インターネット法律研究部定例会

今日はようやく本年度最初のインターネット法律研究部定例会。ウェブ開催も検討しましたが、結論としては通常の形式で。「2018年下半期〜2019年上半期サイバー判例回顧、刑事事件・刑事手続」と題してG先生のご発表。大阪高判H30.10.4ながらスマホ交通死傷事故は、求刑禁固2年に対し禁固2年8月の実刑。検察は従来のながら運転の量刑相場で、裁判所は近侍の類似事案での量刑傾向を参考にした。手続保障上問題なしと。改正道路運送車両法と改正道路交通法ではレベル3以上の自動運転車ではスマホ見ててもいいよと。最判H30.12.3は勤務先のサーバから業務ファイルをDLしたことが不正競争防止法の営業秘密領得罪。まあこれは複製ファイルが膨大だしね…営業秘密領得罪は2009年改正で導入。不正の競争の目的で→不正の利益を得る目的で。旧法では競合他社に移籍して使われてようやく立証可能じゃないかと。千葉地判H30.8.30はGPS捜査の件。立法しろというH29最判の前の行為だが令状(検証許可状)は得ているので令状主義を没却するような違法性はない。横浜地判H31.3.27と東京高判R2.2.7は例のコインハイブの件。ウェブ閲覧者のPCのCPUにマイニング作業をさせるスクリプトを(無断で)埋め込んでいた。2011年刑法改正による不正指令電磁的記録作成等。反意図性、不正性、実行供用目的。原審は肯定、否定、否定。控訴審は肯定、肯定、肯定。突き詰めれば電気窃盗のような話か…

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM