大外れ

衆議院議員選挙が公示されました。小池氏は立候補しませんでした。管理人の見通しは大外れでした。自らの不明を恥じ入る次第です。小池氏は立候補しないのに、立候補者から共同代表も設けませんでした。これでは、政権選択の選挙・反安倍を唱えながら、選挙期間中に、誰を首班指名するのか言えないでしょう。共産党でさえ、選挙期間中に「誰を首班指名するのか」と問われれば、志位氏と答えるのではないでしょうか。少なくとも、答えることができる名前はあるわけです。小池氏の中途半端な姿勢は、八方美人で優柔不断な人柄からくるのかもしれません。

ただ一方で、小池氏は民進党から希望の党への合流に際して「踏み絵」を踏ませました。これは、単に総理大臣になるだけなら、明らかに損であり不利です。現に、踏み絵を踏めない人たちが立憲民主党を結成したわけです。この点は、小池氏は単に総理大臣になりたいだけの政治家ではない(自分が望む政策を実現できないなら総理大臣になれなくても仕方ない)、というところで「志」があるとも評価可能でしょう。ただ、現実には立候補すらしなかったわけで、結局は中途半端な姿勢で政治家として「時間切れ」になる未来が予想されます。

小池氏は現在65歳。ここから東京五輪で成果を出して国政復帰、とうまくいくかどうか。政界は一寸先は闇、上り坂と下り坂と「まさか」だ、とはいうものの、現状ではそのような流れは見えてきません。そもそも築地豊洲問題がどうなるのか、そこで批判噴出という可能性があるわけですから…


近時の雑感

汚いヤジも当然ある、それが現実。それをいかに「いなす」か、それが、それこそが政治家の弁論の実力でしょう。


具体的な根拠

たとえ良い政策でも、具体的な「工程表」を示さなければ絵に描いた餅です。最もわかりやすいのが原発廃止で、ある党が「2030年代に」と言えば、別の党は「2030年に!」と言う。ではその党は、さらに別の党が「2025年に!!」と言ったら、どうするのでしょう。バナナの叩き売りじゃあるまいし、数字を言うだけなら小学生でも言えます。

ベーシックインカムなど人目を引く政策ですが、現行の社会保障制度との関係はどうするのでしょう。ベーシックインカムは、考え方としては、他の全ての社会保障制度を廃止する方向のはずです。他の社会保障制度を廃止しないなら、最も単純素朴な「バラマキ」でしかありません。無責任の極致です。消費税率上げの凍結にしても、財源を「無駄をなくす」など、小学生でも言えます。「○○の○○を○○とすることで○○億円を削減できる。△△の△△を△△することで、△△億円削減できる。□□の…」と具体的に列挙して、その合計で財源は○○億円捻出できる、と具体的に算定するのでなければ、何の意味もありません。「財源は徳川埋蔵金です」というのと同レベルです。


職業扇動家

「安倍以外なら誰でもいい!」→「小池もダメだ!!」

こういう人間は決して信用できません。職業扇動家ですから。安倍以外なら誰でもいいなら、小池でもいいはず。変節でも何でもして希望の党に全面協力すればいいでしょう。小池もダメなら、安倍以外なら誰でもいいとは言えないはず。安倍の代わりはこれこれこういう人物でないとダメだ、例えば〇〇氏、という言い方でないとおかしい。


左右は相対的な問題

本当に毎日政治情勢が大きく動いている。今度は枝野氏が新党を立ち上げるとか。なかなか興味深い動きだ。管理人は枝野氏のことはよく知らないが、思うに…

 民進党は、国会内では、他にもっと左の政党があるものの、左寄りである。従って、枝野氏は国会内では左寄りである。

◆Щ淕郢瓩蓮¬運陛淨發任蓮他にもっと左の議員がいるものの、左寄りである。

:枝野氏は、今回立ち上げる新党内では、むしろ右寄りではないか…??

つまり、今回立ち上げる新党に参加する候補者に、枝野氏より左の人はいても、枝野氏より右の人はいないのではないか。何を言いたいかというと、管理人の予想として、将来、枝野氏はこの新党内で「右派」として吊るし上げられる(「総括」される)のではないか、ということ…


内心

今の政治状況で、よくわからないのが前原氏の内心である。言葉では色々なことを言うだろう。しかし内心はどうなのか。小池氏の政治信条はみんな知っているわけで、政党が、政治信条が180度異なる政治家を受け入れないのは当然過ぎるほど当然のことだ。前原氏が、今の状況を、積極的に望むわけではないにせよ「こういう可能性も有り得る」「そうなったらそうなったで、嬉しいことではないが、仕方ない。それもまた面白い」と思っていたなら、それなりの政治家である。しかし、内心で「まさかこんなことになるとは…小池に騙された!」と思っているなら、どうしようもないほど無能な政治家である。野党第一党の党首で、政権交代を求めているのである。自分が内閣総理大臣になる、と言っているのである。内閣総理大臣は、日本国の代表として各国の政治家と丁々発止やりあう立場である。トランプ、プーチン、習。こういう連中とである。「小池ごとき」に騙されるような人間には、到底日本国の代表を任せるわけにはいかない。永田メール事件を思い出せば、前原氏はその程度の政治家かもしれないのである。


第一

政治が動くときは奔流の如し。江戸時代は太平が200年以上続いたのに、幕末の15年の激動は凄い。今、まさに政治が激動しています。焦点は勿論、希望の党が民進党の「全員」を受け入れるのかどうか。前提として、小池氏は見た目ほど「圧倒的優位」ではないということ。選挙には金がかかり、候補者も数が必要。民進党の政党助成金と政治家は、小池氏も喉から手が出るほど欲しい、ていうか必要です。かといって「全員」を受け入れたら、その瞬間に小池氏の政治生命は終わりです。民進党には、小池氏と政策が真逆な人も大勢いますよね。先の都知事選挙で小池氏をボロカスに罵倒して鳥ナントカを応援した連中とか、感情面を抜きにしても政策が180度違うでしょう。もし「全員」受け入れたら、希望の党は「第二民進党」どころか「第一民進党」といえるでしょう。

そもそも、そういう連中は「小池などという極右の政党に行けるわけがない!」「小池の公認を受けるくらいなら政治家を引退する!」と叫ばなければおかしいんですよね。何のために国会議員をやっているのか。自分の飯の種なんですか?…とはいっても政治家とは恐ろしい人種ですから、当選のためには変節もするし小池氏に土下座してその靴を舐めもするのです。それでも耐えられるのは、「今に見ていろ…当選した暁には希望の党を乗っ取ってやる!」と固く誓っているからです。実際、政治は数であり、小池氏に造反する議員が希望の党の過半数になれば乗っ取れるのであり、それは政党として当然なのです。もちろん小池氏もそれは百も承知なわけですが、さきほど書いた「必要」というもの、これが「全員」を受け入れさせる可能性はあるでしょう。落とし所として囁かれている?「公認はしないが対立候補も立てない」ことにより「実質的に」受け入れる、というゴマカシが通用するかどうかですが…通用するんでしょうねえ…

それにしても、さきほど書いた「叫ぶ」議員が一人もいないというのは、驚くやら呆れるやら。そもそも、前原氏が民進党議員を「離党させる」というのがよくわからない。本人の同意なく党籍を失うのは除名しかないと思うんですよね。つまり全員が離党に同意したと。信じ難いことです。「私は民進党から立候補する。民進党執行部は私を公認せよ!」という衆議院議員が一人もいないのは、いかにクズしかいないかわかります。ていうか今、民進党に残ったら(除名されたら無効主張ですよ当然。訴訟で戦ってでもね)民進党名義の様々な有形無形の資産を独り占めできるのでは?…執行部による「持ち逃げ」は、それこそ訴訟してでも取り返すと(解党なんてどのタイミングでやるんですかね)。そういうような「私だけでも義を貫く!」という爽やかな人柄の政治家が…いるわけないか、民進党に。


勝てば官軍

政治が動いています。台風の目は勿論小池都知事。管理人は小池氏については2016.08.01と2017.07.03に2回、女傑と評して書きました。そして今、管理人が2017.07.03に予想したとおり、自民党と希望の党の二大政党制が見えてきました。

小池氏は間違いなく衆議院選挙に立候補します。管理人は2016.08.01で小池氏の都政運営のお手並み拝見と書きましたが、とりあえず豊洲問題は最悪の処理で、酷いものです。それでもワイドショー等の?マスゴミの支援?のせいか、アレは上手くやっているように思われているのでしょう。豊洲も築地も開発する、これは単なる問題の先送りです。全員が喜ぶ選択はありません。そこで、激怒する一般市民が大勢いるよ、という選択ができるのが大政治家なのです。豊洲問題は、管理人の考えでは、速やかに豊洲一本にするしかなかった案件です。次善が速やかに築地一本。ダラダラと日月を浪費して両方、これは最悪で、それが支持されるのがポピュリズムかな。誰もが悪人になりたくない日本では、あらゆる社会的課題が問題先送りされています。そこは民主的原理では解決できないのです。民主的原理で選ばれた政治家が、民主的でない選択をして、社会的課題を解決する。矛盾です。その矛盾ができるのが大政治家なのです。

さて今回小池氏は間違いなく衆議院選挙に立候補します(大事なことなので2回言いました)が、都政を投げ捨てて酷い話で、あらゆる理論的批判が可能でしょう。しかし、ものごとは理屈ではなく、とりわけ選挙は100%理屈ではありません。「勝てば官軍」これが徹頭徹尾完璧に当てはまるのが選挙です。もともと東京都庁舎は小池氏の「野望の塔」でした。小池氏の野望、それは勿論、内閣総理大臣になることです。そのための踏み台が都知事なのです。そして「小池の野望」に振り回される民進党。さすがに「全員」を受け入れることはないでしょうが、となるとその「選別」に注目が集まります。選別から漏れた人はどうするんですかね…


大義

またぞろ「解散に大義が無い」と叫ぶ人が出てくる季節?になりました。

以前も書いたことですが、こういうことは、マスコミや与党議員が言うならおかしくないんですよ。でも、野党議員(とりわけ政権交代を目指す野党議員)が言うのは自己矛盾なんですよね。おかし過ぎます。解散そのものは総理大臣の専権事項なので措くとして、解散で必然的に行われる選挙については大義は自分で設定することでしょう。政権交代を主張しているんですよね。現政権の悪い所を列挙し、それが自分たちが政権を担えばどんなに良くなるかを訴える。政権交代は大義そのものじゃないですか。野党自身にとって大義があるなら、与党に大義があろうがなかろうが関係ありません。争点も同じで、自分で設定することです。別に、北朝鮮情勢や憲法改正に限る必要は無いんですよ。消費税でもいいし原発でもいいし特定秘密保護法でもいいし、何でもいい。だって、実現したいことがあるから、実現すべきことがあるから、それが現政権はやろうとしないから、むしろ逆のことをやっているから、野党議員として政権交代を訴えているんですよね。解散に大義が無いという主張は、大義ができるまで解散するな、現政権を続けろ、という意味なんですよ。わからずに言っているなら頭が弱いし、わかって言っているなら頭がおかしい。

国会議員たる者、政治家たる者、「常在戦場」これ当然です。この自覚が無い者に国会議員になってほしくないですね。


優勝!!

広島カープ、セ・リーグ優勝!!昨年は9月10日で、今年は9月18日。早い、非常に早い優勝です。まさに抜群、素晴らしい。ただ、最近の開催地を見てみると…

9/12 負け マツダスタジアム

9/13 勝ち マツダスタジアム

9/14 勝ち マツダスタジアム

9/16 負け マツダスタジアム

9/17 中止 マツダスタジアム

9/18 勝ち 甲子園→優勝!!

9/21 ?? マツダスタジアム

9/22 ?? マツダスタジアム

9/23 ?? マツダスタジアム

このスケジュールで地元優勝を回避するって、どんだけ針の穴を通す究極のコントロールなん!?まあ、一昨年までは「なんとか3位になってくれ!」と祈っていたわけで、それが今年は「ちっ、地元優勝じゃないのかよ」とは、贅沢になったものです。


今日の雑感

不倫疑惑で国会議員が離党するとか辞職すべきとか、クダラナイ話はウンザリです。そもそも不倫すなわち不貞行為は私的なものであり国家国民に対して損害を与えるものではありません。謝るべき相手は自分の配偶者と相手の配偶者の二人だけであり、それ以外の国民に対して謝る必要など全くないのです。従って、離党も辞職も全く必要ありません。それなのに謝ったり離党したりする。それは本人の自由意思により離党したということなのです。せっかく国民から国政を任されたのに、無責任極まるとしか言いようがありません。

不倫で有権者の支持を失うと思うなら、そもそも不倫をしなければよいだけです。不作為ができないとは言わせません。覚醒剤を使わない不作為もできないのでしょうか。このような人間は、単に自己顕示欲や権力欲や性欲が強いだけ、欲望のままに行動するだけの人間です。志が無いのです。志があれば、不作為くらい出来て当然なのです。日本人は既に吉田松陰を経ています。管理人は吉田松陰という人物は突出して凄いと思っています。あのような高い志と強い意思があるなら、惜しい人物ということになりますが、不倫して言い訳するような人間は惜しくとも何ともありません。そのような人間は掃いて捨てるほどいます。覚醒剤を使うのを我慢できない人間と同レベルです。


一年一昔

昨夜の納涼大会。今年も盛況でした。

20170825-1

福引は今年も当たりませんでした…

20170825-2

不忍池は昨年はポケモンGOで大変な人出でしたが、今年は閑散としていました。

20170825-3


強いけど大味

「広島」ファンとしては広陵の決勝は残念至極でしたが、お疲れ様というところ。確かに強い、非常に強いチームだが、負ける時は酷い負け方をする…これは今のカープにも当てはまるのが、なんともはや。最終的に優勝すれば文句は無いのだが…



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

links

categories

recent comment

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM