台風19号

これは確かに、先の台風15号の比ではない。管理人としてはいまだかつて遭遇したことのない強烈な台風である。これが歴史上の有名な台風の規模なのか…


第1局

いよいよ始まった天元戦第1局、井山裕太天元に挑戦するのは許家元。握って、黒番許・白番井山。

最初からAI手の応酬で若々し過ぎる碁、3年半前までは世界のどこにもなかった碁だ。基本的に許が手厚く打ち進め、ヨセ勝負かと思いきや井山の右上隅の出がソッポだった。これが利かずに中央の大石に猛攻をかけられ、なんとなんと、ついに無条件で死んだ。コウですらないとはアワレ…黒中押し勝ち。

井山衰えたり。ヨセを手抜きされて大石頓死とは、アマみたいである。許の手厚く打って一瞬の隙でブッ潰す剛腕は猛獣か。猛獣は始終暴れているわけではない。暴れるのは一瞬、「殺れる!」と見たその一瞬で勝負が決まるのである。その一瞬の隙、それが全盛期の井山には無かったが、今はある。昨年の碁聖戦で許にサンタテを食らったところで、井山の衰えは決定的だった。天元王座の二正面作戦の見通しは暗い。


CSR

本日のCSRは珍しく(?)弁護士会館で研究会。Y先生が令和元年改正独占禁止法の概要・課徴金制度の改正点、I先生が課徴金制度(リーニエンシー)制度の改正点、H先生が独禁法における弁護士・依頼者間通信秘密保護制度と、盛り沢山の内容。Y先生曰く、課徴金制度は昭和52年に始まったとか。算定基礎にグループ企業売上が追加された。特定非違反供給子会社等。違反者が外国事業者で日本の子会社は指示のままに値上げしたに過ぎない場合、子会社の売上で課徴金を。違反事業者の売上にかけるという原則を拡張した。下請の密接関連業務、見返りに受けた利益の追加も。その他、算定率の見直しも。H先生曰く、この秘密保護は独禁法だけに導入され、しかも法律ではなくガイドラインで。本制度の取扱いを求めたら、まず判別官に移管される。判別の結果、事業者へ還付か審査官へ移管か。秘匿特権は海外にはどこにもあり、日本だけにない。実態解明機能を損うとの懸念が強かった。そのため、新たな課徴金減免制度の利用にかかるものに限定。しかも文書のみ。現状は制度の概要が示された段階。対象物件は、相談文書、回答文書、法的意見記載の報告書、弁護士出席の社内会議の法的意見メモ。一次資料や他の規定・他の法令の法的意見は除外(批判は多いが)。要件として適切な保管がなされていることがある(誰でも見られるのは秘密じゃない)。社内弁護士は…指揮命令監督下になければなんて実務上あるのか。外国弁護士はそもそも提出命令の対象にしないとは国際カルテルであるけど日本弁護士は一旦提出なのに…。I先生曰く、一言で言えば調査官に協力すると。減額率、基本の割合は減ったが合意による加算が大きい。申請順位6位以下も。司法取引と似ている(司法取引は検察官からも持ちかけられるし、協議自体に応じないこともあるが)。司法取引は他人の話だが減免は自分の犯罪。しかしカルテルなら他人の犯罪でもある。公取は裁量に慣れていないかも。合意の中身は事業者は事実報告や資料提出等、公取は減免率の具体的な加算割合等。公取の考慮要素はガイドラインで示すが内容が曖昧で危うい?…その他諸々。

本因坊リーグ開幕

史上初の十代名人の興奮も覚めやらぬ中、明日、本因坊リーグが開幕する。そこで恒例の結果予想。序列1位:河野臨、2位:芝野虎丸、3位:羽根直樹、4位:山下敬吾、5位:許家元・一力遼・志田達哉・横塚力、という面子である。この中から誰が挑戦者となり、どの4人が陥落するのか。

挑戦:芝野

残留:河野・羽根・一力

陥落:山下・許・志田・横塚

挑戦者は虎丸、君に決めた!…ていうか覚醒した虎丸以外に挑戦者は有り得ない。虎丸は既に七冠制覇を視野に入れているのだ。残留は今年調子を上げていた河野、許から碁聖を奪取した復活の羽根、令和三羽烏の筆頭のはずがいつの間にか置いて行かれそうで覚悟が違ってきた棋聖Aリーグダントツの一力とする。陥落は、志田と横塚は他の6人と比べて明らかに格下で衆目の一致するところ。ていうか横塚って誰よ。全部伊田が悪い。伊田は明らかに結婚して弱くなっている。山下は棋聖Sリーグ陥落でそろそろ年齢的にきつくなってきた。許は碁聖を失って調子を落としている。天元戦がどうなるかだが、長期間好調を保てるタイプではなさそうだ。いずれにせよ令和三羽烏が揃ったリーグ、志田が張栩で横塚が高尾だったら究極のリーグだったのにと惜しまれるが、楽しみであることに変わりはない。


芝野虎丸が史上初の十代名人に!!

張栩投了ーーーー虎丸名人誕生ーーーー19歳10ヶ月、井山も成し得なかった大偉業!!

そもそも十代で公式七大タイトル自体が史上初、それも大三冠の一角の名人で。未成年名人は未来永劫不可能であろう。もう虎丸しか見えない。井山は平成までだった。令和は虎丸の時代だ。虎丸は一力や許よりはるかに器が大きい。年末には二冠、来年には四冠くらいになってもおかしくない。再来年に七冠制覇も有り得る。張栩が史上初の五冠になり、わずか3年やそこらで井山が五冠になった。それがもっと早い展開で起きるのだ。時代が大きく動いた。もう井山は過去の人だ。虎丸は明確に井山を超えたのだから。井山より若い棋士の大三冠の一角はこれが初めて。それがこんなに劇的な形とは。繰り返す。もう虎丸しか見えない。


今日の雑感

日本国憲法32条「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。」これは民事刑事を問わずであり、民事裁判においては判決を受ける権利ということになります。つまり、いくら裁判官が和解を強く勧めてきても、断固として判決を求めれば、裁判官は(内心舌打ちをしながら)判決を書く、ということです。


ダイレクト三々

「AI時代の新定石 ダイレクト三々 基本と応用(著:一力遼、発行:日本棋院)」を買って読んだ。ダイレクト三々はアマとしても打ってはみたいが使い方がわからず、この本は時宜を得ている。全239頁のうち62頁(26%!)もアマの碁を使って説明しているのは減点材料だが(ダイレクト三々の使い方を知るのにアマの碁など見たくない)、基本的には良書である。辺の星から2路寄せてハサむのが基本とは、教えてもらわなければわからない(教えてもらったからといってその後を上手く打てるわけではないが…)。それにしても囲碁は3年半前から、AIの社会への浸透の先頭打者、象徴になっている。昔からの囲碁ファンとしては本当に驚くべきことである。


ベルサイユのばら

ベルサイユのばら、言わずと知れた傑作漫画であり、もはや古典である。1972年週刊マーガレット21号〜1973年52号まで連載されたものなので、なんと今から47年も前の漫画なのである。作者の池田理代子は当時25歳という若さ、デビューから5年しか経っていない若手であった。それなのに最初から絵柄が完成しているのがまず凄い。そして歴史の細かいエピソードを上手く取り込んでいる。だいたいオスカルとか明確に(歴史上の人物と絡めるため必然だが)1755年生まれと設定しているから、作品の後半はもう32歳くらいなのである。それであの恋愛劇をやって読ませる筆力・構成力は本当に凄い。そもそも後半はフランス革命の複雑な政治劇なのであり、それを少女漫画誌に連載するのも(編集部が)凄い。色々凄いことが重なって古典はできるのだなあと思わせられる。主人公はマリー・アントワネットであるが、そのとてつもない(まさに天文学的な)額の浪費、それがためにフランス革命は起きたのであり、そこまでは浪費しなかったからイギリス王室は続いているのであろう。君主(王妃だが)は質素倹約に努め、国民の生活を考えなければならない。たとえ十分でなくともその姿勢だけでも違ったであろうに。あそこまで浪費されては、その浪費がゆえに「96%の」フランス国民が貧窮に喘いでいては、アントワネットの悲劇的最期に同情心も起きないというものである(非人道的な行為に対する非難は別途あるが)。


人の記憶

ドライブレコーダーの動画を見ても、それと矛盾する事実主張をする人もいます。ただ、その人は嘘つきなのではありません。その人の記憶ではそうなのです。人の記憶はかくもアヤフヤなものであり、ドライブレコーダーがなければ水掛論で事実認定が出来ない交通事故は山ほどあるし、昔は全てがそうだったのです。


近時の雑感

一難去ってまた一難、それが弁護士の仕事である。ここに言う「難」とは依頼者が困難な状況にあってそれを相談してくるという意味であるが、弁護士自身に生じることもある。ぶっちゃけありえない、そういうことだって起きるのである。弁護士は本質的には個人事業主であり、自分の考えと判断で行動するものである。雇用され固定給を(資格手当も?)もらう弁護士は、社会に有益な存在であるのはともかく、本質的には弁護士というより法律技術者であろう。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

links

categories

recent comment

  • 第4局
    管理人
  • 第4局
    名無し
  • 漢帝国
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 今日の雑感
    N.
  • 近時の雑感
    N.
  • 1ヶ月
    N.
  • 許家元が天元戦の挑戦者に等
    N.
  • 鶏口となるも牛後となるなかれ
    N.
  • 74年と77年
    N.

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM