8周年

8年前の今日はDQ10が発売された日。当時はWiiのみでしたねえ…オーガキッズという言葉も生まれました。当時12歳の小学生で始めた人もいたでしょう。その人は今20歳の成人です。MMORPGでは起きることとはいえ、長い年月同じゲームが続くことです。DQ10が特に凄いのは、維持費が高い(と推測される)こと。管理人がいつも言っている「世界は一つ」のメガサーバー。DQ10以外の全てのMMORPGは、世界が複数あるのです。同じゲームでも違う世界に所属したら、一緒に遊べないのです。世界中のMMORPGの中でDQ10だけ、たとえ100万人でも全員同じ世界に存在していて、一緒に遊ぶことが出来るのです。こういうサーバーが安価に用意できるなら、どの会社もやっています。ゲームデザインとしても「プレイヤーの全員が人間であり、かつ、人間でない」というのが本当に上手い。ver.1で5種族の5大陸から始まったのが、ver.2で人間の大陸に空間が広がり、ver.3で竜族の世界に次元が広がり、ver.4で過去と未来に時間が広がり、ver.5でついに魔界というDQナンバリングのストーリー終盤の定番へ。しかもなんとプレイヤーが大○○になるという衝撃の展開まで来ています。思えばDQ11はプレイヤーが勇者として大○○を倒すというDQの本道を集大成させました。DQ10はそれに対するアンチテーゼなのか…年季の入ったDQファンからすればこの先どうなるのかどうしても気になる、さすが堀井雄二です。ストーリー以外の遊び要素としても、カジノ・コロシアム・強敵・ハウジング・ドレスアップ・バトエン・大富豪…と盛り沢山です。別に全部やる必要は全くないのであって、自分が楽しい面白いと感じることだけやればいい。キャラクターの成長システムもシンプルイズベストな形に整理整頓されたので、やりたくない職業のレベルを上げる必要は無くなりました。何度消費税率が上げられても、30日1,000円(90日2,900円)は変わりません。スマホガチャゲーのような搾取は無い良心的運営です。コロナで自宅で過ごす時間が増えて持て余す日本人に最も向いているゲームと言えるでしょう(ただし「あつ森」を除き、かもしれませんが…)。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM