近時の雑感

思えばスーパーマリオブラザーズが出たのは1985年9月13日、今年は35周年。当時5歳〜20歳くらい、つまり今の40歳〜55歳くらいが「FC直撃世代」である。FCは発売時点ではゲーム機として高性能だったが、当時はゲーム機の性能向上が急だったし、1990年11月にはSFCも出た。この35年の間、多くのゲーム機が出て、今のゲーム機の性能はFCの何万倍か?…それでもFC直撃世代にとってはFCこそが至高のゲーム機なのである。そして「FCでここまで!」というFCの性能を限界まで(場合によっては限界を超えて)使い切ったゲームに強く惹かれることになる(例えば、悪魔城伝説には強く惹かれてもSFCで出た悪魔城シリーズには惹かれない)。今の基準からすればFCのゲームはどれもショボいが、FC直撃世代にとっては、FCのゲームにも丁寧に作っていないショボいゲームと丁寧に人月をかけて高い技術で作られた出来の良いゲームの違いが厳然として存在する。後者の魅力は年月を経て弱まるどころかむしろ強まっていると言えよう、FC直撃世代にとっては。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM