが、それはSwitchにとって逆風どころか追風かもしれない。世界中コロナ禍で、高くて凄くて「暗い」ゲーム機を買う場合じゃないだろう。人々の心を暖める「あつ森」旋風が全てを制する。STADIA?…何ですかなそれは…


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM