棋士序列

一力が碁聖を奪取したことを記念して、久し振りに棋士序列を算定する。大三冠=4p(挑戦者2p)、小四冠=2p(挑戦者1p)、棋聖Sリーグ=1.2p、名人/本因坊リーグ=1p、棋聖Aリーグ=0.6p、とする。七冠完全制覇で20p、これが「理論値」である。なお挑戦者にもポイントを割り振ることとした。結果は実に興味深いものだったのである…

1位:12.0p(井山裕太)

2位: 9.0p(芝野虎丸)

3位: 5.2p(一力遼)

4位: 3.2p(許家元)

5位: 2.2p(河野臨)

6位: 2.0p(羽根直樹)

7位: 1.6p(山下敬吾)

8位: 1.2p(高尾紳路・村川大介・張栩)

この下は11位の0.6pに蘇・余・志田・本木・依田・安達・大西の7人が並んでいる。今回の結果、平成四天王+河野、井山+村川、令和三羽烏、の「ビッグネーム」10人がそのままピッタリ過不足なくトップテンであった。この10人は全員タイトル経験ありだし全盛期の強さ的にはタイトルを持っていて当然である。その下の7人がロートル依田を除きタイトル経験なしなのと対照的で、はっきりここに強さの差、断崖がある。10人の順序も、井山━令和三羽烏━河野━平成四天王&村川、と全く「乱れ」が無い。トリプルリーガーは井山・一力・許の3人。令和三羽烏内の順序は、芝野>一力>許、となるが芝野は(驚くべきことに)棋聖Bリーグなのである。まあわずか半年やそこらでいきなり三冠になったため棋聖リーグ内での上昇がまだ追いついてないだけで、パラマスで挑戦者になってもおかしくない、というかなる可能性は高いと思うが。河野は常に「平成四天王の次」だったが平成四天王が勤続疲労で下落していくのに対して河野は疲労が無いものの、令和三羽烏が来た以上このまま天元三連覇だけで終わるとすれば悲劇の棋士である。管理人としては村川が井山の弟分のくせにこの若さで下落していくのは許さん。もっと踏ん張れ。あと伊田はどこいった?結城みたいに20歳代後半で下落してんじゃねーぞ!


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM