神田祭

今日は神田祭を見物したわよ。
毎回参加して神輿を担いでるんだけど、今回は事情があってね。
昨日は結構な雨やった。今日は曇りで、カンカン照りよりは良かったかもしれんな。
カンカン照りの年は、神輿に、レモン氷水を入れた巨大なポリバケツを載せた手押し車がついてきていたからな。
行く先々で柄杓で掬ってもらって、みんなコップで飲むという…それでも喉が渇いて仕方なかったで。
祭ほど、合理的思考だけでは必要性の説明が難しいものはないかもね。
でも、人間社会で長年受け継がれてきているものは、まず社会に有用なものなのよ。
変わるものと変わらないものやな。
今の神田祭も、100年前の人が見たら、なんじゃこりゃ、ていうところがあるかもしれん。少しずつ変化しつつ、同じものとして受け継がれていくんやろうな。
秋葉原の街も、テナントの入れ替わりが激しいし、ビルの建て替えも頻繁や。四半世紀は見とるが、ほんと大きく変わったで。やけど、秋葉原が魅力的な街であることは変わらん。変化に対応する生物が生き残る、という話を思い起こさせるな。
だからミユちゃん何歳なのよw

今日の雑感

日本国憲法は平和憲法と呼ばれる。平和憲法を世界に広めるべきという話は聞いても、平和憲法が世界に広まったという話は聞かない。世界は戦争憲法?を持つ野蛮国により牛耳られていることになろう。そのような野蛮国と友好関係を築こうとしつつ平和憲法を守ろうということに矛盾を感じないだろうか。野蛮国に平和憲法を勧める、野蛮国の戦争憲法?を平和憲法に改めるよう説得するならいざ知らず。戦争憲法?を肯定的に評価し堅持する政権と、何のわだかまりもなくニコニコと握手できる平和憲法論者がいたら、その正体は何であろうか。 -----

仏国大統領選挙

注目の仏国大統領選挙は、かなりの接戦だったわね。
1位マクロン23.86%、2位ルペン21.43%、3位フィヨン19.94%、4位メランション19.62%、という結果のようだけど…
5位以下は省略で問題ないな。それにしても4位までここまで競っとるとは、凄い結果やで。
決選投票では常識的にはマクロンが勝つんでしょうね。常識的にはね。
米国大統領選挙も常識的にはクリントンが勝つはずだったのが気になるけど…
常識では考えられない結果になる可能性があるからな。
正直言って、決選投票の結果は予想不能や。わからん。どっちも勝つ可能性がある、としか言えん。
管理人は米国大統領選挙の結果予想で、常識に従って大ハズレやったからな。
今回気になったのが、紅一点のルペン候補。何が気になったって?
ルペンが当選したら、仏国初の女性大統領なのよ。
米国大統領選挙では「クリントン氏が当選したら、米国初の女性大統領です!」というセリフを、100回は見聞きした記憶があるわ。それも、肯定的・歓迎的な文脈でね。
それが、今回の仏国大統領選挙では「ルペン氏が当選したら、仏国初の女性大統領です!」というセリフを見聞きした記憶が無いのよね。
それな。先の都知事選挙でも「小池氏が当選したら、初の女性都知事です!」というセリフを見聞きしたかどうか、あまり思い出せんのや。
少なくとも、肯定的・歓迎的な文脈で見聞きした記憶は無いな。つまり、そういうことや。
「女性であること」を肯定的・歓迎的に評価するなら、それは「女性であるだけ」で等しく当てはめなければ、偏向していると言われても仕方ないわね。
今さらやけどな。そういう連中のダブスタはな。
毎度やれやれ、というところね。

今日の雑感

上野公園の桜がマジで凄い。人出が。人が多過ぎて桜並木?を歩くのを断念するレベル。

-----

不起訴

鳥越氏の週刊文春への名誉毀損と公職選挙法違反の疑いでの刑事告訴につき、東京地検が不起訴処分にしたと発表したとのニュース。不起訴には、嫌疑不十分による狭義の不起訴と、嫌疑自体はある起訴猶予とがありますが、どちらなんでしょう。

-----

2017春の秋葉原電気街まつり

お買い物は、「Aマークの電気街まつり参加店」へ!《 2017 SPRING 秋葉原電気街まつり 開催! 》「秋葉原電気街まつり」が3 月10日(金)よりスタート!<開催期間/2017年3月10日(金)〜2017年4月9日(日)まで>
―葉原電気街まつりオリジナルキャラクター「AKIBeAr(アキベア)」がデビュー!秋葉原の街を盛り上げます!
△気蕕縫フィシャルサポーターには「妄想キャリブレーション」が就任。秋葉原ディアステージから2013年3月にデビューしたアイドルユニット。みんなで夢に向かって妄想する、恋しちゃいそうなアイドル!AKIBeArと一緒にみなさんのAKIBAデビューを応援します。
プレゼントキャンペーン。期間中お買上げ5,000円以上でプレゼント応募ハガキを配布し、抽選で100名様に『10,000円分お買物券』が当たる抽選キャンペーンを実施いたします。さらに、その場でもらえるアイテムとして、5,000円以上のお買上げで、秋葉原電気街まつりオリジナルキャラクター「AKIBeAr」の『オリジナルショルダーバッグ』をプレゼント。丈夫な不織布製。赤、白、黒の3色展開。加えて、会計金額に関係なく『特別割引券付きポケットティッシュ』を配布いたします。電気街を訪れる全てのお客様に、お買い物を楽しんでいただけます。
詳しくは http://akiba.or.jp/denkigai2017spring/
新生活の電化製品のお買いものは、やっぱり秋葉原電気街!秋葉原でお買い物をお楽しみ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例によって広告です(^^;


今回の件

昨日の件。やはり例の会社でしたが、その会社側の報道機関向けの反論?声明のニュース記事を読んでも、何を言いたいのやらさっぱり、という感じです。少なくとも、法的に反論できる状態ではないという推測は、この反論声明を読んでも変わりません。まあ、権利者側が許諾していないのだから、どうやっても無理だと思いますけど…

米国著作権法のフェアユース規定、仮にこれが日本国著作権法にあっても今回の件は無理でしょうが、フェアユース規定というものを考える良い材料です。つまり、もし日本国著作権法にフェアユース規定があったら、間違いなくこの会社は「フェアユースだから問題ない」と言っていたであろう、ということ。フェアユース規定は、そういう「言い逃れ」に非常に使い易い。

-----

堂々と行われると怪しまない

「公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について」と題するニュースリリースが、任天堂から出されました。秋葉原でも「マリオカート」が走っていて、よく見かけます。この会社でしょう。そんな会社が複数あるとも思えませんし…。そして誰もが驚いた、「え、あれ、利用許諾もらってなかったの!?」ということ。ほんと、信じられません。堂々と行われると、怪しまないものです。

-----

今日の雑感

暗殺ですか…映画のような話です。事実は小説より奇なり、とはよく言ったもので、麻原彰晃が逮捕された時の新聞で、その日のテレビドラマ(検事ものだったかな?)の紹介文が、現実に進行中の事件と比べて迫力に欠けるのは仕方ない、といった内容だったのを思い出しました。

-----

今日の雑感

毎日のように話題に事欠かないトランプ政権ですが、今回のフリン国家安全保障担当大統領補佐官の辞任は、かなりの大事件に思えます。これまでのトランプ大統領の「大暴れ」とは性質が異なります。管理人は国際政治には詳しくないので、半ばは勘ですが…まあ、誰が見ても大事件ですよね。この件がどこまで拡大するか…ますます目が離せないところです。

-----

AF

"Alternative Facts"すなわち「代替的事実」とは、なんとも奇妙な概念です。勿論これは単なる「嘘」であり、このような「嘘」には「事実(客観的事実)」を突きつけることにより対抗しなければなりません。「代替的事実」に対して別の「代替的事実」を突きつける者は、「代替的事実」を批判できないのは当然です。

では、「事実(客観的事実)」を突きつけるとは、具体的にはどういう行為か。それは勿論、「証拠(客観的証拠)」を提示する、ということです。すると、何が「証拠(客観的証拠)」か、その探求こそが最も重要であり、何が「証拠(客観的証拠)」なのかの議論自体を否定する者は、「代替的事実」の主張者と同類となります。どこまでも果てしなく、「この証拠は事実(客観的事実)なのか?それとも偽造(捏造)されたものなのか?」そして「この証拠から読み取れる事実は何か?」「どこまでが事実で、どこからが推測か?」「その推測は合理的か?」を考察する、それこそが、そしてそれのみが、有意義な議論なのです。

-----

暴徒は単なる犯罪者

管理人は12日前に書きました。「器物損壊や建造物損壊や放火を行う連中は単なる暴徒であり、これは政治的言論ではない」「なぜか反トランプの文脈で出てくるニュース」と。こここそ、この問題の本質である、と管理人は考えています。なぜ、平和的なデモができないのでしょう。そしてなぜ、平和的な反トランプの人(が存在するならその人)はこの暴徒を批判しないのでしょう。

-----

自国第一主義

「自国第一主義」を公言することに対して批判するのは不思議に感じます。自国第一主義で行動していない(自国の利益より他国の利益を優先している、自国を犠牲にして他国に尽くしている)国は存在するのでしょうか。それとも、自国第一主義で行動するのは仕方ない(当然だ)が、それを公言するのは良くない、ということでしょうか。正直に言ってはいけない、嘘をつけ、ということでしょうか。それともそれとも、米国のみが唯一、自国第一主義を禁止されているのであり、他国は自国第一主義でよい、ということでしょうか。それともそれともそれとも、全ての国は自国第一主義ではいけないのでしょうか。

管理人としては、全ての国が自国第一主義で行動しており、それを公言するかどうかは本質ではなく、自国第一主義を批判することは全ての国を批判することであり意味がない、と考えます。自国第一主義の行動が思惑とは逆に自国に不利益をもたらしますよ、という「老婆心からの忠告」なら意味を持ちますが、それは批判とは異なるでしょう。単なる分析です。

-----


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM