一力遼が碁聖戦の挑戦者に

昨日打たれた碁聖戦挑戦者決定トーナメント決勝戦、張栩vs一力遼は、一力の4目半勝ち。羽根直樹碁聖への挑戦者は一力と決まった。一力は過去5回もタイトル挑戦して相手は全て井山で全てボコられた。それでちょっと休んでたら芝野が三冠に…この悔しさは本人でないとわかるまい。自ら勤務する会社が主催する棋戦で優勝すればおそらく(ていうか間違いなく)史上初だろう。そもそも一力は前期の挑戦者決定トーナメント決勝戦で羽根に負けて、羽根が許からタイトル奪取した。許は当然一力が来ると思ってたら(文字どおり?)虚を突かれたのだ。名人戦で張というロートルが1期だけ挟まったのと同じく、碁聖戦で羽根というロートルが1期だけ挟まったということになるだろうし、なるべきでもある。ロートルは意地を見せるも長続きはしないし、すべきでもない。令和三羽烏でタイトル未経験は一力のみ。奪取は至上命題である。なお村川はロートルじゃないんだから長続きして良かったんやで…


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM