B級

「B級グルメ」という言葉があります。グルメに限らず、B級というのは庶民には魅力的な形容です。むしろA級より魅力的かもしれません。

ところで、十数年前から十年間くらい、MMORPGが流行っていたと思います。その頃は、いわばMMORPGの時代だったのです(DQ10はMMORPGの時代の末期から始まっているわけですが…)。MMORPGでは何が重要か。それは勿論、プレイヤー数です。当時の日本人プレイヤー数から見て、A級MMORPGの二大巨頭がFF11とROだったのではないでしょうか。そしてB級MMORPGの二大巨頭がMoEとマビノギだったと思います。懐かしいなあ…。これらは今でも続いていますが、今プレイして、当時のような楽しさが期待できるかというと…時代というものを感じざるを得ません。今でも新しいMMORPGはありますが、DQ10を含め、どんどん「MO寄り」になっていっていると思います。それは楽しくても、MMOとしての楽しさではありません。MMOとしての楽しさ自体、時代が作り、時代と共に去っていくものなのかもしれません。


調査の端緒

インターネットで得られる情報は、それを鵜呑みにするのは危険ですが、逆に言えば、「捜査(ならぬ調査)の端緒」とするにはこれほど便利なものはありません。どんな業界であれ、インターネットが無い時代の仕事のやり方は、もう想像もできないでしょう。


印象論

消費税は日々の買い物で嫌でも見せつけられ、目の前で取られる(支払う)ので、直接的である印象が強く、直接税。住民税等はいつの時点でかいつの間にかよくわからない形で取られている(天引きされている)ので、間接的である印象が強く、間接税。印象論とはそういうものです。


DQ11

DQ11の物語が並行世界なのか巻き戻しなのか、議論があるようですね。ただ、堀井氏が巻き戻りと表明したので、結論としては巻き戻りしかないでしょう。管理人も普通に巻き戻りと思って遊んでいました。そもそも、巻き戻りでないと「元の世界」の仲間は心情として全く救われないわけで…並行世界説では物語が根本から成り立たないでしょう。

ただ、並行世界説が出てくるのも当然な描写があるのもまた事実。主人公が「巻き戻る」時に仲間が「戻ってこい」のようなことを言うのは、誤解によるものと考えるほかありませんが、作劇上の誤導として反則スレスレに思えます。管理人は人魚の生死は枝葉の問題であり何とでもこじつけられると考えています(例えば、巻き戻りは描写として「最短距離」で「その時」に戻ったのではなく、一旦「最初」に戻ってから「その時」まで進めたところ、もともと巻き戻すことにしたのは「あの時、わかっていればああしたのに…」「やり直したい」という気持ちからであるため、同じくそういう気持ちを有していた人魚事件についても「やり直した」)が、賢者が過去に戻ったのに主人公の世界が続いているのはどう説明するのか…

管理人も自分で詳しく検証したわけではありませんが、どうやら主人公の際は「最新の」アレを壊し、賢者の際は「最新のものではない」アレを壊した、という描写のようです。敢えてそれを違えているのは、巻き戻りはアレ単位でしか起きないということ。従って賢者の際は並行世界となるのです。なお主人公は過去の勇者の子孫ではなく、そう思い込んでいた(間違って言い伝えられた)だけとなります。これも作劇上の反則スレスレか…では、二人には子がいた(勇者敗死後に産まれた)、ということで手を打ちますか。これもそういう描写が全く無いので苦しい限りですが…


平成の終わり

平成があと17ヶ月で終わることが決まりました。いつか終わるとしても、それが決まると感慨が湧くものです。小渕氏が「平成」を掲げたのを覚えています。そういう人は今後の新しい時代には年寄りとして扱われてしまうのか…。元号というのは文化ですから、不便という批判は当たりません。戦後、日本語を廃止して英語にしようという議論があったとか。文化を捨ててどうするのでしょう。そういう人に限って、少数民族の文化を保護せよと言ったりするのです。不便なんて、言語の違いが最大なのは明らかです。「不便論者」は、世界統一言語を作って(あるいは既存のどれか一つの言語だけにして)後は全て廃止せよ、と言うのですかね。世界の全員が同じ言語を使えば、便利この上ないですよ?


同い歳

同い歳というのは、それ以外に何の接点も無くても、意外と親近感が湧くものです。管理人が棋士の中ではキミヤンを応援するのも、そういうところがあります。さて現在色々と取り沙汰されている貴乃花、この人物も管理人と同い歳です。といっても詳しいわけではありませんが、馴れ合いを拒否するガチンコ主義とされている点は、非常に好感が持てます。それは茨の道。相撲界は常に八百長疑惑がある所です。相撲界に限らず、業界の「ナラワシ」を拒否して「正義」を貫く、これは大変なことですよ。言うは易く行うは難し。立派な人の行いは常にこれです。そして業界からバッシングされるのです。


数学者と消費者

派手に広告するということは、それだけ依頼が集まるということであり、そうすると1件あたりにかけられる労力や時間は少なくなります。派手に広告する費用の回収も必要です。別にどういう業界でも同じですが、広告の内容を素直に信じるというのは、かなり幼いですね。あなたが働いている業界の広告を見て、素直に信じますか?

数学者に関するジョークがあります。天文学者と物理学者と数学者がスコットランドで列車の窓から平原に黒い羊がいるのが見えて、天文学者は「スコットランドの羊はみんな黒いのか」と言い、物理学者は「いや、スコットランドの羊には黒いものもいる、というだけだ」と言い、数学者は(やれやれという調子で)「スコットランドには、少なくとも一つの平原が存在し、そこには少なくとも1匹の羊が含まれ、その少なくとも片面が黒い、というだけだ」と言った。この数学者の思考こそ、賢い消費者の思考なのです。


2017Winter 秋葉原電気街まつり

お買い物は、「Aマークの電気街まつり参加店」へ!《 2017 WINTER 秋葉原電気街まつり 開催! 》「秋葉原電気街まつり」が11月23日(木・祝)よりスタート!<開催期間/2017年11月23日(木・祝)〜2017年12月24日(日)まで>
―葉原電気街まつりオリジナルキャラクター「AKIBeAr(アキベア)」が冬の秋葉原の街を盛り上げます!
△気蕕縫フィシャルサポーターには「妄想キャリブレーション」が3度目の就任。秋葉原ディアステージから2013年3月にデビューしたアイドルユニット。みんなで夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドル!AKIBeArと一緒に冬の秋葉原電気街まつりを盛り上げます。
プレゼントキャンペーン 期間中お買上げ5,000円以上でプレゼント応募ハガキを配布し、抽選で100名様に『10,000円分お買物券』が当たる抽選キャンペーンを実施いたします。さらに、その場でもらえるアイテムとして、5,000円以上のお買上げで、秋葉原電気街まつりオリジナルキャラクター「AKIBeAr」の『オリジナルノート(A5サイズ)』をプレゼント。また秋葉原電気街まつり加盟店クーポンを配布!店頭にご持参で使えるお得な特典も掲載!!電気街を訪れる全てのお客様に、お買い物を楽しんでいただけます。詳しくは http://akiba.or.jp/denkigai2017winter/
冬の電化製品のお買いものは、やっぱり秋葉原電気街!秋葉原でお買い物をお楽しみ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遅ればせながら、例によって広告です(^^;


eスポーツ

本日のELNは「”今”のeスポーツを語る」と題して、梅崎氏が講師。成功のディレンマを強く感じます。日本は携帯ゲーム機とスマホが中心で、本当にブルーオーシャンなのか?…若者がテレビを見ないというのはそのとおりでしょう。テレビなんて年寄が若者を批判する内容とくだらないバラエティとかでしょ。若者が見て面白いとは思えません。eスポーツで動く金が億円がバンバン出てくる凄い規模です。冷静に考えて、テニスやサッカーと何が違うのとなると、何も違わないのです。衣食住に関係ないものは全て娯楽であり、人々が求めるものが栄えるのです。日本には法的課題、景表法とかがありますし。賞金の上限が10万円ではねえ。風営法に抵触する可能性も。世界ではドーピング問題まであるそうで…
それはそうと、賞金にせよ選手に直接支払うにせよ、ゲームメーカーが金を出す構図と。人気が出れば、客がアップデートに金を出してくれると。それであんな何億円何十億円。選手は広告塔と。テレビタレントと同じか。

AI

日本で最もAIに対する関心が強いのが囲碁界だと思います。AIが完璧でないという指摘は意味が無いのであって、なぜなら人間も完璧でないからです。人間より有意に「完璧に近い」ところまで行った時点で、AIは人間に取って代わるのです。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM