昨日の雑感

提灯2018

風が強くて提灯が激しく揺れていました。でも雨は降らず、むしろ涼しくて良い環境でした。子供に3DS(New2DSLL)のみならずSwitchが普及していることを実感。やはり子供は大きな画面を求めるのです。なお、福引は今年も何も当たりませんでした…


今日の雑感

とっさの予期せぬ事態でどういう言動をするか、そこにその人の人間性が表れる。人間、生きていくには潜在的な危険がいっぱいである。例えば、突然面罵されても、精神修養が出来ていれば、そこで怒りを表すこともない。穏やかに応じられるのである。しかし、それができないと危険が現実化する。それは人生において受け入れるべき危険かどうか。韓信の股くぐり、これに共感できるかである。


近時の雑感

弁護士であれば、「相手」の弁護士が知らない人物でも、所属している事務所や登録番号等から、だいたいどういう程度か推測できるものです。特に管理人は弁護士会において、問題ある弁護士をチェックする部署に所属していますので、問題ある弁護士や問題ある法律事務所のパターンを知っています。「あ、この事務所、あのパターンだな」とわかるわけです。


今日の雑感

悪いことをやっている組織、当然ながらその構成員(実行部隊)は悪いことと自覚してやっている。そういう構成員が「口が堅い」ということはないんですよね。だって、悪人ですから。悪人は利益と恐怖で結びついており、互いに信頼も仁義もありません。だから裏切りも平気。もう黙っていても利益は無いし、話しても報復はない、となれば何でも話します。


玉突き

日経新聞の8/19の「老朽マンション、玉突き建て替え 都が容積率上乗せ」という記事。「不動産会社が老朽マンションを買い取れば、別の場所に建てるマンションの容積率を上乗せする。買い取った物件の跡地にマンションを建設する場合にも、別の老朽物件を買えば容積率を積み増す。」とのこと。つまり、まさに玉突き的に容積率が上乗せされるのです。

他の土地に物件を持とうが持つまいが、その土地での容積率には関係ないように思えます。そもそも「その土地の容積率の上限」をどうやって決めているのか。上限はそれを超えたら不都合があるはずですが…容積率の上限は「余裕を持って」決めているのでしょうか。それはそれで奇妙な話です。何とも不思議な今回の新制度ですが、それだけ老朽マンションの問題が大きいということでしょう。理屈があろうがなかろうが、これを解決しなければならないということ。


今日の雑感

「計算上、間に合わない。時間切れだ。やっても(行っても)無駄だ」と思っても、やってみる(行ってみる)ものである。計算が正しければ、確かに間に合わない結果となる。ただ、それは「予定時刻」に間に合わなかっただけであり、無駄に終わるかどうか、それは決まっていない。予定時刻を過ぎていても、「相手方」が受け入れてくれれば、無駄にはならないのである。


間合い

江戸時代が舞台のテレビドラマや映画を見ても、「電話も無いのかよ」とは思いません。明治時代のものを見ても、「テレビも無いのかよ」とは思いません。戦前のものを見ても、「インターネットも無いのかよ」とは思いません。しかし、20年前のものを見たら、「スマホも無いのかよ」と思ってしまいます。これが、骨董品ではなく中古品の「間合い」です。単に古臭いだけで、古さが価値に繋がっていない。「自分が生きて体験した昔」がその間合いなのです。


高校野球

春と夏の甲子園は、年齢が非常に狭い範囲の若人が、負けたら終わりの明日なき戦いを繰り広げるという点で、プロ野球とは違う面白さがあります。試合展開がサクサク速いのも良い…ということは以前も書きました。

試合終了が三振で、ということも多い。絶対に三振しないのは無理です。ただ、仕方ない三振とダメな三振があるでしょう。バットが届かないクソボールや、ワンバウンドしたクソボール。そんなクソボールで三振は、ダメです。でも、クソボールは振らない、これが完璧にできればプロ級でしょう。みんな、わかっていてもできないのです。世の中、そういうものです。当たり前のことを当たり前にできれば、一流です。


セール

「セール」即ち安売り。ゲームはデジタルデータの嗜好品である。特に昨今はPCやゲーム機の保存容量も大きくなり、取扱説明書も電子化され、パッケージで買う意義が薄れている。パッケージの最大の利点(消費者にとって)が「値崩れ」だが、これがDL販売で定期的にセールされるとなると、その利点も失われる。すると、ゲームはパッケージでは買わず、DLでもセール時以外は買わなくなるのは当然である。すると、購買行動が「面白そうなゲームはないかな→これは面白そうだ→買おう」の前に「今回のセールで」が入ることになる。つまり、セール以外ではそもそもゲームを探索しないのだ。よっぽどの大作でない限り…

本は長い目で見れば電子書籍に移行するのは明らかだが、ゲームはもっと早くDL専売に移行するように思える。次の世代には…。そして次の次の世代にはクラウドに移行するのかもしれない。


敬服

山口県の周防大島町で行方不明の2歳男児が無事に発見されたニュース。発見者の78歳男性がネット上で「スーパーボランティア」「聖人」などと言われているようです。だいたい、年齢からして肉体の衰えは如何ともし難いでしょうに、それを日々鍛えてボランティア活動に邁進とは、誠に恐れ入った次第。凄い人がいたものです。宮沢賢治がなりたいと言った人物像そのままじゃないですか…敬服。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM