典型的な負けパターン

ここを利かしてからこっちに打つ→利かずにこっちに打たれる


定期率

2016年のJR東日本の各駅の乗車人数の上位10駅を、その「定期率」つまり定期券で乗車した人の割合と共に上位から並べると、新宿(53%)・池袋(58%)・東京(52%)・横浜(61%)・品川(57%)・渋谷(52%)・新橋(62%)・大宮(62%)・秋葉原(46%)・北千住(73%)、となっています。秋葉原駅の定期率の低さが際立つところで、乗車人数上位100駅の中でも秋葉原駅より定期率が低いのは、57位の舞浜(37%)・59位の原宿(31%)・100位の鎌倉(45%)しかありません。ちなみに、北千住駅の定期率は乗車人数上位100駅の中で最高となっています。


政治家とダブスタ

橋下徹氏が、村田蓮舫氏の二重国籍疑惑の件に関し、ツイートをしたとの記事。件のツイートの内容は「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって?自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと。」云々とのこと。

管理人は橋下氏の主張は賛同できるものが多くないのですが、このツイートについては全面的に賛同、いわゆる「禿げ上がるほど同意」というやつです。人間としての程度が低い、卑怯卑劣な人物。そういう者の特徴は「ダブルスタンダード」、略してダブスタです。ある行為をある理屈で批判するなら、その理屈が当てはまる他の行為も同じく批判しなければならない。それが真逆の評価をして、矛盾は知らんぷり。これはつまり最初から理屈ではないのです。理屈でないなら理屈で批判すべきではありません。それが責任ある批判、誠意ある言説です。理屈でないのに理屈を言うのは「誰であれ、論理必然的に、この行為を批判しなければならない。この行為を批判しない者は極悪人である」としたいのです。欺瞞であり詭弁であります。それはプロパガンダなのです。

なお管理人は、政治家、特に大きな権力を有する立場(日本では内閣総理大臣)を目指す政治家については、事実上プライバシーは無い、と考えています。民主政社会における政治家は、主権者が選ぶのです。自分の、国家の、命運を託すのですから、選ぶ前提として、その政治家についてはあらゆる事実が公開されなければならない。出自は事実です。差別は評価です。内閣総理大臣は最高権力者であり、それを目指す者については、出自を含め、あらゆる事実が公開されなければなりません。評価は別です。不当な評価、不適切な評価というものはあるでしょうし、それは批判されて然るべきでしょう。しかし、評価するのは主権者国民であり、マスゴミではありません。誰も「あなた」に政治家になること、内閣総理大臣を目指すことを強要していません。自らの自由な意思により目指すのです。これを一般市民と同列にプライバシーとか差別とか言うのは、欺瞞であり詭弁でありプロパガンダであるのです。


第2局

本日打たれた碁聖戦第2局、黒番井山・白番山下。

なんだろうこの碁。井山が山下に左辺の大石を取られたと思ったら、いつのまにか井山が勝っていた。何を言っているのかわからないと思うが、管理人も何が起きたのかわからなかった…。井山のこの捨石はアルファ碁を髣髴させる美しさ。もはや自在の境地に到達したか。井山、第1局から間が長く勘が鈍ったかと危惧したが、そんなことはなかったぜ。もう山下などというロートルは眼中にない。柯潔は中国で連勝している。井山が日本で連勝しないわけにはいかない。山下の役割は井山が更なる高みに登る踏み台となることだ。そこんとこよろしく。日本の囲碁ファンは当面、井山にLG杯で優勝してもらうことしか希望が無いのだから…


問題ある弁護士広告

管理人は日本最大の弁護士会で弁護士の業務広告(以下「弁護士広告」という)をチェックする立場になってはや十数年。この間、問題ある弁護士広告は増えるばかりに思えます。インターネットは社会の全てを変えましたが、特に広告はそうです。インターネット前の時代は、大企業以外が行う広告などカワイイものでした。それが今や…

法の不知は害する。ましてや弁護士となれば言い訳はできません。日弁連が指針を出していますので、それに違反すれば懲戒の可能性があります。しかし、弁護士が指針を気にせず、広告業者やコンサルにウェブ広告を丸投げしているのが現実。問題広告は山のようにあります。

最もありがちなのは「〇〇センター」というもの。日弁連の「業務広告に関する指針」の「第3 規程第3条の規定により規制される広告」の「7 規程第3条第6号━法令又は本会若しくは所属弁護士会の会則及び会規に違反する広告」の「(3) 法律事務所等の名称等に関する規程(会規第75号)…に違反する広告の例」には次のとおりあります。

弁護士等の事務所の名称とは別に「〇〇交通事故相談センター」、「〇〇遺言相続センター」等別の組織、施設等の名称を用い、法律事務所等の名称等に関する規程第6条若しくは第13条…の複数名称の禁止等に違反する広告

また、「〇〇センター」ほど(公的色彩を匂わせるのが)露骨でなくても、法律事務所名があるのに法律事務所名以外を標榜する姑息な手段もあります。日弁連の「法律事務所等の名称等に関する規程…の解釈及び運用の指針」の「第2 弁護士の事務所名称━事務所名称規程第2章」の「4 事務所名称規程第6条━複数名称の禁止」の「(2) 複数の事務所名称を付することに該当する例は、次に掲げるとおりとする。」には次のとおりあります。

【例5】 登録されている事務所名称と別に取扱い分野を表示する方法として「〇〇センター」、「〇〇相談所」等の表示を用いること。

これらはウェブ広告のコンサル業者の常套手段ですが、弁護士が、弁護士会の指針を知らず、広告について業者に丸投げで、このような姑息な広告を平然と行う。そのような弁護士に良い弁護士はいません。そのような弁護士は良い処理はしません。むしろ、そういう不良弁護士と認定するのに使えるくらいです。

 


New2DSLL

7/13にNew2DSLLが発売され、それと時を同じくしてNew3DSが生産終了となりました。これで3DS規格は3本体制となったわけです。

New3DSLL:2014.10.11発売、18,800円+税。大画面・3D表示、329g

New2DSLL:2017.07.13発売、14,980円+税。大画面・軽量、260g

2DS:2016.09.15発売、9,800円+税。お求めやすい価格、260g

こうしてみると、3D表示がユーザーに受け入れられなかったのは明らかです。管理人も3D表示ありのゲームでも3D表示をオフにしたりしますからねえ…よほど3Dをゲーム性に活用したゲームじゃないと…。まあ、New3DSの着せ替えも受け入れられませんでしたが(なおNew3DSの重さは253g)。2DSは性能も旧世代で、海外の特に値段にシビアな地域と、日本では就学前の幼児向けというところ。見た感じもこれなら乱暴に扱っても壊れにくそうだし、壊れても惜しい感じがしません。通常のユーザーには実質2択ですが、3D表示を取るか、軽量と安さ(税込4,125円の差)を取るか。ただし液晶パネルがNew3DSLLの方が良いものという話もあります。

いずれにせよ、事実上大画面に一本化されたわけで、この「画面が大きくなる傾向」はスマホにも表れているので本物でしょう。となると、その先のNSwへの移行も想定し易くなるというもの。2018年末の商戦までは3DS規格に力を入れるとして、2019年からは本格的にNSw「規格」に一本化されていくでしょう。ここにきてNew3DSをNew2DSLLにというのは、3D表示を捨てて画面の大きさを取ったということで、その先のNSwへの流れをより自然にする布石です。


近時の雑感

人力車夫。夏のカンカン照りの時に上から下まで黒づくめというのは、きついを通り越して危険でしょう。夏は白づくめ、冬は黒づくめ。これでいいと思いますが…。これ、自動車の色も、黒い車は夏は暑くて間違って肌が触れたら火傷するでしょうに…。


宇宙流の息子?水族館

盆栽みたいだw

H290715-1

Wii-DC-dragon?

H290715-2

せ、狭い…

H290715-3


オール・オア・ナッシング

オールオアナッシングな言説は、常に詭弁であり欺瞞でありプロパガンダである。中共の習政権も日本の安倍政権も政治的言論を弾圧しているから同等だ、という言説。もちろん言説者当人はわかって言っています。詐欺師であり扇動者であるわけですからね。


今日の雑感

世の中で広く使われている物は、故障?の際、ググればすぐ事情が判明し、対応も出来ます。これは大きい。逆は…



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM