今日の雑感

学会や研究会というもの、その業界人だけが参加するなら法人化しなくても特に支障はないでしょう。しかし、広く業界外へも参加を求める場合、そして会費を徴収するときは、法人化していないと「いったい誰の懐に入るのだ」ということになります。


東寺

帝釈天騎象像

日本では昔の仏像や仏具や仏画は煤けていたり錆びていたり剥げていたり、とにかく「ボロく」なっています。しかし、新品当時は「異国の神はキラキラし」というやつで、綺麗で木の香りがしたり金ピカだったり極彩色だったりしたわけです。東南アジアの仏像は日本人には「キラキラし過ぎる」と思う人が多いでしょうが、日本の物もあれが本来の姿でしょう。


ノートルダムと寄付金

ノートルダム大聖堂の大火災、まことに痛ましいことですが、再建のための寄付金が世界中から数日で1000億?円も集まった(集まる)とのこと。それに対し、マクロン政権に抗議するデモをしている人たちから、貧しい人を救うのにも使うべきだとの声が出ていると。これが人間社会の本質。貧乏な人間を救うためには金が集まらず、クジラとかイルカとか文化財とか、とにかく、貧乏な人間「以外」を救うためには金が集まるのです。ノートルダム大聖堂はもちろん宗教的な建築物であり、その宗教は貧しい人を救うことを教義の本質にしているの「かも」しれませんが…


村川大介が十段を奪取!

井山投了ーーーー!!!!

村川、3-1で十段奪取!!!

村川は井山の猛攻をよくシノいだ。20年経っていつまでも弟分ではない。井山は完全に衰えた。二十代の終わりと共に終わるのだろう。落ち始めたら一気である。本因坊の河野をシノいで大三冠の二角を保持すればいいが、オールオアナッシングが勝負の世界である。まあ、村川なら仕方ない、村川なら許せる、というところはある。前回の王座奪取の時は奇跡だったが、今回は違う。実力である。村川、井山が落ちたからだと言われないよう、さらに伸びよ。普通は三十代でも打ち盛りであり、村川はまだ1年半は二十代なのだから。


今日の雑感

今はググれば何でも出てきます。ただし、故意又は過失により間違っている情報も多い。書かれた時点では正しくても今は違う、という情報もあります。でも、そんな情報の洪水の中から正解「であろう」結論を導き出す能力がインターネットリテラシーであり、それは今、世界中の人がトレーニングしているのです。OJTで。従って、インターネットリテラシーがある人には、法律相談で回答すべき内容はあまりない、あとは具体的なその案件で弁護士に依頼する費用と期間くらい、ということになります。


NGP?

PS5のスペックがインタビューに答える形で公表されたというニュース。発売は今年ではないとのことなので、来年末でしょうか。そうであれば「PSP→VITA」「PS3→PS4」と同じ7年間隔であり、大本命どおりだったということです。当然ながら高性能路線で、それもかなり高いようですね。すると価格のほうも高くなりそうですが、まだ1年半もあるので、今の感覚では無理な価格でも1年半後には十分な価格ということになるのでしょう。まあ、正確には「Next Generation Playstation」ということのようで、これは「Next Generation Portable」を彷彿させてしまうのですが…


攻撃と反撃

攻撃すれば、反撃される可能性がある。もちろん、どちらが正義かは関係ありません。物理法則(作用反作用の法則)のようなものですから。攻撃する時、反撃される可能性を考えるのが大人というものです。想定される反撃に対し、どのように防御するか。そこまで考えてから攻撃するのが、成熟した大人というものなのです。そもそもその攻撃、あなたの人生に必要なのですか?


デジタルプラットフォーム

本日のインターネット法律研究部(今年度から管理人が部長)研究会は「一から始めるデジタルプラットフォームビジネス〜決済の仕組みを中心に〜」と題してT先生のご発表。マッチング型とメディア型に分類し、具体的かつ詳細な内容で、非常に充実していました。後者の例であるクラウドファンディングで融資型では利用者である個人が貸金業登録する必要が生じてしまうため、クラウドファンディング事業者が自ら貸金業と第二種金融商品取引業の登録をし、一般個人による貸付はクラウドファンディング事業に対する匿名組合出資である、という仕組みとすると。

広義のチート

ゲームでチート等の、ゲーム側で用意されていない(ゲームデザインとして想定されていない)方法で強力アイテムを取得することや、プレイデータを良くしたり悪くしなかったりすること、これは常に議論になるところである。管理人としては、オフゲは好きにすればいい(著作権侵害は別論として)。しかし、オンゲはそれによりゲームバランスが崩れて他のプレイヤーのゲーム体験を劣化させる(もちろんチーターは自分のゲーム体験を他のプレイヤーより優越させるためにやるのだから必然である)のであり、肯定することはできない。ここで微妙なのは、特別な機器やアプリが無くても容易にできて、垢バン等の不利益処分が科されない方法。それは、メーカーとしても色々な事情から止むを得ずそうなっているのであり、決して積極的に容認しているわけではない。狭義ではチートではないだろうが、広義ではチートである。そして、広義のチートでも、(広義の)チーター自身、そのゲームがつまらなくなってしまうものなのである。


気持ちを切り替えて

まあ3年連続優勝で肉体的にも精神的にも金銭的にも?ブクブクぶよぶよ太っていたということだ。今日も拙攻直後に追いつかれてやれやれかと思ったが、結果的には快勝。床田サマサマだが、勝利は何よりの回復薬である。これで気持ちを切り替えて、次からも勝っていこう。シーズンは始まったばかり、実力はあるのだから、もうやる気を無くしてはプロではない。まずは野間しか信用できない打線を何とかせよ。
管理人の花粉の季節が終わったのは収穫。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM