正直者が馬鹿を見る

正直者が馬鹿を見る。これは、今も昔も、分野・業界を問わずそうでしょう。ただ、インターネット時代になって、それが露骨に一般大衆に「見える化」されています。もちろんインターネット広告について言っています。インターネットにより、全ての人が全ての人に対する情報発信者になりました。それは「一億総誇大広告者」という危険を孕んでいます。誰しも、自分の所属する業界以外のことはよくわからないのです。すると、(ウェブ広告代理店が長年の研究と経験で到達しているその時点での最適解としての)小奇麗なウェブ広告、キャッチーなワード、それを選択しますよね。誇大ならまだマシなほうで、虚偽も多分に含まれています。

管理人は東弁で弁護士の広告をチェックする立場なので、「舞台を裏から見ている」状況です。ありふれた手法が、とっくに禁止されている手法が、多々存在してモグラ叩き状態なんですよね…。一般消費者のインターネットリテラシーを高めることも必要ですが、それには限界があります。ただ、典型的なものは「対応」してほしいところなのです。例えば、「〇〇センター」は、ダメです。そういうダメな広告を堂々と打っている弁護士は、「選んではダメ」な弁護士なんですよ。「全国対応」も「24時間対応」も「着手金なし」も、本当にそれを貫徹してるんですか?実態は??


横浜港連続殺人事件

ホテル N.G

(ホテル N.G)ここは ひのでさんがとまっている ホテルの まえだ。

 

M公園

(Mこうえん)よこはまこうをみおろす たかだいにある みなとのみえるおかこうえんだ。

 

Y公園

(Yこうえん)やましたこうえんに やってきたぞ。

 

中華街

(ちゅうかがい)ここが ゆうめいな ちゅうかがいだ。

 

スタジアム

(スタジアム)よこはまスタジアムだ。

 

氷川丸

(番外編)山下埠頭に入れないので、代わりに氷川丸でも…


悪い時は悪いなりに

薮田初回にいきなり打者一巡させた時は、こりゃ二桁失点やで、と思ったが、悪い時は悪いなりに試合を壊さないギリギリの所で踏ん張って味方の反撃を待つ。プロやでエースやで。謎の野手二人早期交代や、謎の?犠牲フライや、疑惑の?ホームランがビデオ判定でファールになるとか、色々あったが結果は快勝。本当に強いチームとはこういうものだと見せつけた。何年振りか考えるのをやめたが、日本一を頼むで!


名人リーグの結果

昨日、名人リーグの最終一斉対局が打たれました。リーグの最終結果は…

挑戦者:井山

その他残留:山下・村川・張・河野・黄

陥落:羽根・余・坂井

うーん、管理人の2016.12.04の予想は大ハズレです。管理人は挑戦者を山下と予想しましたからねえ…井山は2位と…結果は山下が2位だから惜しいかというと、「3ゲーム差」では惜しいと言うのは恥ずかしい。また、管理人は村川が陥落すると予想しましたが、村川に失礼だったか。坂井は期待を込めて残留としましたが、最下位陥落。陥落で当てたのは余だけ。やれやれ予想は難しい。そして、今期のような「挑戦者だけは鉄板」で挑戦者を外すのは大いに恥ずかしい。

それにしても、今期の混乱要因は羽根です。山下・村川・河野と残留組に3つも勝っていながら、余・坂井と陥落組に2つとも負けている。強いのか弱いのかワカラン状態です。


近時の雑感

政治家とかIT系ビジネスマンとか、過激で偏った言動をする人がいて、批判されますよね。でもあれ、一種の炎上マーケティングでしょう。意識してやっているのではなく、そういう人、つまり自己主張が激しく他人と違った考えを持つ、とにかく活動的な人。そういう人が、自ずと「人の上に立つ」ようになっていくのです。何事についても中庸で穏当なことを小声で話すような人は、「人柄が良い人」ですが、小市民として小さな幸せと共にひっそりと生活するのです。


DQ11

DQ11の発売2日間の販売本数が2機種合計200万本超とのニュース。昨今のご時世でこの数字は立派だと思います。最終的にはNSw版を含めて300万本を超えそうに思えます。そうなれば歴代ナンバリングと比べても遜色ありません。管理人もとりあえず買いました(3DS版)。のんびりプレイする予定で、DQ10のver.4開始までには終わるか…?というところです。


シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ・シリーズといえば知らない人はいません。しかし、作者のコナン・ドイル自身は、自らの作品の中で高く評価していなかったというのは面白いところです。シャーロック・ホームズ。架空の人物としては、世界で最も知名度が高いのではないでしょうか。これより知名度が高い架空の人物は思い浮かびません。世界中の老若男女、国籍や人種や年齢や性別を問わず、あらゆる属性を含めた中での知名度ですからね。作家・小説家なら、これほど高い知名度を獲得することができればそれ以上の喜びは無いでしょうし、ある意味、作家・小説家としての最高到達点かもしれません。

このようなことは、他の分野でも生じていると思います。黎明期の第一人者からすれば「もっと他のこと(その時点で世間的に高く評価されること)で評価されたいのに…こんなこと(その時点で世間的に高く評価されないこと)で評価されてもなあ…」という、素直に喜べないことが、一世代後からは手放しで喜ばしいことになる。それはその黎明期の第一人者の作品自体が、その分野の世間的評価を飛躍的に高めた結果なのです。


予定どおり

本日、予定どおり、gooブログの「貧乏庶民の法的思考2」を閉鎖(削除)しました。いつまでも残しておくべきものでもないですし、同じデータがインターネット上にあると、こちらが「コピペサイト」と認定される可能性もあるようで…

この1ヶ月半、何度か見比べましたが、やはりこちらのほうが断然良いですね。閲覧者の観点からすれば。


嫌らしい雨

昨夜の隅田川花火大会は、生憎の雨天でした。そうでなければ見に行ったのですが…。4年前のように、開始時は降っていなかったのに開始後に豪雨となって中止、というまでには至りませんでしたが、逆に、ちょうど花火大会の時間だけ降雨という、なんとも嫌らしい天気でした。アレで見に行ったら夏風邪をひいたかもしれません。いやはや…


井山裕太が名人戦の挑戦者に

昨日打たれた名人リーグの井山vs村川の結果は、井山の中押し勝ち。これで、最終戦を待たずに井山の挑戦が決まりました。井山だけ無敗で次点は3敗という、ぶっちぎりです。なんで高尾山に名人を奪取されたのか…七冠の重みだったのでしょう。この凄まじい勢い、名人奪還は間違いないと言ってもいいでしょう。LG杯に向けて、井山の精神状態は非常に良い。これは期待できます。まあでも勝負事は絶対ということはありません。逆に言えば、高尾山はこれで防衛したら評価が暴騰するわけで、ピンチはチャンスでもあります。注目の第一局は8月30日ですか。場所は大阪、井山の地元。うーん、御膳立ては整っています。勿論、LG杯優勝に向けての…



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM