歴史に学ぶということ

批林批孔運動。Wikipediaによると「1973年8月から1976年までの「批林批孔運動」は、林彪と孔子及び儒教を否定し、罵倒する運動。中国の思想のうち、「法家を善とし儒家を悪とし、孔子は極悪非道の人間とされ、その教えは封建的とされ、林彪はそれを復活しようとした人間である」とする」とのこと。民族や国家が長い歴史で築き上げた思想や価値観を悪として全否定する。つまりオールオアナッシングである。その内実は権力者の私利私欲による陰謀であり、活動部隊は無知な人民である。無知な人民は暴力により「普通の人」を徹底的に攻撃する(紅衛兵による暴力を見よ)。自らを正義とし他人を悪として攻撃するのは、この上ない愉悦である。禁断の快楽である。その結果、民族の遺産は破壊される。残るは荒廃した社会。そういうことが過去に起きたのであり、過去に起きたことは現在も起きるということである。


確率と結果

「学校通わぬ10歳ユーチューバーの父が批判に反論」という記事。なかなか興味深いですが、そもそも明治時代とか就学率は低く学校に行けない子供が大勢いました。小作人の子供は小作人、という時代でした。学が無くて苦労した、という話は昔も今もあります。どの子供も学校に通って教育を受けられるのは社会が進歩した成果なわけです。教育を受ける権利は憲法で保障されており、旭川学テ事件最高裁判例により国家と国民の両方の権利であり義務であるとされています。

とは言っても、学校に通った結果、いじめられて自殺する子供もいます。そう、全ては確率、全ては結果なのです。学校に通って学を身につけることがその子供がその後の人生を幸福に送れる最も高確率な方法(それを欠いたら幸福確率がガタ落ちするならほぼ必須の方法)であると社会が認定したから学校制度があります。一方、結果としてその子供が幸福な人生を送れば、遡ってその子供に対して行なった教育は適切だったことになります。この記事の子供も、将来親を恨むことになるか親に感謝することになるか、いずれ結果は出ます。現時点での評価としては「ハイリスクハイリターン」なことをしているな、とは思いますけどね。


今日の雑感

被疑者が霞ヶ関の検察庁に呼び出される際、弁護人は検察庁の地下で接見することができます。ただ、直前にならないとわからないので、他用が入っているとできないわけです。やれやれ…


今日の雑感

近時は法改正が多い。大きく話題になるものは当然押さえるし押さえられるが、そうでないものも結構あるから気が抜けない。


今日の一言

これまでに無かったし、これからも無いであろう、超大型連休の最終日。何事も始まりがあれば終わりもあることを実感させられる日である。平成の長い連休を抜けると令和であった。


そういえば

そういえば棋聖戦Sリーグが4/25に開幕なのをうっかりして予想していなかった。棋聖戦はABCリーグもあってそれぞれ開幕するからSの開幕を意識しにくいとか、超大型連休が迫っていてとか、言い訳しても仕方ない。こういうこともある。


伊勢海老

DQ10で5/8から第4回フィッシングコンテストが開催されるとのこと。前回まで上位入賞者(3位までだったか?)には副賞として本物の魚(の切り身)が贈られ、その斜め上の賞品に意外とやる気が出たのですが(もちろん入賞したことはありませんが)、なんと今回の副賞は伊勢海老…の「食品サンプル」とのこと(1位のみ)。いったいDQ10はどこへ向かっているのか…


和と漢へのまなざし

五島美術館の庭園

和漢朗詠集。代表的な詩句に「嘉辰令月」があります。即ち令和です。また、例の「我が君は」もあります。時宜を得ているから、ということでしょうか。源氏物語絵巻の平成復元模写も素晴らしい。あんな真っ青な服だったとは…


ゼロの執行人

ゼロの執行人、まだ1年なのにもう地上波で。そんなことじゃあ円盤の売れ行きがとか今のもどうせ1年でだから観に行かなくてもとか、そんな貧乏くさいしみったれた心配など全く不要の域に達している。連載開始は平成6年、もう四半世紀も「ということは…蘭が危ない!」と言い続けているわけで、逆に言えば常に新しい世代をファンに取り込んでいるのだ。これは本当に凄いことで、例えばドラクエなど同じ人間が買い続けているのでファンが高齢化しているが、マリオは新しいファンが買っている。

ところで劇中、某弁護士の秘書(法律事務職員)が「○○を検察官が取り調べた調書」として出した書面、秘書の言の意味は検察官面前調書(いわゆる検面調書)であるが、映し出されているのは(「被告事件名:ゲーム会社窃盗事件」などという表記は有り得ず「罪名:窃盗」で有るべき、などという些細な?点はともかく)明らかに違う。2回映っているが、2回目にはっきり「第1回公判調書」「東京高等裁判所」とある。つまりこれは公判調書(公判廷供述調書)であり、強いて言うなら「裁判官が取り調べた調書」なのである。まあ、百歩譲ってそのうち検察官の質問(と被告人の供述)部分を指して言ったのだ、ということにしておこう。事件番号が「(な)第45715号」とあるが、高裁の控訴事件は(う)である(刑事事件記録符号規程によれば(な)は地裁の費用補償請求事件である)のはともかく?、控訴事件でこんなに大きな数字になることはまずない。ていうか、この書面が入手できたということは最高裁に上告までしたということか…割と必死に争ってるじゃん…。これほどのビッグプロジェクト、刑事裁判監修がいるかと思いきやスタッフロールには見当たらなかった。なおこの書面、弁護人は「小早川卓司」とある。現在日本に小早川という弁護士は3人、うち2人は高松で(明らかに)父と息子で両者元検、息子の方は管理人より10歳上で刑事弁護を中心にやっているようで、しかも名前が劇中と1字違い。この人が(名前の)モデルなのだろう(?)。


今日の雑感

田中が全てをブチ壊した。打率も悲惨だし、二軍に落とさなければならない。代わりがいるかという問題があるが…。タナキクマルのマルが去ってタナが悲惨ではキクだけ元気でも孤掌鳴り難しである。片や近本、セイヤと同年でもルーキーだが走攻守揃ったこんないい選手が出てきている。世の中の変化はますます速い。ブクブク太って鍛錬を怠れば、昨日の栄光で今日を勝てるはずもない。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM