今日の雑感

「花の慶次」は実に男臭い漫画。週刊少年ジャンプの1990年13号〜1993年33号まで連載され、最初の1年ちょっとは管理人は高校生だったので(!?)特に強く印象に残っています。名言が多いですが、地味に心に残っているのが「意地をはり通す自由は…斬り殺される自由と背中あわせ…」というやつです。そんなことも知らなかったのかよ、というのは多くの読者が自戒を込めて思ったのではないでしょうか。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM