徒然なる雑感

イカのS+99は囲碁で言えばタイトルに相当するだろう。S+99維持勢はタイトルを持っていて当然の芝野とか井山とか平成四天王とかのクラス、超一流棋士に相当する。S+99になったことがある勢は人生のうちで1回〜数回タイトルを獲ったことがある伊田とか山田とか結城とか彦坂とかのクラス、一流棋士に相当する。S+99になったことはないS+維持勢はリーグ常連だがタイトルは獲ったことがないクラス、一流棋士だがちょっと下の方に相当する。S+になってもすぐSに落ちる勢は人生のうちで1回〜数回リーグに入ったことがあるクラス、一流半の棋士に相当する。S+はS+としか当たらない(らしい)ので、まさにリーグの戦い。つまりS+昇格はリーグ入りに相当するのだ。S+は青天井でS以下と明確な差がある。1,000時間以上やり込んだ十代二十代の「超一流棋士」相手に打ち分け以上は現実的な目標ではない。現実的な目標は「リーグ入り」であろう。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM